箱の紙厚は大事なポイントです!!

WEBでのお見積り依頼を受ける時、当社では製造仕様がおおよそ確定している

場合は詳細を書き込んで頂く項目があります。

それは箱のサイズ(幅、奥行き、高さ)、形状、原紙の種類、紙の厚さ、

印刷仕様、表面加工、箔押し等の付加加工、ロット数等をご記入頂くのですが、

この中でも分かりづらいのが紙厚かもしれません。
  
一般的に紙の厚みと言われても、1ミリに満たない厚みを計るのには、定規で

は測れないので
 
マイクロメーター等の計測器を使わなければ、正確厚みは測れませんし、

逆に0.1ミリ誤差があると、同じ品種でも厚みの違う別の原紙となってしまう

のです。大きい箱は厚い紙、小さい箱は薄い紙くらいの認識で問題は

ないのですが、厚い紙でも厚みの種類は多くあり、番手が一つ上がる、下がるで

単価が変わるので、紙の厚みに纏わる話を知っておいて損は無い!!

というお話をしようと思います。 

紙厚の単位は?

箱の紙厚の単位で使われるものは、普通に考えれば厚みの幅分、㎜とかμmが一般的で、
 
特に厚紙では0.39㎜の紙厚があるとか、0.50㎜あるとか言いますが、
 
これは実の厚みで、その厚みからコートボールで0.39㎜の厚みがあるから、
 
米坪310g/㎡のコートボールと言い換える事が殆どです。
 
g/㎡・・・???
 
これは1m×1mの重さを表し、310g/㎡であれば、1m×1mの重さは310gなのです。
 
紙厚も掛けて体積にしないのは、原紙の種類によって、原料のパルプの長さが違い、
 
それが紙厚に関係したり、加工上ふかふかに紙を抄いたり、密に紙を抄く事が出来るので、
 
同じ310g/㎡でも厚みが変わってくるのです。その為、原紙の種類と実厚から
 
米坪と呼ばれるg/㎡の単位に変換して、やり取りを行うのです。
 
箱に使われる米坪は230、260、310、350、400、450、550、600g/㎡
 
等が一般的であり、加工上その±10g/㎡の米坪も存在します。 

また、原紙には規格寸法があり、基本的には
 
L判T目(800×1100㎜)、Y目(1100×800㎜)
4/6判T目(790×1090㎜)、Y目(1090×790㎜)
 
K判T目(650×950㎜)、 Y目(950×650㎜)
菊判T目(640×940㎜)、 Y目(940×640㎜)
 
が基準寸法になる事が多いのですが、コートボール等需要の多い原紙は、準規格として
 
紙商さんが独自の寸法を多く持っておられます。
 
そして、紙厚を表す3番目の単位として連量のKgがあります。
 
連量とは厚紙の100枚単位の重さです。厚みの単位としては27Kgと言ったり、
 
35kgと言ったりしますが、それは各々の米坪のL判の連量を指して呼んでいるのです。

先ほどのコートボール310g/㎡を例に挙げると、
 
L判での計算式は、0.8m×1.1m×0.31Kg/㎡×100枚=27.28Kg
 
となり、連量は独自の算出により、小数点第一位を2捨3入、7捨8入の0.5Kg刻みで
 
表すので、27Kgとなるのです。
 
この連量で紙厚を表現するのは、箱の厚紙ではあまり少なく、薄紙(ポスターやカタログ)
 
で印刷する場合に多くなります。
 
このように、実寸の厚み幅から、米坪、連量と紙の厚みを表す単位は様々なのですが、
 
お客様に馴染みのある単位は、厚み幅である㎜だと思います。
 
ただ、1㎜を切る厚みを計るには専用の計測器が必要となりますので、そのあたりは
 
私達にお任せ頂ければと思います。 

適正な紙厚とは

適正な紙厚を決める要素は、箱の大きさ、形状、内容物の重さです。
 
箱の大きさに比例して大きい方が厚い紙になっていきますが、箱の構造次第では1番手くらいは
 
薄い紙になる事もあります。例えば同じ重さの内容物を入れるのにキャラメル箱式の箱と、
 
お弁当箱のような、蓋箱、身箱の組箱では、組箱の方が薄い紙で強度が保てる事が多いです。
 
また、強度を持たせようと厚い紙を採用する際も、構造上折り加工が困難になり組立作業効率が
 
悪い場合もあります。内容物の重さでも重い方が厚い紙になりますが、ワンタッチ底の箱の場合
 
底が抜ける心配が少ない分、薄い紙で対応できることも多いのです。
 
見積り時の適正な紙厚設定は、箱の大きささ、形状、内容物を教えて頂ければ、ある程度の
 
精度で選定できますが、実際の制作にはCADカットによるサンプル作成をして、強度や
 
組立具合、内容物の納まり等を確認していただき作業を進めますので、安心して頂けるかと
 
思います。

紙厚で変わる単価

紙厚で単価が変わる要因の1番は、当然の事ながら原紙価格です。
 
例えば同じ仕様で紙厚が変わった場合の算出をしてみると、
 
同じ種類の原紙で、650×950㎜の大きさで、5,000枚印刷をする場合で
 
原紙の単価を200円/kgと設定したら 
 
米坪350g/㎡の場合、連量は21.5Kgとなり、計算式は
 
    21.5Kg×50R(1R=100枚)×200円/kg
                        =215,000円となります。
 
米坪400g/㎡の場合、連量は24.5Kgとなり、計算式は 

    24.5Kg×50R(1R=100枚)×200円/kg
                        =245,000円となり、
 
その差は30,000円となります。
 
強度保持さえ出来ていれば、番手が一つ落ちるだけでこれだけの差が出るので、
 
適正な紙厚を知る事は大切な事となるのです。
 
また、550g/㎡を超える紙厚の加工は、印刷、抜き共に厚紙係数を掛けて、 
 
割増料金にもなってしまいます。
 
仕上がり商品の梱包でも、6,000個製造の場合で、梱包数が200個と
 
300個と重さで違いが出た場合、30ケースと20ケースとなり、
 
路線便を使う場合、1ケース800円の運賃だと、8,000円の差が出ます。
 
適正な紙厚ですから、薄い方がいいと言う訳ではありません。
 
適正な紙厚を知れば、無駄な費用を押さえられるという話なのです。
 
 

 
色々と紙厚について書き並べましたが、箱の制作にあたってお客様の要望を
 
適正な仕様で製造すれば、必要の無い経費は抑えられます。
 
その逆も然りで、単価を抑えたいばかりに適正な仕様で箱を製造しなければ、
 
それは、商品保護、美観性の面からもマイナスになってしまい、せっかくの箱が
 
台無しになってしまう恐れもあるのです。
 
適正な仕様の箱・・・、是非とも当社にご相談下さい。

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ