箱の制作に、社外加工でも心強いブレーンがいます!!

当社のアピールポイントは一貫生産ですが、これはコーター付きの印刷機から、
 
抜き加工、製函加工(貼り加工)までを社内で施せるる事で、品質管理、納期管理、
 
トータルコストの観点でメリットを出せるというのが強みです。
 
ただ当社設備だけでは賄えないものもありますし、メリットが出せないものもあります。
 
この様な加工については、外注で加工をお願いする事になります。
 
それは、製版作業や、表面加工等様々なのですが、各々の業者さんには高いノウハウがあり
 
当社の心強いブレーンになって頂いています。
 
大手さんの印刷会社は別として、印刷業界は分業で加工をする事が多い業界です。
 
それそれが、餅は餅屋でといった具合に専門作業に特化している事から、品質や移動を
 
除いた製造時間、加工詳細等に信用が高く、安心してお任せ出来る加工業者さんなのです。
 
今回は、当社外の加工について書いてみたいと思います。
 

製版加工の委託

昨今は印刷会社自社内でCTP設備(刷版設備)を持ち、刷版を焼いておられる所が
 
少しずつ増えてきましたが、当社は製版(色校正、刷版作成)を外部に委託しております。

製版作業は、お客様から頂いたデータを木型通りに割付配置し、印刷上の不具合のない様に
 
データを加工しますが、このデータ加工にもノウハウがあり、原紙の延び縮みを想定した
 
塗り足し加工、ニスの上には製函時に塗布する糊が染み込まないため、製版時にその部分を
 
除く加工が必要となったり、インキ面積の小さい色は印刷時に適切な表現が出来ない事もあり、
 
それを防ぐ為に色帯を設けたり等、お客様の元データで印刷加工上不具合が出ないよう加工する
 
作業は商品毎に違いがあり、知識と経験が活かされるのです。
 
当社が委託している製版会社さんとは、長くお付き合いさして頂いているので、そのあたりの
 
加工修正や、印刷機毎の特徴を良く知っていただいているので、安心してお任せ出来ると共に、
 
早い対応をしてもらっています。
 
CTP設備を自社で持つメリットは、印刷表現として校正色が本機にてどうしても
 
再現性がままならない時、版の方で網点の大きさ等を変更し調整していく事ができたり、
 
刷版制作のタイムロスが少ない等が上げられますが、設備と人員を考えた場合の
 
コストメリットは出しづらく、日ごと進化する製版周り設備の事を考えると、
 
信頼おける協力会社さんへ委託するほうが、品質もコストもメリットがあると考え
 
当社では製版加工は外注となっています。

印刷の委託

当社の印刷機は油性4色機、UV5色機コーター付機のオフセット印刷機が2台となっており
 
最大印刷寸法が 715×1015㎜、最小印刷寸法が400×550㎜となっています。
 
これに満たない、275×400㎜の原紙などは、性能上加工不可能なので、ベビー印刷の
 
協力会社さんへ委託しており、その逆に800×1100㎜などの大判印刷も同じく
 
委託しております。
 
大判印刷につきましては、印刷業者自体が少なく、価格も製造納期もメリットを出し
 
にくいのですが、当社委託のベビー印刷会社さんは、対応も早く価格もベビー価格であり
 
お客様にはメリットを感じて頂いています。
 
この他に、厚盛印刷であるシルク印刷や、グラビア印刷も外注委託となっております。

表面加工の委託

当社の印刷機の一台は、UV5色機コーター付きとなっており、OPニスにおいては
 
ワンパスにて印刷ができると共に、水性ニスやUVクリアコートはコーターにてインライン
 
で表面加工ができます。これは、ビニール引きやプレスコートに近い光沢を得られますが、
 
インライン故に、塗布量の違いや工程の違いがあり、オフラインの表面加工とは
 
仕上がりに違いが出てきます。またフィルム貼りやブリスターコート等、多岐にわたる
 
表面加工では設備の面からも、委託する方がメリットが多いのです。
 
もう少し詳しく掘り下げると、フィルム貼りにしても、台紙向けのフィルムと製函向けの
 
フィルム素材が違ったり、プレスコートでは塗布する液剤の量、鏡面ドラムを押し当てる
 
工程、加工スピードによる仕上がりの違い、合紙やエンボス加工では違う設備による加工で 
 
その稼動率、このような点で一貫生産の自社設備として表面加工を保有するのは難しい事も
 
外注する理由です。
 
また箔押し(ホットスタンプ)も委託業務となっていますが、当社の外注先は設備という
 
部分だけではなく、箔押しに高い技術を持った加工先であり、箔にエッジングを施したり
 
箔の上に印刷し色表現が出来るような箔押しも手がけており、強力な協力会社さんなのです。
 

その他の委託

他にも委託業務があるので挙げていきます。
 
まずは”デザイン”、デザインに関する作業は、コンセプトと商品内容をお聞きし、
 
一からのデザインをご希望される場合は、デザイナーの方に委託しますし、概ねイメージや
 
表記文言が決まっており、配色や文字サイズ等の加工だけであるならば、製版業務の
 
延長線で作業してもらう事も出来ます。
 
”木型”も専門作業となり、加工のみならずその紙器のノウハウが大切な部分で、
 
当社営業との細かいすり合わせにより、木型製造して頂いています。
 
”配送”は、当社専属のトラックを3台持ち、大阪府下とその近辺の配送は専属にて
 
配達していますが、それ以外の配達は、宅配便やパレット運送可能な路線便にて
 
出荷納品さしていています。
 
他には、”断裁”や”外箱”、”シール”なども外注委託となっています。
 

 
当社の委託している加工を書きましたが、どの加工先さんも長いお取引があり、品質的にも
 
製造納期的にもご協力を頂いている先さんばかりで、当社の印刷、抜き、貼りという
 
一環生産体制を支えていただいています。
 
勿論、トータルの品質管理は当社がしていますので、安心してお任せ下さい。
 
現状、何かご相談がございましたら、お気軽にご相談下さいませ!!

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ