POPを制作するにあたって

今回はPOPについて少し紹介できればと思います。

POPというと簡単に言えば「店頭広告」のようなものを

指す日本語としてすっかり定着しているわけですが、

今回せっかくですのでwikiで検索してみましたところ

「POP=Point of purchase」でして、

この「Point of purchase」は「店頭の」という意味の

形容詞なのだそうです。

なので「POP」という言葉だけでは

広告の意味までは含めないので

「POP広告」と言うべしなようです。

とはいえ一般的にPOPでなんの問題もなく通じますが。

 

ではそのPOPなのですが↑wikiによりますと

購買意欲を上げるばかりか、

店内の雰囲気を良くする・口頭説明の補助となるなど

様々な侮れない利点があるようです。

確かに楽しげなPOPが効果的に店内に

散りばめられているお店などはそれだけで

良い店だ、という印象を受けますよね。
さてそのように利点の多いPOP、当然お客様の中にも

POPを作りたいというご要望をお持ちになるかたも

いらっしゃるわけでして、私どもとしては

出来る限りそのご要望に即したものを作るために

頭を捻るのですが、まあどうにも構造上難しいものも

ありまして、その一例をあげさせていただければ

1、極端に小さな幅の緩い曲線部分。

2、外側等打ち抜き加工時に刃が入る部分に隣接している部分に
幅の狭いデザインや色の帯などがあるもの。

といったものでして、まあ1・2共に

POP以外でも起こる問題ではあるのですが、

比較的小さいものや意匠の凝ったものになりやすい

POPを制作するにあたってはより問題になりやすい部分に

なりますので、よろしければ参考にしていただければと思います。
とはいえ、よくわからないままあーだこーだ考えても仕方ないので

依頼される所に「こんなの作りたい!」と遠慮なく

投げてみるのが一番でしょう(笑)

では、また来週。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ