「未分類」の記事一覧

パッケージも考えて制作すれば・・・

    新商品を発売するにあたって、勿論商品そのものの魅力であるとか、効用、他社商品との 比較・・・、色んな意味で吟味され、商品化されていることと思います。 商品自体がいい出来栄えであれば、やはりヒッ・・・

チョコレートの箱の製造が始まります・・・

  バレンタインデーが近づきましたね・・・(笑) 我々包装資材関連の会社は、季節感やカレンダーの早送りです。 僕の担当しているお客様からも、そろそろ発注指示が掛かる頃です。 企画のスタートは既にホワイトデーが終・・・

新年 明けまして おめでとうございます!!

おめでとうございます!! 新年1回目のブログです! さて今年のお題は ”魅力ある” です。 ここ数年ヒシヒシと感じる事があります。 それは魅力ある仕事、魅力ある商品、魅力ある会社、魅力ある人・・・ 魅力が無ければお客様は・・・

お客様招待日のついて

今年最後のブログ更新当番です。 (ケイパックスタッフブログはもう少し続きます。) 今回は先週の木曜日、弊社にて実施いたしました、 お客様招待日についてすこし紹介します。 とはいえ、「工場見学会がありました」にて 弊社の工・・・

包材の生産も繁忙期に入ってきました・・・

11月も半ばを過ぎると、我々紙器の制作に携わる者は大忙し・・・、となるのですが・・・ いえいえ決して忙しくない訳じゃないんですが、何か忙しさが一昔前とは違って 来ている様な気がします。5年も前ならこの時期は、どのようにし・・・

宝箱のお話し

私には、小学校1年生になる息子がおりまして、 その息子が、先日、「宝箱見せてあげるよ」と 息子の宝箱を見せてもらいました。 宝箱の中身は、息子が大事にしている、ゲームや 子供用サングラスなど、おもちゃが一杯に入っていま ・・・

紙器の制作時に出来る余丁の話・・・

今週のお題は”余丁”です。 もともと”余丁”というのは製本の世界で、仕上がった部数が必要数を上回った時の 余りの意味です。大きな意味で余剰生産分、余った製品ということで、紙器の分野でも 受注数量より多く出来た箱を”余丁”・・・

面付けを多くすることのメリット・デメリット

  『面付け』とは、生産効率を高めるために 印刷材料となる紙の中に複数の生産対象物を 並べて一気に作業を進めるための割り振りのことを言います。   そして、一般的に、面付けを少なくすると単価が上がり ・・・

化粧箱の制作の相談を受けました・・・う~ん???

お得意様から化粧箱の相談を受けました・・・ ”客先で見せてもらった化粧箱で、表面がザラザラになっている・・・??? これは、表面加工?印刷技術?加工原紙????” なる質問でした・・・。 ”どんなザラザラですか?” ”う・・・

化粧箱は売れない商品か?

  『販売なくして利益なし』と言われるように商売においては商品(私共で言えば、化粧箱ですね)が売れて会社(事業主)に初めて利益をもたらすこととなります。   いくら良いものを作っても いくら安く販売す・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ