パッケージメーカーの箱の構造や加工方法について

当HPでも何度か取り扱っておりますワンタッチ箱ですが
主な利点としては底部分にも糊貼りしていることから組み立て作業が簡略化できること。

また糊が付いている分強度が増していることにあります。
逆に問題点としては単純に他の貼り加工に比べて貼り箇所が増えることから
製造単価が上がることが主だったものになります。
後は形状的に貼り箇所が増えることからサイド貼りでなら貼れる形状でも
ワンタッチでは難しいというものもある。この辺りでしょうか。

私としてはやはり作業の簡略化という部分が非常に大きな利点として
お客様に好まれているような印象を持っております。

さてここで紹介しますのも、そのような考えから行われる「両サイド貼り」です。

これは弊社HPにある「蓋・身 式組立て箱」の展開図にある
左右の折り返し部分をあらかじめ糊貼りする貼り形式を指します。
両サイド貼りの図面を上手く入手できなかったので若干違いはありますが。
概ね下の図面のようなものです。

下↓こちらと      ↓こちらになります。

photo06-1

さてこの貼り加工は通常の「蓋・身 式組立て箱」では天地左右を折り返して
天地のフラップを巻き込んで折りたたんでと、
組立の手間がかかるものを左右がもともと貼られていることから、
その両方を立ち上げて天地を折りこむだけで済みます。
そのためワンタッチ箱と同じく組立工程を非常に簡略化できるのです。
ですので組立にかかるコストや時間を少なくできます。

ただし、糊貼り加工が加わるので
箱自体の製造単価が上がってしまうという点もワンタッチ箱と同じくです。

ギフト箱などで蓋身式のパッケージを使用しているけど
組み立て工賃や納期を短縮したいとお考えの
お菓子のメーカー様などには、この両サイド貼りがお勧めです。

箱の製造単価こそ上がるものの組立にかかる手間が減る分そこのコストが下がりますので
合計的にはそれほど差が出なかったりすることもあるようですよ。

というわけでして、今回は我々パッケージメーカーの提供できる様々な箱を
その用途に合わせていくつか紹介していきます。

パッケージメーカーの考える油分へのお勧めの構造

パッケージといっても実に様々な種類がありますが、
当ブログにおいても紹介しておりますように
様々な意図や用途に合わせて、色数も表面加工も貼りの形式も

最もそれに適したものを作ることが重要です。

さて、ここでは掲題の通り弊社にて製造しております
油分のある商品について、
それを入れる箱にどんな油分対策ができるのかを紹介したいと思います。

『たこ焼き用の箱のパッケージの表面加工について』

ということで、たこ焼きの箱を例に進めてまいります。

出来立てのたこ焼きを入れるわけですから
当然ながら油分やら湯気やらに対する耐性が求められます。

まずは、パッケージメーカーとして提供できる
耐油性や耐水性などを付与する方法としての表面加工や原紙を紹介します。

表面加工としては極薄の透明フィルムを貼りつける「PP貼り」や
耐油性・耐水性を付与するために施される「ハービル」
原紙としては製造工程においてそれらに耐性を持つように処理された
「TS」「TM」といった原紙があります。

これらの中から現在製造している
たこ焼きの容器として使用しているのは「ハービル加工」になります。

これを原紙の裏側(箱の内側のたこ焼きを置く側)へ塗布し、
たこ焼きの油や湯気への対策としております。

ハービルになった経緯としましては油分・水分に対する
耐性の持たせたかの差が一因としてあります。

「PP貼り」は油分・水分を弾くことで原紙への影響を抑えて
それらへの耐性を持たせている加工です。
弾きますので、湯気は箱の内側に溜り水滴となります。

この「水滴が着く」という現象が蓋をあけたときに蓋の内面に水滴が見えることや
たこ焼きに水滴が落ちることなどを嫌ったようです。

ハービルも弾くのですが、その性質の差からかある程度原紙に吸収しますので
問題となるほどの水滴は発生しなかったようです。

また、他に比べて単価が安かったこともやはり重要な要素だったのかと思います。

ところで、書いていて気づきましたが表面加工と言いながら
箱の内面に加工しておりますね。まあ箱の内面から見た表面ということで一つ(笑)

『たこ焼きの容器用のパッケージの貼り形式について』

さて表面加工や原紙の次は箱の構造での対策についてです。

初めにたこ焼きの箱として求められる構造とはどんなものでしょうか。

まず、組立の容易さとある程度重ね置きが出来ることがありそうですね。
さらに店頭で次から次へとたこ焼きを箱詰めするために
たこ焼きを充填する作業がより容易なものも求められそうです。

となりますと、注文がくる毎にトムソン式の箱などを組み立てるような
手間をかけることは到底現実的とは言えません。

また、たこ焼きは箱形状でいうところの「高さ」が非常に小さいことから
箱の「高さ」が低い方がより適していると言えるでしょう。

ということでこれらに対応した貼り形式といえば
当社HPにある四隅貼箱が該当するかと思います。

これは「高さ」が低く製造でき蓋の開閉部が大きく取れることから充填作業も容易です。
さらにあらかじめ四隅が貼られていることから
組立て作業もワンタッチで出来るうえにある程度の重ね置きも可能です。

では四隅貼りで決定でしょうか?いえ、もう一つ懸念材料が残っていますね。
それは、ここでのお題にある「油分やら水分に対する耐性」になります。

4隅貼の箱はその貼り合せる4隅が、それぞれ糊で接着しているだけであることから、
どうしても4隅から水分や油分が漏れ出してしまいます。

そのため水分や油分の多い商品、今回でいえばたこ焼きですが、
それを入れる箱としてはすこし不十分であると言えます。

そこで、それらを解決するための貼り加工が

「8点貼り」や「W貼り」と呼ばれる加工になります。

これは形状的にはぱっと見た感じ、ほとんど4隅貼りと変わりませんが
その貼り方は4隅貼りとは明確に違います。

どこか?と言いますと貼り合せる箇所になります。
貼り合わせている部分を展開図で示したとき、
箱本体から切り離されている部分が一切無いのです。

このため4隅貼りで問題のあった水分や油分の漏れが、そもそも離れていないことから
大きく改善されます。さらに切り離している部分が無いことと、
8箇所も貼り合せることから箱自体の強度も上がっており、
より多く重ね置きすることができます。

ただしこの貼り形状は汎用の貼り機械で出来るものでは無く
それ専用の貼り機械を使用しての加工となりますので
どこでも出来るということではありません。

パッケージメーカーにとってチョコレートの化粧箱の注文は既に…

バレンタインデーが近づきましたね・・・

しかし我々パッケージメーカーにとってはある意味既に季節はずれです。
なぜならバレンタインにチョコレートを売り出すためには
商品を撮影してカタログに載せたり、充填して店舗に送ったりと
様々な前工程が存在するために、それを入れる箱を今作っていると
イベント当日に間に合わせるのが非常に困難となるからです。

ですので基本的に企画のスタートはホワイトデーが終わるころから始まり、
夏の終わりには、設計、校正が一通り済まされ、
早いお客様は10月の声を聞くころから、製造指示が出始めます。

女性にとっては、大事な人に思いを伝えるチョコレート・・・
はたまた、義理の体裁を整える大切なイベント・・・(笑)

その思いはどうあれ、相手に渡す大切なギフト。
それを装う箱は中身以上に大切になったりもします。

相手に、可愛い自分を見せるのか、日頃のお世話に感謝を示すのか、
全く思いはないが、義理だけはきっちりと果たすのか…

ということでここでは、バレンタインのための箱についてお話してみようと思います。

『色でアピールする!!』

バレンタインのパッケージの色使いは、ある程度傾向がある様です。

先ずは高級感や大人を感じさせる色。
これはどちらかというと濃度の高い色となり黒色やえんじ色、
他にはこげ茶色等があげられますが、
これらの色は印刷表現でも
腕の見せ所となるところで、
単色の色表現で高級感を出すにはテクニックがあったりもします。

その一つは深みで、色の深見を出すためには濃度を上げ
なければなりません。

単純に100%の色表現をしても、それを2回刷ると200%になり、
濃度が上がり、深みがある色合いになります。

これは明らかに違いが分かり、高級感はアップされますが、
それ以上の3回刷りとなると、違いはあるのですが大きな差は出ない様な気がします。

余談になりますが、1度こんな経験をしたことがあります。

この差を利用して、黒1色の100%の部分と、
200%の部分で柄を作るというデザインで校正してみたのですが、
見る角度によると柄が出てくるのですが、
ほぼ黒ベタで透かしの様な仕上がりになってしまいました。

これは校正段階でNGが出て、100%の部分を90%にして、
非常に濃いグレーと黒200%の対比で柄を作ることになりました。

少し話がずれてしまいました・・・、元に戻して高級感を出す色表現以外では、
可愛さを出す色使いも多いように思われます。

これは、ピンクや薄い紫等のパステル調の色表現です。
どちらかというと暖色の色使いで、単色表現にアクセントをつけるデザインもあれば、
多色の組み合わと絵柄でデザインされているものも多く見受けられます。

女性らしい可愛さを表現するには、欠かせない色使いかもしれません。

ほんの一例となりましたが、昨今では定番から外れる色使いも見受けられますので
どれが良いとは一概に言えないのですが・・・。
送り手側の思いが伝わりやすい色、これが購入の決め手になるのかも・・・と思います。

そして、その色をより際立たせるのが次に書く、質感です。

『質感でアピール!!』

もしかすると、色いと同じくらい重要なのがこの質感かもしれません。
プレスコートやフィルム貼り、光沢のある表面加工は高級感がUPします。
これは、前述した濃度のある深い色合い表現を加速させます。

バレンタインのパッケージに限らず、化粧品の箱にも多く使われていますが、
送り手と受ける側、どちらにも特別感が湧いててくる・・・
それが高光沢な表面化加工で演出できるのです。

バレンタインチョコのバッケージには無くてはならない加工ですが、
この逆もまた正解で、マット調の表面加工を施すことにより、ギラギラ感よりも
しっとり感で、より落ち着いた大人の感じを醸し出すパッケージも多くあります。

先程の色使いと合わせて、淡いピンクの印刷にマットビニール加工することで、

可愛らしさと大人の落ち着いた感じを出し、文字は白の浮き出し箔押しで
印刷では出ない高級感を表現する・・・。
そういったパッケージを手掛けたことがあります。

加工が仕上がった時、ああ可愛いなぁ・・・と思っていたらバレンタインを迎える前に
完売となり、至急増産の指示が出たことを思い出します。

この様にパッケージが買い手に訴えるという事が、良くあるのです。

質感は表面加工における、光沢やマット感だけではありません。

際立った表面加工を施さず、ノーコート紙(原紙の表面をコートしていない紙)の
ナチュラルな風合いを大切にしているパッケージもあり、
この質感は自然体を表現して落ち着きとは違う、優しさを感じる事が出来ます。

パッケージの質感で、送り手側の気持ちも見透かせるかも・・・です!(笑)

『形状でアピール!!』

バレンタインのパッケージともなると、形状も色々とあります。

ポピュラーなのが組箱式で、これは身箱に蓋箱をかぶせるタイプで、蓋箱を開けると
並べられたチョコレートのデコレーションも見る事が出来て、取り出しやすが特徴です。

同じ組箱でも、貼り箱(中芯となる厚紙に薄紙を貼り合わせた箱)は、
単紙のトムソン抜きの組立箱と違い、箱の重厚感が出て高級帯の商品に多く使われます。

勿論、個包装されたチョコレートを入れてある
サイド貼りやワンタッチ底貼りの箱も多いのですが、

高級感という点では、組箱形式の箱に軍配が上がります。

またスリーブ形式の箱は蓋箱を開けるのではなく、
身箱をスライドさせて開けるというアクションで、
チョコレートが登場するというところがオシャレに見えるかもしれません。

それ以外にも、キュートなハートの形をしたパッケージ等もあり目を奪われます。

この様な異形状な箱は手貼りが多く、加工に手間が掛かるのですが、
中には機械貼りの箱もあり、どのような技術で糊貼りしているのだろか?と
箱屋さんの目で見てしまう商品もあります。

蓋を開けてしまえばチョコレートが主役ですが、
それまでに脇役のパッケージが果たす役割はとても大きく、
形状も重要なアピールポイントとなります。

バレンタインデーのチョコレート・・・
これは女性とっても、男性にとっても大きなインベントとなってきましたね。

当たり前の様に行きかうギフトだからこそ、
素敵なデザイン、特別感のある質感、

特徴のある形状にしたいのが、
送り手側の気持ちですよね!!

パッケージメーカーの考えるオリジナルな構造の化粧箱について

ここでのお題は『こんな形状できる?』という
お客さまのご要望にお応えしますというお話です。

では早速一つ目から。

_r2_c2

色々諸事情があり(お客さまのご都合もあり、詳しくはかけませんが)
40mmΦのボトルを47mm角の化粧箱に入れたい。ということでして・・・
かつ、ガタガタさせたくないと。
そして、もう一つの条件が、別パーツはNGという化粧箱の構造の要望がありました。

別パーツの仕切を作ったほうが、よりしっかりと動かなくすることは出来るのですが、
何故そんなご要望となったかといえば、やはり作業性の問題!

1つは、単純に作業詰め工賃がかかってしまうということ。
ただ、それ以上に、ライン上で出来ない。
(正確に言うと、ラインスピードをかなり落とさないと出来ない)

どういうことかと言うと・・・ボトルに中身を充填して→ボトルキャップを閉め→
外観検査→箱(化粧箱)詰め→重量チェッカー→最終検品&外装詰め・・・
そんな工程を1ラインで行っておられるので、その1工程のスピードが落ちると、
すべての工程をそのスピードに合わさないといけないということになり、
仕切を追加するだけのことでは済まないということなんですね。

で、最終的には先程の写真のような形状になりました。

まぁ知っている方は知っている。知らない方はご存じない(当たり前か!)形状ですね。

糊しろを伸ばして、再度折ることにより、ストッパーの役目を持たせるということです。

もちろん完璧とは申しません。少しはカタカタします。
しかしながら、何が一番重要なのか?ということですね。

それでは次の話に入ります。

かなり以前の話ではありますが、
当社で制作したワンタッチ底箱(?)についてです。

ワンタッチ底箱ですから当然、底はこんな感じです。

IMAG0381_r2_c2

ただ・・・全体を映すと、箱ではなく、ケース!になります。
何のケースかと言いますと、『ブレイブチキン』!!です。
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
某テレビ局の某プロデューサーさんからの依頼で作成したケースです。

マックのフライドポテトのようなケースです。wikiでも載ってないので軽く説明すると、
約20cm位の長さのスティック状のから揚げのようなもので、
某テレビ局と某メーカーさんが特許製法を用いて作り上げた食品です。

で、制作するにあたり、はじめてお台場の某テレビ局【あっ!バレた(笑)】に入って、
ウキウキしながら辺りを見回してしたのですが、
残念ながら、局アナは別棟の方らしく、全く知らない方々ばかりでした(笑)。

まぁ、そんな話は置いといて
・・・でも、非常に楽しかったですね。箱としてではなく、
食品を入れるケースのように使うという斬新さが!

油がにじまないように・・簡単に片手で持てるように・・・
ただの四角じゃ面白くもないし、見た目も・・・
かと言って、開口部が狭いと入れにくい・・・

というように色々な課題を1つ1つクリアしていき、形にすることはとても楽しいです!

また、この時は『マックポテトのように全国展開になったらどうしよう!!』という
夢も持てましたし。ということで、その全景がこちら!

IMAG0382_r2_c2
四角い頭を丸くする(何かできいたようなフレーズですが)。
いろんな発想で、今日も課題を1つ1つクリアしていきたいですね。

最後にパッケージのメーカーではありませんが、
構造にこだわりのある箱ということでiPhoneの箱も紹介したいと思います。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusが発売になったときの話です。

日本はもちろんのこと、全世界で大人気のこのスマートフォンですが、
なんと発売3日間で約1300万台も売れたとのこと。

脅威的な台数ですね。

Appleという会社は、製造する製品に対して非常にこだわりを持っているのは
皆さんもご存知と思います。
デザインから製品の精度の部分もこだわりが半端ではない会社ですね。

その為、Apple製品をこよなく愛する人をApple信者なんて言い方もしたりします。

かくいう私も実はiPhone6ユーザーです、信者ではないですが(笑)

さて、そんなiPhoneを購入すると当然、化粧箱に入っていますが、
改めてその化粧箱を眺めてみると、Appleは製品だけでなく
化粧箱にも、こだわっているのがよくわかります。

iPhoneの化粧箱は、「貼り箱」という箱の形状をしています。

貼り箱は、主に高級時計や高級ブランド品などに使われることが多く、
製造コストもそれなりにかかります。

貼り箱というのは、土台となる箱の展開寸法より少し大きな紙を用意し、
表面に紙を貼り付けて、余った部分を内側に折り込みます。

大抵の貼り箱では、内側に折り返した表に紙は、
箱の高さの途中までになっていることが多く、
箱の内側をみると土台となる箱に色と表の紙の色が違うため
内側に折り込んでいることが一目でわかります。

しかし、iPhoneの箱は違うのです。箱をお持ちの方は見ていただければ分かりますが、
折り込み部分が底まである為、内側も綺麗な仕上げになっています。

箱の整形についても、きっりちと90度にされた角など、
歪みの無い立方体で構成されており、Appleのこだわりの製品とわかります。

もちろんコストも相当なもので、日本で作ったら
1箱600円はかかるのでは、なんて試算もあるみたいですね。

もちろんロットや専用機械があるなど条件はいろいろありますが。

そんな、iPhoneの箱、おいそれと捨てられませんね。

iPhoneの箱のデザイン性・機能性・造形精度などこだわりは、
われわれ箱と製造する側にとっても非常に勉強になります。

結局のところ…

さて、ここまで弊社で製造しております箱(iPhoneはもちろん違いますが)について
その加工形状などの紹介をしていきました。

初めの方で紹介したたこ焼き箱に少し戻しますが、
油分や水分に対応し、かつ店頭での充填作業などから
紹介したような仕様となっておりますが、
別の得意先様でコロッケ用の箱も製造しております。

こちらも、当然ながら油分があり店頭で並べるのであるため
たこ焼き箱同様に8点貼りでいずれかの耐油性を持たせる加工を行うものが
良い選択のように通常は思いますよね?

しかしこちらでは箱詰めから食べられるまでが非常に短い時間であることと
箱自体が4個以上購入のお客様にしか使用しない。=使用頻度が少ないことから
より安価に製造できる地獄底箱にて、しかも耐油性も何も施さずに作っています。

このように油分があるとはいえ、そのパッケージの使用環境によっては
なにも全て8点貼りを使用する!ということでも無いようです。

やはりそれぞれのお客様からお話を伺い、真にご要望に合った箱を
製造していくことが基本的なことではありますが、もっとも肝要なのでしょう。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ