タグ別アーカイブ: 化粧箱

化粧箱に高級感を付加する表面加工いろいろ

高級感を出す目的で、プレスコートやフィルム貼り(両方とも非常に艶のある加工)。表面保護だけではなく、商品の訴求効果を高め他社商品との差をつける事が出来ます。

ワンポイントのアクセントを強める箔押し。金箔、銀箔の質感は印刷では表現しきれません、ここを強調したい!この商品名を推したい!という時には大きな効果を生んでくれます。

そして安価なニスでも使い方ひとつで、デザインとしての表面加工になるのです。それは、マットとグロスの使い分け!一般的にニスのグロス感は他の表面加工より落ちるのですがそれを補う為に、際立たせたいグロスニスの部分以外にマットニスを引くのです。すると、光沢性のあまり高くない表面加工としてのグロスニスがマットニスとの対比で浮き上がってくるのです。しかも印刷加工内で出来る低コストの表面加工として・・・

これも立派なデザインといえるのではないでしょうか・・・・・
・・・・・化粧箱の製造をする中で様々な差別化を図るべく付加価値を高めるための加工を施す場合があり、ごく一般的に使用される上記のような加工以外にも色々なものがあります。これらの加工を知っておくことで提案の幅が広がることは間違いありません。

今回は例を取り上げながら、上記のような最もよく使用される『ニス』『ビニール引き』『プレスコート』『ラミネート』加工以外の加工についてお伝えいたします。

まずは・・・化粧箱全体を装飾する『ロールエンボス加工』

そもそもエンボス加工とは、ウィキペディアによると、その概要は・・・

『エンボス加工は裏面を押し上げて浮かす(したがって裏面は凹む)方式、表面に特殊なインクを付着することで凸部を形成する(裏面は凹まない)方式がある。紙に対する印刷の加工方法として広く利用されており、クレープ加工とも言う。インクを使わず紙に模様を入れたり、手触りを良くしたり、薄い紙を一枚一枚はがれやすくする効果がある。また書籍の表紙カバーで印刷をしたタイトルやイラストの縁をエンボス加工することで、見た目と手触りとの二重の効果を与えることが出来る。書類にはエンボス加工を用いてエンボス印を押印することがある。エンボス印を押す事務用品をエンボッサーまたはシールプレス、型押機などという。金属での例としては自動車のナンバープレートが代表的なものである。視覚障害者用の点字もエンボスの一例である。』
ということです。

こうやって書かれていると(表現も難しいので)よく分からないですね。

ということで、まずは、ド・ド・ド・ド・ドドッ~~と下記をご覧ください。

化粧箱のエンボス加工1 梨目

image3

化粧箱のエンボス加工2 ストライプ

image4

化粧箱のエンボス加工3 絹目

image5

化粧箱のエンボス加工4 布目

image6

化粧箱のエンボス加工5 皮シボ

image7

化粧箱のエンボス加工6 格子目

image8

化粧箱のエンボス加工7 キャンパス

image9

化粧箱のエンボス加工8 クレープ

image10

これらはエンドロール版と呼ばれる、箱の全面にエンボスされる版のパターンです。・・・・・というか、印刷紙全面ですので、部材等々付合せの場合は、全部同じエンボスになります。

これらは全て在版ですので、お好きな柄が使用可能です。

特に『クレープ柄』などは、お持ちのところは少ないのではないでしょうか?まぁ『クレープ柄』に限らず、お好きな柄があれば是非お声かけ下さい。また、これで全種というわけでもありませんので、『こんな版は?』ということがあれば、お気軽にお問合せ下さい。

なお、1点注意事項が・・・・・

『布目』とか『絹目』とかの名称に関して・・・・同じ柄なのに会社によって呼び名が違う・同じ名称なのに会社によって柄が違うという場合がありますので、使用される際は、必ずサンプルを確認して下さい。

化粧箱の一部をエンボスすることにより高級感を出す

先程は化粧箱全体に対してエンボス加工を施す『ロールエンボス』の話でしたが、もちろん一部分だけをエンボス加工することも可能です。
と言いますか、どちらかというと、一部分だけをエンボス加工する方が一般的かとは思います。

エンボスには大きく分けて『浮上げ』と『型押し』があり、両方ともエンボス加工と呼ばれます。また、表面に特殊なインキを塗布することにより、凸部を作ることもエンボスと呼ばれたりもします・・・
要は、表面がボコボコ・凸凹な状態のものを総じてエンボスと呼ばれます。
『浮上げ』は凸版と凹版の両方を使用し、挟み込むようにしてプレスすることで、盛り上がるように浮き上がらせる方法です。『型押し』とは、凸版だけを使用して、表面から押し込むことにより、版部分を浮き下げることで立体感を付加します。
エンボスの特徴としては、インキや箔材などを使用せず、立体感だけでデザインを表現することで、箔押しとはまた一味ちがう付加価値・高級感を加えることが出来ます。
また、エンボスは印刷や箔押しと組み合わせること(印刷部分を浮き上げる・箔押し部分を浮き上げる)ができ、より存在感のあるデザインを再現できます。

エンボス加工の高級感UP以外の意外な活用方法

エンボスはその加工方法から素材の表面に凹凸を作ります。この方法により様々な柄を表現し、高級感といった付加価値を付与するわけなのですが、その凹凸にはもう一つの効果があります。

それは、「滑りやすさ」の付与です。

表面に凹凸が出来るということは、平らな状態であったときよりも他の物体との接する部分が減ることになります。つまり摩擦を起こす部分が減る。すなわちエンボス加工を施す前と比べて滑りやすくなるというわけです。
そして、この滑りやすさを上手く活用しているものにトレーディングカードゲームによく使用されているカードスリーブがあります。日本では(世界中でも)遊戯王に代表される『トレーディングカードゲーム』
まったく知らない方も多くおられるかと思いますが、基本的にはトランプの変わり種とご理解いただければ十分です。このトレーディングカードゲーム(以下、TCG)はそのほとんどが2人用の玩具として『対戦』を目的としております。
そして、その対戦においてほぼ全てのTCGが自分の用意したカードの束を
その一番上から引いていき、その引いたカードを使用して対戦を行うということにあります。
つまり、スリーブ等にいれないとせっかく集めたカードが傷ついてしまったり、汚れてしまったりするわけです。
これを防止するためにスリーブに入れるのですが、このスリーブは少し高い物にはエンボス加工が施されておるものが多いのですね。それはもちろん見た目の高級感としても違いがあるのですが、TCGにおいてはそれよりももっと大事な「滑りやすさ」を付与するためにエンボスを使用しております。

対戦中やその前後においてカードの束をシャッフルする機会は非常に多いですし、カードを引く際にもやはり滑り易ければそれだけカードを引くことも容易に行えます。
そのためTCGのスリーブとしてはその高級感や美称性よりも滑りやすさの付与を期待してエンボス加工が行われます。
このようなことはエンボスに限らず様々な加工においてその副作用のようなものを上手く利用できればより良い商品を形にすることが出来るかも知れません。

金・銀の化粧箱や黒箱により高級感を付与

エンボスとは、デザインを彫刻した版を用いて、紙に圧を加えて押しつけることにより、紙に凸凹の模様を付ける加工のことでしたね。
そして、そのエンボスの凸凹を細かくすることで、超繊細なデザインを表現ができる加工のことを『マイクロエンボス』と言います。

このマイクロエンボスをまだまだ使用されているところが少ないので、現状では化粧箱を製造する際、よりオリジナル性が発揮される・他商品と差別化しやすい加工の1つではないかと思います。

悪い点を言うと・・・一般的な白紙にマイクロエンボスを施しても、微細過ぎて(=凸凹がハッキリ分からない)ので、あまり目立たないです(涙)

ので、光が反射しやすいホイル紙・蒸着紙のような銀紙や金紙を使用されることをオススメします(どうしても予算的にホイル紙等の使用が難しければ、黒ベタのように濃~い色にプレス加工したものが良いかと思います)。
↓↓こんな感じです↓↓

ねっ!キレイでしょ。
左(銀の方)は、マイクロエンボスだけではなく、従来のエンボスとの組み合わせなので、微細部分と深度の深い部分があります。

よ~く見ると、ハート柄が見えますよね?かわいいでしょ??

これは特注の版ではなく、既存版ですのでもし、『この版使いたい』ということであれば、版代不要で使用可能です。是非お問合せ下さい。
ただ、ロールエンボス版なので、箱全体がこの柄になります。
PS.
上記写真のようにロールエンボス(=エンドロール)版を使用して、箱全体に押すのではなく部分的に、マイクロエンボスを使用することも、もちろん可能です。また箔押とセットでマイクロエンボス箔として使用し、箔押部分のみマイクロエンボスということも可能です。

PPS.
マイクロエンボス箔として使用する場合は、特に紙を選びません(=金・銀の紙じゃなくても、かなり効果があります)。

化粧箱にラミネートせずにホログラム工

『ホログラム』とは、ご存知かとは思いますが、レインボーに輝く表面加工で、スターダスト・ハート・サザンクロス等々と呼ばれるような柄がたくさんあります。百聞は一見にしかず、そうです下記画像のようなものです。

このホログラムは、ホログラム紙を使用したり、ホログラムラミをすることで再現することが多いのですが、版を作成しホログラムを転写する方法があります。それが『LUV加工』と呼ばれるものです。
この『LUV加工』の一番の特徴は【版を作成し】というところでもお分かりかもしれませんが、部分的にホログラム加工することも可能ということです。

でも・・・・・そうです。結構高価です(泣)
もちろん『ホログラム原紙を使用している』『ホログラムラミをしている』というものではなく、現状『ホログラム加工をしていないけど、ホログラムをしてみたい』というもの=現状、プレスコートやPPラミという通常の表面加工のものに比べれば・・・結構高価という意味です。
(現状、ホログラムをしていないからこそ、高級感をUPさせる1つの手法としてホログラムを考えるわけですからね)

そこで、あるご提案を1つ!現在、ホイル紙・蒸着紙・パール紙を使用している化粧箱があれば、このLUVは一考の余地があるかと思います。

その理由は・・・

① やはりコスト!です。
対象の化粧箱の大きさ・使用紙・ロット・リピート継続性等々によっても異なりますので、何とも言えませんが、仕様変更前と同じ、もしくはもっと安いコスト(=コストダウン)も可能かも?ただ、版代がネックになるのは否めないでしょう。その辺が一番の問題かとは思います。

② ホイル紙・蒸着紙・パール紙を使用されている理由の1つに『目立たせたい』というものもあるでしょうし、『美しさを出したい』というものもあるでしょう。前者に対しては、決して引けを取らないどころか、アイキャッチ性だけで言えば優れているかと思いますし、後者についてはデザイン特性等々もあるので、一概には言えませんが、【ホログラム柄】次第では、遜色ないものがあるかもしれません。

③ (先程も言いましたが)版が作れる=より強調したい・目立たせたい部分だけをホログラム加工することも可能です。逆に言うと、ロット印字部分等々ホログラムにしたくない部分を抜くことができるということです。

④ エコです!・・・ホイル紙・蒸着紙とちがって、普通紙を使用します(※普通紙しか使えないわけではありません)し、ラミネートではなく転写ですから、リサイクルが可能です。環境にやさしいという企業イメージを大切にされているところも増えていますし、そういう意味でも、この仕様変更は喜ばれる提案になるのではないでしょうか?

窓付きというのも化粧箱の表面加工?

窓貼りは紙箱でも中の商品が見える訴求効果の高い表面加工です。
よくコンビニに陳列されている透明ケースでは、中の商品を見せるものが多いのも、効果の目的の半分以上はそこにあるのですが、コスト、デザイン、高級感等の問題点もあり透明ケースではなく紙箱で中身を見せたいという要望が多々あります。

そうなると、紙箱の窓穴を開けて商品を見せる・・・、という方法になります。この窓穴に何もせずに商品を見せるという方法もあるのですが、直接商品がお客様の手に触れてしまう、窓穴が小さくて商品アピール度が低い等の問題があり。窓穴を大きく、商品をより大きい面積で見せ、直接に触れる事の出来ない紙箱は表面加工にて窓穴を覆う、窓貼りという手法を取ります。この窓貼りにも加工の仕方に種類があり、1つは窓穴の裏から窓穴よりも大きいフィルムを貼りつける方法です。この加工は通常の紙器製造工程に窓貼り加工だけをプラスするだけなので、コスト面も抑えられることが出来ますし。少し大きな窓穴の場合はフィルムの厚みも必要となり、そんな場合のフィルム厚対応もある程度までは可能になります。
※この場合、裏にフィルムを貼るだけのスペースが必要なため、(罫線にフィルムがまたぐと製函時に不具合が出やすいこともあり)罫線より15㎜程度離れた位置からしか窓穴を設けることは出来ません。
もう一つの方法は、まず印刷物に窓穴を開けてその後にフィルム貼りの表面加工を施し、本抜き(通常の型抜き)をして製函する方法です。この加工では表面全体をフィルム貼り加工をするので美粧性に優れ、前記の窓貼りでは加工が難しい小さい箱にも窓貼りができます。ただ、あまり大きな窓穴は製函が難しかったり、フィルムの貼りテンションと原紙の引っ張り強さが違う為、設計上ノウハウが必要になったりします。
※この場合、抜きの行程が一工程増えるのと、木型が二台必要になる事、フィルム加工の面積が多くなること等々から、コスト高になってしまいます。
どちらの手法も箱内の商品を見せれて、アピール力が大きいので、商品陳列時にも他社よりも訴求効果の高い紙器となります。

化粧箱の高級感UPの定番!箔押し!

箔押し加工とは、箱の材料となる紙の表面に煌びやかな箔材を圧着することで豪華に見せ、箱そのものに価値を付加することを言います。

煌びやかな箔材と申しましたが、具体的に挙げると『金』や『銀』の箔材が一般的です。その他にはホログラムの箔押しなどもあり、高級感を出すのに非常に効果的な加工の1つです。

ただ、箔材には煌びやかなものしかないのかと言うと決してそうではなく、赤色や黄色などの原色系の箔押しなどもあり、その種類は豊富です。

とにもかくにも箔押し加工とは基本的には箱そのものに付加価値を付け、
商品の高級感を演出するものに他なりません。

『箔押し』の前に、『箔材』について少々・・・

箔材とは、下記の5層からなります。
1.ベースフィルム
2.離型層
3.着色層
4.蒸着層
5.接着層

この箔材を、箔版と呼ばれる金属版を通して上記の3~4の層を、原紙に熱圧着させることを箔押しと言います。

箔押しは、化粧箱の高級感・美粧性をUPさせる最もポピュラーな方法の1つであります。金・銀以外にも黒とか赤とかの色箔と呼ばれるものも
ありますし、ホログラム箔などもあります。
ただ、やはり『箔』なので、それなりにコストが掛かることから、化粧品・健康食品等々商品自体が高額なパッケージに使われることが多いです。
そうは言いながらも、高額商品のパッケージに関わらず食品(特にレトルトカレーやポッキー関連のお菓子など)関連のパッケージでも箔押し加工を施されたりしております。
安価な商品にも箔押しが使われるようになったことは、パッケージ事態に価値を付加することの重要性が示されたとも言え、非常に喜ばしいことです。

箔押し加工時に使用する箔版の種類(名称)

先の項でご説明申し上げましたとおり箔材は5層構造で成り立っております。

そして、そのうちの2番目にある『離型層』が『熱により活性化』してベースフィルムから離れやすくするということでした。
この活性化させるために熱を加えるものが箔版であり熱伝道させる必要があるために金属で出来ています。
金属でできているゴミ印のようなもので、インクを転写するのではなく
金属版(=箔版)自体を熱して、箔材に熱伝導させることにより転写箔をベースのフィルムから離れさせ、被体に熱圧着させるものです。
そして、もっと専門的な部分まで言うと、箔押しで使われるほとんどの版が『腐食版』で作られています。
腐食版とは文字通り金属版を薬品につけて腐食させ、ロゴ・デザイン等の図柄を凸版に起こしたものです。
ただし、深度をもった浮き上げ・浮き下げの必要な場合は腐食版では難しいため、『彫刻版』が使用されます。

もう少し、詳しく解説しますね。
箔版の種類としては、コストの安い順に下記のようなものがあります。
1.亜鉛版(腐食版)

コスト面では一番安いですが、耐久性が非常に弱いため、ほとんど使用されることありません。
使用される場合は、ロット的にスポットの小ロットのものや、箔押し校正用がほとんどです。
2. マグネシウム版(腐食版)

コスト的にも安価で、耐久性も亜鉛版より優れているため、非常によく使用される種類の1つです。ただ、酸化によるサビ等で長期保管には不適です。
3. 胴版(腐食版)

マグネシウム版より高価ですが、版のエッジの仕上がりがよく、再現性が優れており、大ロット・リピート品にも最適です。
4. 真鍮版(腐食版)(彫刻版)

硬度が高く、熱伝導率・安定性も最も良い。頻度の高いリピート品でも安心です。また、深度の深い彫刻版を作製する場合は、この真鍮版が最適です。

ハイグレードな箔押し加工を使った化粧箱を作ろう!

箔は箔でも、もっと高付加価値な箔を使って箱を作りませんか?
『浮上箔』なんてのはどうでしょうか?
『浮上箔』とは、文字通り『浮上げ加工』と『箔押し加工』を合わせたものです。
『浮上げ加工』とは凸版と凹版を使用して、紙を挟むようにプレスすることによって、一部分を隆起させる加工方法です(詳しくは先程のエンボス部分の解説を再度ご覧ください)。
工程としては、箔押し加工と似ていますね。

そして、、浮上箔とは、『箔押し加工』をしてから、その部分を『浮上げ加工』するという2工程を踏むことによって、箔押し加工をした部分を隆起させる方法です。
浮上げ版を使用して、箔押し加工すれば1工程で浮上箔ができるのでは?という声が聞こえてきそうですが・・・・・もちろん可能です。

次に、ちょっと変わった箔(?)もご紹介!それは・・・
『コールドフォイル印刷(インラインフォイラー)』と呼ばれるもので
通常のオフセット印刷機で、箔押しが出来るというものです。
まず、通常の印刷と同じように版を使用して専用のりを塗布し、その後、次のユニットで箔転写を行います。印刷はその後、通常通りインキを使用して印刷します。

この『コールドフォイル』の利点としては、
①従来箔押しでは、熱と圧力が必要でしたが、それを必要としないため(『コールドフォイル』たるゆえんはこの部分から来ています)スピードがかなりUPし、生産効率が上がります。
②箔の上からも印刷が可能なため、従来では出来なかった表現が可能になります。
③のり引きを版を使って行うため、インキのようにアミ点による再現や、微細な文字等々も表現可能になります。

但し、のりを塗布後⇒箔転写となるため、その被写体となる原紙が、上質系・マット系のしみ込みやすいものだと、のり自体が吸収されてうまく付かないということもあるようです。

まとめ

『高級感のあるパッケージにしたい!』とは、本当によく聞くお言葉です。
我々が主力とする化粧箱に限らず、商品そのものに付加価値を付けようとすれば、特殊な加工であったり、工程そのものを複雑にしたりということは当然のことながら起こります。もちろん、コストが掛かり高コストになってしまうというデメリットはあるものの商品の差別化をするという観点においては効果的な方法と言えます。

本日ご紹介した表面加工の中で、実際に使用する機会が少ないものもあるかもしれません。
が、これらの加工を知っておくことで発想、または提案の幅が広がることは間違いありません。是非是非この機会に覚えておいて下さい。

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

パッケージメーカーの箱の構造や加工方法について

当HPでも何度か取り扱っておりますワンタッチ箱ですが
主な利点としては底部分にも糊貼りしていることから組み立て作業が簡略化できること。

また糊が付いている分強度が増していることにあります。
逆に問題点としては単純に他の貼り加工に比べて貼り箇所が増えることから
製造単価が上がることが主だったものになります。
後は形状的に貼り箇所が増えることからサイド貼りでなら貼れる形状でも
ワンタッチでは難しいというものもある。この辺りでしょうか。

私としてはやはり作業の簡略化という部分が非常に大きな利点として
お客様に好まれているような印象を持っております。

さてここで紹介しますのも、そのような考えから行われる「両サイド貼り」です。

これは弊社HPにある「蓋・身 式組立て箱」の展開図にある
左右の折り返し部分をあらかじめ糊貼りする貼り形式を指します。
両サイド貼りの図面を上手く入手できなかったので若干違いはありますが。
概ね下の図面のようなものです。

下↓こちらと      ↓こちらになります。

photo06-1

さてこの貼り加工は通常の「蓋・身 式組立て箱」では天地左右を折り返して
天地のフラップを巻き込んで折りたたんでと、
組立の手間がかかるものを左右がもともと貼られていることから、
その両方を立ち上げて天地を折りこむだけで済みます。
そのためワンタッチ箱と同じく組立工程を非常に簡略化できるのです。
ですので組立にかかるコストや時間を少なくできます。

ただし、糊貼り加工が加わるので
箱自体の製造単価が上がってしまうという点もワンタッチ箱と同じくです。

ギフト箱などで蓋身式のパッケージを使用しているけど
組み立て工賃や納期を短縮したいとお考えの
お菓子のメーカー様などには、この両サイド貼りがお勧めです。

箱の製造単価こそ上がるものの組立にかかる手間が減る分そこのコストが下がりますので
合計的にはそれほど差が出なかったりすることもあるようですよ。

というわけでして、今回は我々パッケージメーカーの提供できる様々な箱を
その用途に合わせていくつか紹介していきます。

パッケージメーカーの考える油分へのお勧めの構造

パッケージといっても実に様々な種類がありますが、
当ブログにおいても紹介しておりますように
様々な意図や用途に合わせて、色数も表面加工も貼りの形式も

最もそれに適したものを作ることが重要です。

さて、ここでは掲題の通り弊社にて製造しております
油分のある商品について、
それを入れる箱にどんな油分対策ができるのかを紹介したいと思います。

『たこ焼き用の箱のパッケージの表面加工について』

ということで、たこ焼きの箱を例に進めてまいります。

出来立てのたこ焼きを入れるわけですから
当然ながら油分やら湯気やらに対する耐性が求められます。

まずは、パッケージメーカーとして提供できる
耐油性や耐水性などを付与する方法としての表面加工や原紙を紹介します。

表面加工としては極薄の透明フィルムを貼りつける「PP貼り」や
耐油性・耐水性を付与するために施される「ハービル」
原紙としては製造工程においてそれらに耐性を持つように処理された
「TS」「TM」といった原紙があります。

これらの中から現在製造している
たこ焼きの容器として使用しているのは「ハービル加工」になります。

これを原紙の裏側(箱の内側のたこ焼きを置く側)へ塗布し、
たこ焼きの油や湯気への対策としております。

ハービルになった経緯としましては油分・水分に対する
耐性の持たせたかの差が一因としてあります。

「PP貼り」は油分・水分を弾くことで原紙への影響を抑えて
それらへの耐性を持たせている加工です。
弾きますので、湯気は箱の内側に溜り水滴となります。

この「水滴が着く」という現象が蓋をあけたときに蓋の内面に水滴が見えることや
たこ焼きに水滴が落ちることなどを嫌ったようです。

ハービルも弾くのですが、その性質の差からかある程度原紙に吸収しますので
問題となるほどの水滴は発生しなかったようです。

また、他に比べて単価が安かったこともやはり重要な要素だったのかと思います。

ところで、書いていて気づきましたが表面加工と言いながら
箱の内面に加工しておりますね。まあ箱の内面から見た表面ということで一つ(笑)

『たこ焼きの容器用のパッケージの貼り形式について』

さて表面加工や原紙の次は箱の構造での対策についてです。

初めにたこ焼きの箱として求められる構造とはどんなものでしょうか。

まず、組立の容易さとある程度重ね置きが出来ることがありそうですね。
さらに店頭で次から次へとたこ焼きを箱詰めするために
たこ焼きを充填する作業がより容易なものも求められそうです。

となりますと、注文がくる毎にトムソン式の箱などを組み立てるような
手間をかけることは到底現実的とは言えません。

また、たこ焼きは箱形状でいうところの「高さ」が非常に小さいことから
箱の「高さ」が低い方がより適していると言えるでしょう。

ということでこれらに対応した貼り形式といえば
当社HPにある四隅貼箱が該当するかと思います。

これは「高さ」が低く製造でき蓋の開閉部が大きく取れることから充填作業も容易です。
さらにあらかじめ四隅が貼られていることから
組立て作業もワンタッチで出来るうえにある程度の重ね置きも可能です。

では四隅貼りで決定でしょうか?いえ、もう一つ懸念材料が残っていますね。
それは、ここでのお題にある「油分やら水分に対する耐性」になります。

4隅貼の箱はその貼り合せる4隅が、それぞれ糊で接着しているだけであることから、
どうしても4隅から水分や油分が漏れ出してしまいます。

そのため水分や油分の多い商品、今回でいえばたこ焼きですが、
それを入れる箱としてはすこし不十分であると言えます。

そこで、それらを解決するための貼り加工が

「8点貼り」や「W貼り」と呼ばれる加工になります。

これは形状的にはぱっと見た感じ、ほとんど4隅貼りと変わりませんが
その貼り方は4隅貼りとは明確に違います。

どこか?と言いますと貼り合せる箇所になります。
貼り合わせている部分を展開図で示したとき、
箱本体から切り離されている部分が一切無いのです。

このため4隅貼りで問題のあった水分や油分の漏れが、そもそも離れていないことから
大きく改善されます。さらに切り離している部分が無いことと、
8箇所も貼り合せることから箱自体の強度も上がっており、
より多く重ね置きすることができます。

ただしこの貼り形状は汎用の貼り機械で出来るものでは無く
それ専用の貼り機械を使用しての加工となりますので
どこでも出来るということではありません。

パッケージメーカーにとってチョコレートの化粧箱の注文は既に…

バレンタインデーが近づきましたね・・・

しかし我々パッケージメーカーにとってはある意味既に季節はずれです。
なぜならバレンタインにチョコレートを売り出すためには
商品を撮影してカタログに載せたり、充填して店舗に送ったりと
様々な前工程が存在するために、それを入れる箱を今作っていると
イベント当日に間に合わせるのが非常に困難となるからです。

ですので基本的に企画のスタートはホワイトデーが終わるころから始まり、
夏の終わりには、設計、校正が一通り済まされ、
早いお客様は10月の声を聞くころから、製造指示が出始めます。

女性にとっては、大事な人に思いを伝えるチョコレート・・・
はたまた、義理の体裁を整える大切なイベント・・・(笑)

その思いはどうあれ、相手に渡す大切なギフト。
それを装う箱は中身以上に大切になったりもします。

相手に、可愛い自分を見せるのか、日頃のお世話に感謝を示すのか、
全く思いはないが、義理だけはきっちりと果たすのか…

ということでここでは、バレンタインのための箱についてお話してみようと思います。

『色でアピールする!!』

バレンタインのパッケージの色使いは、ある程度傾向がある様です。

先ずは高級感や大人を感じさせる色。
これはどちらかというと濃度の高い色となり黒色やえんじ色、
他にはこげ茶色等があげられますが、
これらの色は印刷表現でも
腕の見せ所となるところで、
単色の色表現で高級感を出すにはテクニックがあったりもします。

その一つは深みで、色の深見を出すためには濃度を上げ
なければなりません。

単純に100%の色表現をしても、それを2回刷ると200%になり、
濃度が上がり、深みがある色合いになります。

これは明らかに違いが分かり、高級感はアップされますが、
それ以上の3回刷りとなると、違いはあるのですが大きな差は出ない様な気がします。

余談になりますが、1度こんな経験をしたことがあります。

この差を利用して、黒1色の100%の部分と、
200%の部分で柄を作るというデザインで校正してみたのですが、
見る角度によると柄が出てくるのですが、
ほぼ黒ベタで透かしの様な仕上がりになってしまいました。

これは校正段階でNGが出て、100%の部分を90%にして、
非常に濃いグレーと黒200%の対比で柄を作ることになりました。

少し話がずれてしまいました・・・、元に戻して高級感を出す色表現以外では、
可愛さを出す色使いも多いように思われます。

これは、ピンクや薄い紫等のパステル調の色表現です。
どちらかというと暖色の色使いで、単色表現にアクセントをつけるデザインもあれば、
多色の組み合わと絵柄でデザインされているものも多く見受けられます。

女性らしい可愛さを表現するには、欠かせない色使いかもしれません。

ほんの一例となりましたが、昨今では定番から外れる色使いも見受けられますので
どれが良いとは一概に言えないのですが・・・。
送り手側の思いが伝わりやすい色、これが購入の決め手になるのかも・・・と思います。

そして、その色をより際立たせるのが次に書く、質感です。

『質感でアピール!!』

もしかすると、色いと同じくらい重要なのがこの質感かもしれません。
プレスコートやフィルム貼り、光沢のある表面加工は高級感がUPします。
これは、前述した濃度のある深い色合い表現を加速させます。

バレンタインのパッケージに限らず、化粧品の箱にも多く使われていますが、
送り手と受ける側、どちらにも特別感が湧いててくる・・・
それが高光沢な表面化加工で演出できるのです。

バレンタインチョコのバッケージには無くてはならない加工ですが、
この逆もまた正解で、マット調の表面加工を施すことにより、ギラギラ感よりも
しっとり感で、より落ち着いた大人の感じを醸し出すパッケージも多くあります。

先程の色使いと合わせて、淡いピンクの印刷にマットビニール加工することで、

可愛らしさと大人の落ち着いた感じを出し、文字は白の浮き出し箔押しで
印刷では出ない高級感を表現する・・・。
そういったパッケージを手掛けたことがあります。

加工が仕上がった時、ああ可愛いなぁ・・・と思っていたらバレンタインを迎える前に
完売となり、至急増産の指示が出たことを思い出します。

この様にパッケージが買い手に訴えるという事が、良くあるのです。

質感は表面加工における、光沢やマット感だけではありません。

際立った表面加工を施さず、ノーコート紙(原紙の表面をコートしていない紙)の
ナチュラルな風合いを大切にしているパッケージもあり、
この質感は自然体を表現して落ち着きとは違う、優しさを感じる事が出来ます。

パッケージの質感で、送り手側の気持ちも見透かせるかも・・・です!(笑)

『形状でアピール!!』

バレンタインのパッケージともなると、形状も色々とあります。

ポピュラーなのが組箱式で、これは身箱に蓋箱をかぶせるタイプで、蓋箱を開けると
並べられたチョコレートのデコレーションも見る事が出来て、取り出しやすが特徴です。

同じ組箱でも、貼り箱(中芯となる厚紙に薄紙を貼り合わせた箱)は、
単紙のトムソン抜きの組立箱と違い、箱の重厚感が出て高級帯の商品に多く使われます。

勿論、個包装されたチョコレートを入れてある
サイド貼りやワンタッチ底貼りの箱も多いのですが、

高級感という点では、組箱形式の箱に軍配が上がります。

またスリーブ形式の箱は蓋箱を開けるのではなく、
身箱をスライドさせて開けるというアクションで、
チョコレートが登場するというところがオシャレに見えるかもしれません。

それ以外にも、キュートなハートの形をしたパッケージ等もあり目を奪われます。

この様な異形状な箱は手貼りが多く、加工に手間が掛かるのですが、
中には機械貼りの箱もあり、どのような技術で糊貼りしているのだろか?と
箱屋さんの目で見てしまう商品もあります。

蓋を開けてしまえばチョコレートが主役ですが、
それまでに脇役のパッケージが果たす役割はとても大きく、
形状も重要なアピールポイントとなります。

バレンタインデーのチョコレート・・・
これは女性とっても、男性にとっても大きなインベントとなってきましたね。

当たり前の様に行きかうギフトだからこそ、
素敵なデザイン、特別感のある質感、

特徴のある形状にしたいのが、
送り手側の気持ちですよね!!

パッケージメーカーの考えるオリジナルな構造の化粧箱について

ここでのお題は『こんな形状できる?』という
お客さまのご要望にお応えしますというお話です。

では早速一つ目から。

_r2_c2

色々諸事情があり(お客さまのご都合もあり、詳しくはかけませんが)
40mmΦのボトルを47mm角の化粧箱に入れたい。ということでして・・・
かつ、ガタガタさせたくないと。
そして、もう一つの条件が、別パーツはNGという化粧箱の構造の要望がありました。

別パーツの仕切を作ったほうが、よりしっかりと動かなくすることは出来るのですが、
何故そんなご要望となったかといえば、やはり作業性の問題!

1つは、単純に作業詰め工賃がかかってしまうということ。
ただ、それ以上に、ライン上で出来ない。
(正確に言うと、ラインスピードをかなり落とさないと出来ない)

どういうことかと言うと・・・ボトルに中身を充填して→ボトルキャップを閉め→
外観検査→箱(化粧箱)詰め→重量チェッカー→最終検品&外装詰め・・・
そんな工程を1ラインで行っておられるので、その1工程のスピードが落ちると、
すべての工程をそのスピードに合わさないといけないということになり、
仕切を追加するだけのことでは済まないということなんですね。

で、最終的には先程の写真のような形状になりました。

まぁ知っている方は知っている。知らない方はご存じない(当たり前か!)形状ですね。

糊しろを伸ばして、再度折ることにより、ストッパーの役目を持たせるということです。

もちろん完璧とは申しません。少しはカタカタします。
しかしながら、何が一番重要なのか?ということですね。

それでは次の話に入ります。

かなり以前の話ではありますが、
当社で制作したワンタッチ底箱(?)についてです。

ワンタッチ底箱ですから当然、底はこんな感じです。

IMAG0381_r2_c2

ただ・・・全体を映すと、箱ではなく、ケース!になります。
何のケースかと言いますと、『ブレイブチキン』!!です。
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
某テレビ局の某プロデューサーさんからの依頼で作成したケースです。

マックのフライドポテトのようなケースです。wikiでも載ってないので軽く説明すると、
約20cm位の長さのスティック状のから揚げのようなもので、
某テレビ局と某メーカーさんが特許製法を用いて作り上げた食品です。

で、制作するにあたり、はじめてお台場の某テレビ局【あっ!バレた(笑)】に入って、
ウキウキしながら辺りを見回してしたのですが、
残念ながら、局アナは別棟の方らしく、全く知らない方々ばかりでした(笑)。

まぁ、そんな話は置いといて
・・・でも、非常に楽しかったですね。箱としてではなく、
食品を入れるケースのように使うという斬新さが!

油がにじまないように・・簡単に片手で持てるように・・・
ただの四角じゃ面白くもないし、見た目も・・・
かと言って、開口部が狭いと入れにくい・・・

というように色々な課題を1つ1つクリアしていき、形にすることはとても楽しいです!

また、この時は『マックポテトのように全国展開になったらどうしよう!!』という
夢も持てましたし。ということで、その全景がこちら!

IMAG0382_r2_c2
四角い頭を丸くする(何かできいたようなフレーズですが)。
いろんな発想で、今日も課題を1つ1つクリアしていきたいですね。

最後にパッケージのメーカーではありませんが、
構造にこだわりのある箱ということでiPhoneの箱も紹介したいと思います。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusが発売になったときの話です。

日本はもちろんのこと、全世界で大人気のこのスマートフォンですが、
なんと発売3日間で約1300万台も売れたとのこと。

脅威的な台数ですね。

Appleという会社は、製造する製品に対して非常にこだわりを持っているのは
皆さんもご存知と思います。
デザインから製品の精度の部分もこだわりが半端ではない会社ですね。

その為、Apple製品をこよなく愛する人をApple信者なんて言い方もしたりします。

かくいう私も実はiPhone6ユーザーです、信者ではないですが(笑)

さて、そんなiPhoneを購入すると当然、化粧箱に入っていますが、
改めてその化粧箱を眺めてみると、Appleは製品だけでなく
化粧箱にも、こだわっているのがよくわかります。

iPhoneの化粧箱は、「貼り箱」という箱の形状をしています。

貼り箱は、主に高級時計や高級ブランド品などに使われることが多く、
製造コストもそれなりにかかります。

貼り箱というのは、土台となる箱の展開寸法より少し大きな紙を用意し、
表面に紙を貼り付けて、余った部分を内側に折り込みます。

大抵の貼り箱では、内側に折り返した表に紙は、
箱の高さの途中までになっていることが多く、
箱の内側をみると土台となる箱に色と表の紙の色が違うため
内側に折り込んでいることが一目でわかります。

しかし、iPhoneの箱は違うのです。箱をお持ちの方は見ていただければ分かりますが、
折り込み部分が底まである為、内側も綺麗な仕上げになっています。

箱の整形についても、きっりちと90度にされた角など、
歪みの無い立方体で構成されており、Appleのこだわりの製品とわかります。

もちろんコストも相当なもので、日本で作ったら
1箱600円はかかるのでは、なんて試算もあるみたいですね。

もちろんロットや専用機械があるなど条件はいろいろありますが。

そんな、iPhoneの箱、おいそれと捨てられませんね。

iPhoneの箱のデザイン性・機能性・造形精度などこだわりは、
われわれ箱と製造する側にとっても非常に勉強になります。

結局のところ…

さて、ここまで弊社で製造しております箱(iPhoneはもちろん違いますが)について
その加工形状などの紹介をしていきました。

初めの方で紹介したたこ焼き箱に少し戻しますが、
油分や水分に対応し、かつ店頭での充填作業などから
紹介したような仕様となっておりますが、
別の得意先様でコロッケ用の箱も製造しております。

こちらも、当然ながら油分があり店頭で並べるのであるため
たこ焼き箱同様に8点貼りでいずれかの耐油性を持たせる加工を行うものが
良い選択のように通常は思いますよね?

しかしこちらでは箱詰めから食べられるまでが非常に短い時間であることと
箱自体が4個以上購入のお客様にしか使用しない。=使用頻度が少ないことから
より安価に製造できる地獄底箱にて、しかも耐油性も何も施さずに作っています。

このように油分があるとはいえ、そのパッケージの使用環境によっては
なにも全て8点貼りを使用する!ということでも無いようです。

やはりそれぞれのお客様からお話を伺い、真にご要望に合った箱を
製造していくことが基本的なことではありますが、もっとも肝要なのでしょう。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

オリジナル箱の作成について

chair-786176_640

お客様のために!

この目的の実現に重要なキーワードの1つが、
『納得のいくオリジナル箱を作成する』
ことであることは言うまでもありません。

オリジナル箱をはじめて手配する方はもちろんのこと、
何度も作成されている方でも『納得』いく箱を作成するのは
なかなか難しいものです。

デザイン1つとってもそうですし、
紙質、形状、寸法など
各々のことを真剣に考えていかないと
『納得のいくオリジナル箱』はなかなか作成出来ません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

オリジナル箱を作成したい

WEBでの見積依頼も受けている当社には
“既成の箱にデザインだけを変えたい・・・”
というご連絡をちょくちょく頂きます。

お客様の中には、ある程度の決まった箱の形状があり、
印刷だけをオリジナルで仕上げている
と思われている方も多くいらっしゃいます。

このようなお客様に対して
「当社は既成箱の取り扱いは無く、そのほとんどが
オリジナルの形状とデザインとなりますよ」
とご返答させて頂くと驚かれる方も多いのですね。

もちろん決まった寸法、形状のラインナップで商品として
既成箱を販売しておられる会社もあります。

しかし、中に入れる商品の大きさや、イメージが
既成の箱では満足して頂けないことが多く、
やはり“オリジナルで”・・・ということになるのです。

“オリジナル”という言葉には色々な意味が含まれています。

・包材として最も作業効率の良い形状の箱
・他社とは違うデザイン、高級感を出した箱
・徹底的にコストパフォーマンスを追及した箱
等々、お客様の要望でその”オリジナル”加減が変わってきます。

デザインや原紙等はお客様が考えておられる事が多いのですが、
形状となると、どの様な形、どの様な開け方、どの様な仕舞い方などなど

いったいどの様な形状が出来るのだろ・・・と。

そこで我々が皆様に合った“オリジナル箱”の提案が出来たら・・・
ということから第一段階として当社HPで形状サンプルを掲示しています。

これらを参考にしながら
オリジナル箱を作成するためのアドバイスなどを
させて頂いております。

一例を示しますと、
・スティック状の商品(喫茶店の砂糖の包み等)を箱に入れて販売したい
・だけど箱の中で商品ががさついてしまう
・そんな時は仕切りを入れればいいのだけれどコストや手間が掛かってしまう
などというお客さまの悩みがあります。

そんな時には底ワンタッチ貼り(横底貼り)の箱で、
箱を起こすと同時に仕切りも箱内で組みあがる箱があります。

単純なことですが、こんなことでも他社とは違った“オリジナル箱”が作成できます。

オリジナル箱の作成時に注意したい印刷表現

オリジナルの化粧箱を作成するにあたって
気にしておくべき点を印刷の視点から
いくらかご紹介させていただきます。

色を出すのに際してレギュラー4色の掛け合わせが良いのか、
特色を使った方が良いのか、金・銀を使用するのか、
これらのことを気にしておくべき点ですね

レギュラー4色の掛け合わせ

レギュラー4色・プロセスインキ・セットインクと、
色々呼び名はありますが、意味するところは
シアン(藍)・マゼンタ(紅)・イエロー・ブラック
この4色を掛け合わせて様々な色表現を行うことです。

基本的にこの掛け合わせだけで全ての色を表現できますが、
中間色にあたる茶色だとか紫だとかはインキ量の調整が難しく、
少しぶれるだけで色の雰囲気が変わってしまいますので、
そういう場合は次の特色を使用することがあります。

特色

というわけで特色です。

簡単に言うと、ある色を出すためだけに用意されたインキでしす。

4色掛け合わせでは難しい色を表現するために使用されたり
そもそも印刷が緑と紫だけとかなら、わざわざ4色も使わずに
緑と紫の特色を用意して印刷すれば2色印刷で済みます。

金・銀

次は金・銀についてです。

まず知って頂きたいことは
金・銀については金銀と言っても金ピカでは無い。
むしろ黄土色の方が近い。ということです。

なので、金色を依頼されるときは一度サンプルを
見せてもらうなり説明してもらうなりされて
実際どんなものになるのかを納得されてから
依頼されるのが良いかと。

また、どうしても金ピカが良いのであれば
箔押しをおすすめします。

金色のアルミ箔を転写する加工法で
通常の印刷インキの金に比べ光沢があり、
高級感が増します。

ということで・・・

我々も、本当に『納得のいく』『売れる』箱を作成したい!
というお客様のご期待に応えたいし我々も作成したいです。

だからこそ、、お客様のご要望をヒヤリングすることに
多くの時間を費やし、イメージを形に変えていきます。
イメージが分からなければ(=情報が少なければ)
形になんて出来ないですからね。

我々のモットーは『お客様のベストパートナーになる』ことです。
分からないことはもちろん、それだけでなく
イメージ・用途・販売形態等々さまざまな情報を頂ければ
頂くほど『納得』のいくオリジナル箱が作成可能です。

ご質問のある方は下記よりお気軽にお問合せ下さい。