タグ別アーカイブ: 印刷

印刷における心霊現象!?

最盛期に比べると幾分暑さが和らいできました
とはいえまだまだ油断ならないこの季節。
ましになったとはいえ変に意地をはって
冷房の使用を我慢すると、昨日の私のように
あっという間に汗まみれになってしまいます。

さて今回はそんなまだまだ暑いこの時期に
身も心も冷える怖いお話、オフセット印刷に現れる
ゴーストの紹介をしたいと思います。

ゴーストとは?

オフセット印刷における印刷図柄にて
同じインキを使用する図柄の
印刷の咥え方向からみた垂直なラインの
その箇所毎のインキの消費量の差によって発生する
色の濃淡の差のことであり、その濃淡の濃い方が
あたかも他のインキが表現している図柄が
写りこむように表現される。
本来いないものがいる。ぼんやりと図柄が表現されていることなどから
「ゴースト」と呼ばれているようです。

少しややこしい書き方になりましたが
要は「写っちゃいけないものが印刷された!」ということです。
まさに心霊写真のような感じで、当然そんな状態ですので
商品としては問題ありの怖い現象と言えます。

ではこのゴーストの発生原因と言いますと
同じ色のインキの、咥え方向から見て垂直なラインが
ライン「A」では印刷するのにそのインキを消費する箇所が
10箇所ありそれぞれ色の濃度としては1程度の濃度が目標とします。
となるとインキの供給は10×1なので10がベストと言えます。
対して隣のライン「B」では消費する箇所が5箇所で色の濃度は
同じ1程度だとしますと、供給量は5が良い加減だと言えます。
しかしインキの供給量は
「印刷デザインにて各パーツのインキの消費量が大きく異なる場合」
にも書いております通り、
そこまで細分化しての調整は難しいので
5の消費で済むライン「B」にも10のインキを供給してしまいます。
仮に調整できてもローラーの動きなどで結局左右にインキは移動します。

さて、そうなりますと供給が10に対して消費箇所が5箇所なので
それぞれの濃度は2になってしまいます。
当然色の濃さは1よりも2の方が濃いので同じ色を表現したいはずなのに
濃淡の差ができてしまう。
そしてその現れ方がライン「B」と同じライン上にある
他のインキで表現している図柄(エンドレス柄等に顕著です)のように現れる。

と、ここまでゴーストの発生について紹介しました。
また機会があれば発生の抑制の紹介をしたいと思います。では。

 

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

オリジナル箱の作成について

chair-786176_640

お客様のために!

この目的の実現に重要なキーワードの1つが、
『納得のいくオリジナル箱を作成する』
ことであることは言うまでもありません。

オリジナル箱をはじめて手配する方はもちろんのこと、
何度も作成されている方でも『納得』いく箱を作成するのは
なかなか難しいものです。

デザイン1つとってもそうですし、
紙質、形状、寸法など
各々のことを真剣に考えていかないと
『納得のいくオリジナル箱』はなかなか作成出来ません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

オリジナル箱を作成したい

WEBでの見積依頼も受けている当社には
“既成の箱にデザインだけを変えたい・・・”
というご連絡をちょくちょく頂きます。

お客様の中には、ある程度の決まった箱の形状があり、
印刷だけをオリジナルで仕上げている
と思われている方も多くいらっしゃいます。

このようなお客様に対して
「当社は既成箱の取り扱いは無く、そのほとんどが
オリジナルの形状とデザインとなりますよ」
とご返答させて頂くと驚かれる方も多いのですね。

もちろん決まった寸法、形状のラインナップで商品として
既成箱を販売しておられる会社もあります。

しかし、中に入れる商品の大きさや、イメージが
既成の箱では満足して頂けないことが多く、
やはり“オリジナルで”・・・ということになるのです。

“オリジナル”という言葉には色々な意味が含まれています。

・包材として最も作業効率の良い形状の箱
・他社とは違うデザイン、高級感を出した箱
・徹底的にコストパフォーマンスを追及した箱
等々、お客様の要望でその”オリジナル”加減が変わってきます。

デザインや原紙等はお客様が考えておられる事が多いのですが、
形状となると、どの様な形、どの様な開け方、どの様な仕舞い方などなど

いったいどの様な形状が出来るのだろ・・・と。

そこで我々が皆様に合った“オリジナル箱”の提案が出来たら・・・
ということから第一段階として当社HPで形状サンプルを掲示しています。

これらを参考にしながら
オリジナル箱を作成するためのアドバイスなどを
させて頂いております。

一例を示しますと、
・スティック状の商品(喫茶店の砂糖の包み等)を箱に入れて販売したい
・だけど箱の中で商品ががさついてしまう
・そんな時は仕切りを入れればいいのだけれどコストや手間が掛かってしまう
などというお客さまの悩みがあります。

そんな時には底ワンタッチ貼り(横底貼り)の箱で、
箱を起こすと同時に仕切りも箱内で組みあがる箱があります。

単純なことですが、こんなことでも他社とは違った“オリジナル箱”が作成できます。

オリジナル箱の作成時に注意したい印刷表現

オリジナルの化粧箱を作成するにあたって
気にしておくべき点を印刷の視点から
いくらかご紹介させていただきます。

色を出すのに際してレギュラー4色の掛け合わせが良いのか、
特色を使った方が良いのか、金・銀を使用するのか、
これらのことを気にしておくべき点ですね

レギュラー4色の掛け合わせ

レギュラー4色・プロセスインキ・セットインクと、
色々呼び名はありますが、意味するところは
シアン(藍)・マゼンタ(紅)・イエロー・ブラック
この4色を掛け合わせて様々な色表現を行うことです。

基本的にこの掛け合わせだけで全ての色を表現できますが、
中間色にあたる茶色だとか紫だとかはインキ量の調整が難しく、
少しぶれるだけで色の雰囲気が変わってしまいますので、
そういう場合は次の特色を使用することがあります。

特色

というわけで特色です。

簡単に言うと、ある色を出すためだけに用意されたインキでしす。

4色掛け合わせでは難しい色を表現するために使用されたり
そもそも印刷が緑と紫だけとかなら、わざわざ4色も使わずに
緑と紫の特色を用意して印刷すれば2色印刷で済みます。

金・銀

次は金・銀についてです。

まず知って頂きたいことは
金・銀については金銀と言っても金ピカでは無い。
むしろ黄土色の方が近い。ということです。

なので、金色を依頼されるときは一度サンプルを
見せてもらうなり説明してもらうなりされて
実際どんなものになるのかを納得されてから
依頼されるのが良いかと。

また、どうしても金ピカが良いのであれば
箔押しをおすすめします。

金色のアルミ箔を転写する加工法で
通常の印刷インキの金に比べ光沢があり、
高級感が増します。

ということで・・・

我々も、本当に『納得のいく』『売れる』箱を作成したい!
というお客様のご期待に応えたいし我々も作成したいです。

だからこそ、、お客様のご要望をヒヤリングすることに
多くの時間を費やし、イメージを形に変えていきます。
イメージが分からなければ(=情報が少なければ)
形になんて出来ないですからね。

我々のモットーは『お客様のベストパートナーになる』ことです。
分からないことはもちろん、それだけでなく
イメージ・用途・販売形態等々さまざまな情報を頂ければ
頂くほど『納得』のいくオリジナル箱が作成可能です。

ご質問のある方は下記よりお気軽にお問合せ下さい。