BOXの製作にあたって

こんばんは、鹿太郎です。

今回はBOXの製作における原紙の厚みの変更について
少し紹介したいと思います。

原紙の厚みの変更はより厚い方向への変更として
よくあることの一つとしては、企画の段階で箱の見積もりを取り、
作製されたサンプルに実際に梱包する商品を入れてみたところ
予想以上に頼りないとき等があります。
このときに箱自体の形状を、例えばキャラメル箱であったものを
地獄底箱にするということも一つの方法ですが、
強度をより上げるために紙の厚みを上げて
商品の仕様に耐えうるものにしようということもできます。

もちろん紙の厚みを上げることで強度もその分だけ上がりますので
よいことではあるのですが、問題点として厚みが上がると
その分だけ紙にかかる費用も上昇しますので
見積としても厚みが薄かったときよりも単価が上がります。
とはいえ、地獄底箱は組立に手間がかかるしワンタッチ底箱は
大体は紙の厚みを上げたこと以上の単価上昇になりますので
それもしたくない。といったことであれば紙の厚みを上げることを
検討されると良いかと思います。

そして、紙の厚みを下げることは
ほとんど上の例と逆のことで、商品に対して箱の強度が
求められている以上のものである場合では
紙の厚みを下げるという具合です。
そして厚みを下げると紙の費用が下がるので
その分単価も紙の費用が下がる分だけ下がります。

また、上記のように紙の厚みを下げるということは
製造費用の合理化を図りたいお客様にこちらから
提案させていただける事例の一つでもあります。
もちろん逆に商品に対して十分ではないと思われる
箱強度の物があれば、それに対しては紙の厚みを上げるという
提案をすることも商品の品質向上に繋がりますので
こちらも積極的に提案すべきと考えております。

ちなみに紙の厚みを下げたときの副産物として
紙の厚みが下がる=紙が軽くなる=商品が軽くなる。ですので
いままでは200梱包だった商品が250梱包になり
出荷の費用が下げられたり、梱包数が変わらなくても
軽くなった分取扱いが楽になったりと、
色々と良いことがあったりもします。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ