『版』とは?(パッケージ会社に制作依頼する為のポイント)

10年来フィルム版で印刷していた商品があるのですが、今回それを改版するにあたって良い機会なのでCTPに切り替えようという話になりました。

ということで早速図面のデータを木型屋さんから刷版屋さんまで送信頂き、それをもとにお客様から頂いたイラストを乗せて頂きCTP版の作成、印刷を行いPPラミネート加工をしていただくため表面加工屋さんに引き取って頂いたのですが・・・大至急確認したい!と連絡がありました。

どういうことかというと・・・なんでも紙のギリギリ一杯まで印刷面が入っているためにPPラミネート加工ができない!・・・という恐ろしいものでした。

私としては前述の通り木型の図面データを送ってそれをもとに刷版屋さんで版を作製いただいておりますので今まで加工していただいていたものと変わっている筈が無いと思っていたのですが、とはいえ出来ないと仰っておられる以上は何か違いがあるのだろうとドキドキしながら弊社に残っていた刷り本を確認してみますと、確かに違っておりました・・・ピッチが。

既存木型が2丁取りになっておりまして、その商品と商品との間がその既存木型よりも8mm広く開いた状態で印刷されており、そのため紙の余白が前回までよりも狭くなっておりまして、ということでPPラミネートを貼るための余裕が無い。ということでした。

当然このままでは加工ができないため、泣く泣くピッチを修正し再度印刷することとなりました。

今回何故こんなことになってしまったのかを追ってみますと、どうも木型にピッチを縮めた跡が残っておりました。つまり、この木型のピッチを修正したときにも何かしらの不具合があり、そのために縮めたのだと思います。

しかし、製品の寸法などは何もいじっていなかったからなのか修正としては非常に微々たるものであったからなのかとにもかくにもデータはそのピッチを縮めたものに修正しておらなかったようです。なにぶん10年以上も前のことであり詳しい理由までは追っかけようがありません。

というわけで、パッケージの制作において、いかに『版』が大事か?という話ですね。以下に、本題の『版』とは?について、見ていきたいと思います。なお、上記の解決法は、後程・・・

 

パッケージ(紙製)制作の『版』の種類?

 

パッケージの印刷・加工においては『版』は広義な意味合いを持ちます。
一般的にパッケージ印刷に纏わる『版』は、刷版を指しますが、それ以外にも『版』は存在し、呼び名こそ型や板として変わりますが、同じ加工を繰り返し施していく為の『版』という意味合いでは、多くの行程で使用されるので、今回はこの『版』について少し話を・・・

ここで『版』という言葉を改めて調べてみると、
①  印刷をする為に、文字や図形を彫った板。 平版、凸版、凹版、・・・等々
② 印刷物そのものを指す。 初版、限定版、豪華版・・・等々
となっています。
我々、パッケージ制作の加工現場では、①の意味で使用する事が多いのですが、新たに制作する印刷物、初版。次回の制作時に文字を訂正する場合は、改版。等、印刷物の累進を示したり、行動、内容を示したりすることもあります。今回は、色々な『版』についてご説明さして頂こうかと思っています。

 

製版(パッケージ制作のデータ(ソフト)上での版)

 

製版とは弊社で提案したデザイン、もしくはお客様から頂いたデザインを元に印刷するための判子を作る作業のことを言います。
ご要望によっては商品の撮影やスキャニングを行い、合わせてカブセやトンボなど、もろもろの調整を進め、最終的に印刷専用のデジタルデータを作成します。
近年では、製版のデジタル化が進み、フィルムを出力することは少なくなりましたが、まれにフィルム出力をしてアナログ刷版をすることもあります。

 

校正(パッケージ製作の出力ベースの確認用の版(?))

校正とは製版したものに間違いがないか、不具合はないかをお客様にご確認頂くために提出するものです。(もちろん、お客様だけでなく自社で確認するためにも使用します。)
校正の方法には大きく分けて3つあり
1.本紙色校正 ⇒ 本番とほぼ同じ状態
2.簡易校正(DDCP等) ⇒ 擬似確認(カラー、色分けの確認)
3.カンプ ⇒ 文字図柄確認
とあります。
いずれかの状態でお客様の確認を取るのが望ましいですね。
~~~~~~~コラム~~~~~~~~~~~
改版にあたっての苦労話と危機管理
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この話は、問題があった時点を現在としますと、その問題の原因(きっかか?)は1年ほど前に遡ります。この1年ほどの前の時点で、改版になるとの話があり、改版されたデータを送信していただきデータ上での文字の表記漏れや間違い等が無いか確認いただき色見本の提出をいたしました。

この時提出した色見本は校正にあまり費用もかけたくないという事情と、印刷がレギュラー4色使用であり表面加工もニスを引いているだけ、そして原紙も特殊なものでは無く通常のコートボールであったことからデジコンにて色を確認していただくこととなりました。

ということでデジコンを出力し、提出。得意先様もその先様へと提出し、若干の修正指示をいただきその修正箇所の打ち合わせを行い、あとは現在の在庫が無くなり次第発注ということになりました。この時の修正箇所は非常に簡単なものであったため、デジコンの再提出は無しでデータ上で修正するにとどまりました。

さて、そこから約1年の月日が流れ、(冒頭で設定しました)現在に至ります。そして、ようやく『在庫が無くなり発注がかかりそう』との連絡をいただいたのは良いのですが、何と商品の機種が変更になり再改版が必要なことに(笑)・・・そうです。1年前の改版作業が水の泡です(汗)

ということで、その再改版用のデータをイラストレーターにて送信いただき刷版屋さんでPDFに編集していただいたデータを確認して頂きました。

今回は、機種変更ということで、ほぼ写真画像の差し替えのみであったこともあり(=その他の部分は1年前に確認済みのはずであったこともあり)、納期もないので、すぐにOKが出て手配することになりました。

そこで、手配しようと伝票を切っている時、ふとある文章に気が付きました。伝票を切る際は前回の伝票を元に作成する(もちろん新製品は除きます)のですが、この前回伝票は備忘録としても使用しておりますので、その前回伝票に『要注意!デジコン後の修正部分あり(データ上のみ)』(※実際にはもう少し具体的な内容でしたが)と書いてあったのです。

1年前の流れは『お客様よりデータを頂き』→『デジコン確認』→『若干の修正、データ確認のみ』でした。そして、この『若干の修正』は弊社で行ったものです。すなわち、客先のデータは修正されておりませんでした。

そして、今回は入稿頂いたデータは、お客様がお手元の最終修正がされていないデータを元に作成されていたので、もちろん1年前の『若干の修正』が反映されておりませんでした。

私は、すぐにその旨、ご報告し事なきを得た次第です。
お客様からも『とても助かった』と御礼を頂戴し、私としてもうれしい限りではあったのですが・・・・・さて、もし気付かずにそのまま製造されてしまったならどうなっていたのか?と考えると怖くなりますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

刷版(パッケージ印刷の原版)・・・裏目にもご注意を(笑)

 

 

刷版とは製版・校正をしてお客様から了承頂いた印刷専用データを元に作成する印刷機にセットする判子【オフセット印刷(平版印刷)で印刷に使用する版(weblio辞書より)】のことです。
以前はアナログ用刷版でしたが、現在では、そのほとんどがデジタル用刷版(CTP)になっておりますので、CTP刷版にて作業を進めることが一般的になっております。
この刷版がオフセット印刷の特徴である水と油が反発する性質を利用した印刷方法を成立させている原点であるとも言えます。

オフセット印刷機の版(刷版)は平版となり、版自体が凸凹とはなっておらず、オフセットの原理である水と油の関係を利用し水の乗っているところはインキが乗らなようになっている版で、さらにインクの乗っている部分をブランケットと呼ばれるゴム胴に転写し、さらに原紙に印刷することで表現する方法(一度、版にインキを載せ【オン】させ、ブランケットにインキを転写【セット】させる)・・・これがオフセット印刷です。
刷版は1色に付き1版が必要となりますので、カラー表現となる場合は、シアン(青色)、マゼンダ(赤色)、イエロー(黄色)、ブラック(黒色)の4色が使用することがほとんどで、この場合版は4枚必要となります。

さて、この刷版作業のためには、もちろん印刷を行う図柄のデータが必要になります。それはお客様から提供していただいたり、おおよそのイメージを打ち合わせさせて頂き、こちらで編集作業を行う等によって作成しそれをもとに校正を行いお客様に了承を得てから刷版作業に入るのですが、この作業に入る前に忘れずに行わなければならない作業があります。それは印刷図柄よりも少し多めに枠取りでデータを作製することと、ノリシロにあたる部分の印刷データを消しておくことです。

印刷図柄よりも多めに、つまりはみ出すような形で印刷できるように刷版作業を行うのは印刷の次工程、トムソンの加工においての微妙な見当ズレなどの対策として行います。トムソン加工時に1mmほどはズレる可能性がありますのでそのときに印刷の柄を化粧箱の寸法きっちりに作製しておりますと印刷されていない部分が化粧箱に出てしまうので枠よりも大きめに塗り足しておくことで、そういったことの予防になります。

また、ノリシロにあたる部分のデータを消しておくことは、ノリシロにインキが乗っていると糊貼りが出来にくくなりますので、もしお客様からいただいたデータなどにノリソロにも図柄がはいっておれば、忘れずにその部分を抜いておく必要があります。

これは、つい先日の私の体験として、窓貼りを行うときに裏面にも印刷を行うもので、その窓貼り用の糊しろを窓の枠から15mmほど開ける必要があることをすっかり見落としておりまして、デザイン決定後に本加工に入る寸前で気づき、急ぎお客様に許可を頂き抜いた。というあわや加工不能になる一歩手前の失敗をしまして、おおいに反省するとともに勉強させていただいたなあと思った次第でした。

 

平版・凸版・凹版・・・パッケージ印刷でマークすべきは!

 

印刷機で4色機が多いのはカラー(CMYK)が4色である為ですが、当社の設備は5色機も持ち合わせていますので、4色印刷の後にニスを引く場合、1回の通しで刷り上げてしまうという利点があります・・・いきなり余談から入ってしまいました(汗)。

オフセットは版が凸凹となっていないから平版なのですが、凸となっているのが凸版、凹となっているのが凹版になります。

凸版は凸部にインキが乗っており、シール印刷や段ボールのフレキソ印刷が凸版印刷の代表となります。

また凹版は凹の部分にインクを貯めて転写する方法で濃く表現したい所は、凹部分を深くする事によってインク濃度を上げる印刷表現出来る為、綺麗な諧調表現が求められる、写真集や、加工紙表面に色付する場合にも使われます。凹版印刷はこの呼び名よりグラビア印刷という呼び名の方が一般化されていると思われます。

それぞれに特徴はあるのですが、版の作成コストとしては平版<凸版<凹版となり、凸版は面積の大きさで価格がマチマチになり、シール印刷等の樹脂製の版では平版よりも安いですが、面積の大きい物は平版よりも高くなってしまいます。平版は印刷内容は別として一般的には均一価格となり、丁付数により加工賃がUPする程度となっています。凹版は版に耐久性があり長く使用できる反面、制作コストが高く数の少ない印刷物には不向きとも言えます。

上記の様に印刷方法の違いにより、版の種類も変わり価格も変わります。
一般的な化粧箱の印刷には、オフセット印刷が最適であるとも言えます。
なので、一番マークすべきはオフセット印刷なのです!・・・というのは、言い過ぎでしょうか(笑)お客様に徹底マークして欲しいと意味も込めておりますのでお許しください。

 

パッケージ印刷におけるロゴマーク

『マーク』という言葉が出てきましたので、余談ではありますが、ロゴマークの話を少し・・・

ロゴマークには2種類あります。

ロゴマークには、企業ロゴ・ブランドロゴ・商品ロゴ等々色々ありますが、その多くは『DICのNo.〇〇』という指定色が付いています。しかし、パッケージにこのロゴを載せる際、カラー4色で再現出来るパッケージであれば、そのロゴを載せることによって、もう1色(orロゴによっては数色の特色で指定されているものもあります)増やさないといけない!ということになります。

もちろん、1色~数色増やしてでも、ロゴをキレイに出したいという場合はありますが、ご存知のように多くの場合そういうことはございません。ロゴもカラー4色で再現することの方が多いでしょう。

すなわち、ロゴは『DICのNo.〇〇』という以外に『カラー4色表現のの場合はC〇〇%+M〇〇%+Y〇〇%+K〇〇%』という指定もされていることがほとんどです。

~~~~~~~~~~コラム~~~~~~~~~~~~~~~~
パッケージに印刷してるJANコード(バーコード)の話・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パッケージのに印刷されているバーコード・・・
それが”JANコード”なのですが、 Japan Article Number の略で、最近の販売店さんのレジにおけるPOSシステムには無くてはならないコード表記なのです。実はお客様から、台紙裏面の表記をスミのアミ70%で印刷してほしい・・・ついてはJANコードも同じくで印刷を・・・・(黒(スミ)の濃度75%の網点表現という意味)
それをそのまま製版会社さんへ伝えると、”それは絶対ダメです。JANコードに網点を使用するのはルール違反でご法度です。”とのことで・・・、

JANコードの事について語ると相当量の話になりそうなので、印刷に纏わるところあたりを少し・・・まずはサイズの話で、JANコードには13桁からなる標準タイプと8桁からなる短縮タイプがありますが、標準タイプでいうと、バーコードの長さ 37.29mm、バーコードの高さ 22.86mmが基本寸法になりこの寸法の0.8~2.0倍までの縮小、拡大が可能なようです。

アレ・・、もっと小さいJANコードを見たような気がする・・・と思われた方もおいででしょう。それは規格から外れて小さいのですが、読み取り機の精度が高くなってきているのと、印刷表現が細かく出来るのが相まって読み取り出来るそうなんですが・・・一応は規格外だそうです。

JANコードの読み取りについては、赤色のレーザー光をあてて、その反射光を読み取る為、バーコードの背景色は赤色レーザー光を反射する色がよいとされ、白や黄等の色となり。バーの色は赤色レーザー光を吸収する色で黒、青、濃緑等が選ばれます。ここで、バーを赤色にすると反射してしまいバーコードは読めなくなってしまいます。さらに、反射と吸収による反射光の原理を利用する為に、バーに網が掛かっているとそれはバーの反射光の欠落となり読み取れないのです。したがって、印刷表現として同じよう見える網70%とグレーベタ色とは、バーコートとして大きな違いがあるのです。皆さんお気を付け下さいませ!!

余談にはなりますが、製版会社さんにはバーコード検査機があり。実際に読めるバーコードなのか、読める精度はどれ位のものなのかが判定することができるのですが、その判定は

A.1回のスキャンだけで読み取れる品質
B.同一場所を複数回スキャンして読み取れる品質
C.異なる場所をスキャンすることにより読み取れる品質
D.異なる場所を複数回スキャンして読み取れる品質
F.バーコードの欠落、使用してはいけない

という具合に分かれ、製造企業や印刷会社では判断基準として、B判定以上は合格であるとかを設定されておられるところもある様です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

パッケージの透明な表面加工にも版はあります

表面加工に版っているの?と思われるかもしれませんが、ビニール引きやプレスコートではあまり版を使って表面加工を施してはいないものの、版を使った表面加工も結構あるんですよ。

例えば、プレスコートしていてもロットのナンバリング印字はしなければいけない場合は、表面加工したくない箇所だけ樹脂版を使って外したりします。また印刷手法としてマットとグロスの対比を表現する場合では、マットニスにグロスニスではグロス感が浅い為、表面加工である水性コートを用いる場合でもやはり版が必要となってきます(まぁ、ニス・マットニスも表面加工ですので、これらにも当然、版が必要です)。

この手法は当社設備がUVオフセット5色機の後ろに、インラインとしてコーターを装着している為得意な印刷となりますが、やはりコーターに付ける樹脂版がコストが高く、それなりの費用がかかってしまいます。また、箔押しの加工にも当然版が必要となりますが、箔版は材質が多く、亜鉛版、銅版、マグネシュウム版、真鍮版とあり、使う被着原紙により変えてみたり、加工数で耐久性のある材質にしてみたり、コストで選んでみたりするようです。
また、エンボス加工では、原紙面にエンドレス柄が刻まれた圧胴を押し当てて柄を転写させますが、この版(ロール状の圧胴)は桁違いの価格となり、表面加工業者の持っている、梨地やストライプ、絹目等の柄から選ぶことが多いです。したがって、お客様の希望する柄の版を持ち合わせることが、受注に繋がるということになります。
表面加工にも版ががあり、用途用途で活躍しているのです。

 

パッケージの抜き加工にも版があります

抜き加工での版は、木型となります。丁付し印刷された原紙を、設計した形状に抜くための版です。版というよりは型なのですが、意味合いは版と同じです。この木型は化粧箱の場合、切抜き所は切刃、折れ曲げる所は罫線とで成っていますが、この折れ曲がるところの罫線が、押し当てただけでは綺麗に曲がらないため、面板を作ります。

罫線が入る窪みをつくる・・・、凸が入る凹を作るのが面板を切るという事なのです。ただこれが職人技となり、作業者によって仕上がりが違ったりするので、当社ではCAD面と呼んでいる自動面板作成機で面板を作成し、使用しています。これによって作業の効率化と品質の安定が得られ、従来よりもより良い物作りが出来ていると思っています。

版について色々と述べてきましたが、パッケージを制作するにあたって、『版』がすべての元になります。お客様の指示を忠実に『版』に反映し、『版』通りに加工していく・・・。
『版』がハードであれば、それを扱うオペレーターがソフトとなります。
『版』が完璧であっても、それを忠実に再現できなければ良い物は作れませんし、高い技術を持って加工しても、『版』に間違いがあっては元も子もありません。全ての加工の元は『版』。大事です!!

余談になりますが、冒頭の写真・・・
ちゃんと突っ込んで頂けたでしょうか・・・
『版』・・・・、それは『パン』やろ~!!(笑)

ということで、冒頭に戻ったところで、冒頭の話の続きですが・・・

木型図面と実際の木型のピッチ寸法が違ったことにより、ラミネート加工が出来なかったという話でしたね。そしてこれを回避する方法は?ということでしたね。

これを回避する方法は、当たり前やろと言われればその通りなのですが・・・非常に簡単で単純に現行の木型を刷版屋さんに見てもらい、それをもとに刷版を行ってもらう。というものです。今回はわざわざ一から寸法をとってもらわなくともデータがあるならそれをもとに作業していただいた方が早いし楽だろうと考えて、しっかりと確認しなかったのが失敗の原因といえます。

製品の寸法には間違いがないか見ましたが、まさかピッチが違っているとは完全に意識から抜け落ちておりまして、このような思い込みによる失敗は本当にしっかりと様々なことに気を配らなければ往々にして起こりえますので、気を付けていきたい所です。

ということで普通の商品ももちろんそうですが古い商品はより一層、抜け落ちているものが無いか確認して作業にあたります。

 

まとめ

『版』と言っても、その言葉は、場面場面で色々は『版』を指し、上記を理解していないと話が食い違うこともあります。

また、パッケージを作成するにあたり、多くの工程で『版』が必要であり、どの『版』も非常に重要なものです。たとえ1つでも・1ヶ所でも異なれば完成品は出来ません。

ので、みなさまにも『版』のことをよく理解して頂きたいとともに、我々としても、誤解を生じないような分かりやすい説明を心掛けていきたいと思います。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ