箱の折り目の罫線 思わぬ落とし穴!

しばらく前に起きた「とある事例」についてのちょっとしたお話しです。

 

「化粧箱のフタが、フタをして時間が経つと開いてきてしまうのですが。。。」

最初にお客様よりいただいたのはそのようなご連絡でした。

 

はてさて問題発生でしょうか。 皆様は何が原因だったと思われますか?

「タイトルから原因については既に想像がついているよ?」

そう言わず、どうぞこの先もお読みください(笑)

 

化粧箱のフタが開いてきてしまう!?

該当のその箱の形状は、いわゆるキャラメル箱でフタには差込ロックも付けてあり、比較的簡易なロックとは言え、勝手に開いてきてしまうことを防ぐタイプのつくりでしたので、これは何か原因があると考えられました。

 

設計のミス? それとも抜き型(木型)を作る際に何か失敗でも?

いいえ、該当の案件は当社での最初の製造から何年も経過しており、それまでにも同じ抜き型を使用して幾度となくリピート製造もさせていただいている案件でした。
設計や抜き型作成時のミスというわけではなさそうです。

 

原因を探り、解消しなくてはなりません。

詳しいお話を聞かせていただくとともに、実際の状態を見せていただくためにお客様の許へ伺う運びと相成りました。

 

箱の折り目の罫線ってどういうもの?

事の結末をお話しします前に、まずは一旦こちら。

 

「折り目の罫線」自体は言葉そのまま、化粧箱を組み立てる際に折り曲げる箇所に入っている線押しのことですね。

これがきちんと入っていないと組み立てるのに困る上に綺麗に組み立てられません。「折罫」とも呼ばれます。

 

化粧箱製造の工程の一つに「打ち抜き(トムソン)加工」というものがあります。抜き加工とは用紙に抜き型を押し当てる事で任意の形状にくりぬく工程ですが、当社のようなパッケージ会社の場合には化粧箱の展開図の形状に抜くことが自然多くなります。

この時使用する抜き型には基本的には折り曲げるところには『罫』、切り離すところには『刃』を入れておくことで、用紙から展開形状を抜き出すだけではなく、折り目の罫線も一緒に入れることが出来るようになっております。

化粧箱の製造は、お客様方から聞くところでは「切って、折って、貼って」というイメージなのだそうですが、この「切って」の時に一緒に折り目をつける、これが「折り目の罫線」というわけです。

 

箱の折り目の罫線 適した太さがあります

話は戻り、お客様のところへ伺い現物を確認しましたところ確かにモノによってロックが掛かりにくく、ちょっとしたはずみでフタが開いてきてしまいます。

ご担当者の方曰く、「くっきり折って組み立てればほぼ大丈夫なため不良品とまでは言えないが、セット作業時の手間やストレスから何とかしたい」とのこと。

セット作業をする方達からの「開いてきてしまう」との声も以前はなかったが、数回前のリピート製造あたりから挙がるようになったとの話も聞けました。

 

いただいた情報を基に、抜き型の耐久性としては問題なくとも何か歪みが生じた可能性、等々色々な点からあたってみると果たして原因は判明しました。

 

その原因とは、折り目の罫線の太さにあったのです。
『罫』にも紙に適した太さというのものがあり、 厚い紙には太い『罫』、薄い紙にはそれより細い『罫』を入れることで折り目は綺麗且つ折り易く仕上ります。

反対に、例えばもっと厚い紙用の太い『罫』が入っていたりすると、組み立てる際に折り易くはあっても、折れる位置(線)は力の入れ方次第で線の太さの範囲内で微妙に前後してしまうことになります。

その微妙に前後した折り目によって、組み立てた際にモノによって差込のロックが外れ易い状態が発生しておりました。眼で見て判らない程のコンマの差が組み立て後の化粧箱毎に出てしまっていたのですね。

 

実はこの化粧箱、大きさの割に奥行きのない薄型形状をしているため比較的組立てにくく、そのため少しでも組み立て易くするためにと数回前の製造から紙の斤量を一段階落とした(=厚みを薄くした)ということはありました。

しかし落す前と落した後の用紙斤量では本来同じ太さの『罫』を使用する範囲内であり、このような問題は通常起き得ないのです。

ところが、古くは更に厚い紙を使用していたか組み立て易くするためだったのか、当社へご依頼いただくようになるよりずっと以前からその化粧箱については一つ上の太さの折罫が使われていたという経緯があり、そこに重ねて先の用紙斤量変更があったために、「影響がない程度の非常に微妙な差」がそうではなくなってしまったという事も判ったのです。

その時のご担当者様も知らない、もしかすると10年以上をかけての変化の中で起きてしまったことでもあり、お客様が原因に気付くことが出来るような内容ではありませんでした。

 

用紙斤量変更時は確認を忘れずに!!

先の件は、原因が判明したことでその後、用紙に合わせた折り目の罫線で新たに抜き型を作成することで問題はきれいに解消され、現在もリピート製造されております。

原因が判ってしまえば、問題の解消も簡単なことではあったかも知れません。

でもコレ、よく考えなくとも大変なことですよね。たとえば店頭に並んでいるうちにパッケージのフタが開いていってしまう、そんな恐ろしい状況が簡単に想像される事態ではあります。

コストダウンやイメージチェンジ、限定版発売のためなど、同じ抜き型を使用して用紙や用紙斤量を変更すること自体はままあることでもあります。問題が起きる前によくよく留意して、検証しておく必要はあるかと思われます。

他にもこの問題に似たもので、紙の厚みの違いによるほんの少しの差が大きく影響するものとして、たとえばスリーブ箱なども挙げられます。スリーブに身箱が入らない、もしくはスカスカになってしまった、なども起き得てしまうわけです。

 

勿論、私どもパッケージ会社からもアドバイスさせていただくとともに、私どもの方でも注意している点ではあります。それでも先の事例のように当社の知り得ぬところにも原因があったりなど、気付けない可能性も否めません。

そうした意味でも、事前の確認・検証の徹底をはかるというのはとても大事なことかと思われます。

 

そのようなわけで今回は、「箱の折り目の罫線」=「折罫」における知っておきたい注意点についてでした。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ