A-studio 吉田羊さん出演のエンディングを見て

先日、笑福亭鶴瓶さんが進行役を務める『A-studio』という番組の吉田羊さんが出演されている回をYouTubeで何気なく見ていました。

 

最近ではあまりテレビを見ないので吉田羊という方を存知上げませんでしたが、何かの関連動画として出てきたのをちょっと気になって見たんだと思います。(なぜ、最後まで見たのかさえ思い出せませんが。)

 

別の用事をしながらボーっと見ており、特に注目するでもなくただただPCの端っこの方で動画が流れている状態だったのですが、番組エンディングの笑福亭鶴瓶さんがゲスト(この時はもちろん、吉田羊さんです。)について自分視点での人間観察的なことをお話される場面になったときのことです。

 

日々仕事に携わっている一社会人として思いを新たにさせられる話を伺うことができたのです。

 

 

一生懸命に仕事をすることの素晴らしさ

human-efforts-92262_1280

私も存知上げなかったという吉田羊さんの知名度というものはそれほどではなかったのでしょう。(この段階で知らなかった私がかなり疎いのだとは思いますが。)

 

この吉田羊さん、芸暦は長く下積み時代がかなり長いそうなんですね。

 

そんな吉田羊さんですが、ある時、NHKのドラマに顔も画面に映らない端役で出演されていたのですが、このドラマの中でベッドで寝ている西田敏行さんと会話する後ろ姿(看護婦さんの役だったようです)を当時、ロケ中だった中井貴一さんが見付けて瞬時に心を奪われたとのこと。

 

その後は、ロケ中にも関わらず、スタッフを待たせつつもNHKの知り合いに電話して
「あの人は誰?」
ということで人物確認をしたということです。

 

それからは自分が出演するドラマの監督に
「吉田羊はいい役者。使って。」
とか、その他にも方々で吉田羊さんが良い役者であることを伝えて廻ったということです。

 

そして、この中井貴一さんの行動が吉田羊さんが売れるキッカケになったと。

 

このことから何が言いたいのかはお分かりかと思いますが、要は一生懸命にやっていれば必ず報われるということです。

 

ありきたりな感想になってしまいますが、それほどシンプルで分かりやすい現実が事実としてあったということですね。

 

 

見付けさせてくれてありがとう

flotsam-449570_1280

吉田羊さんはこのきっかけを知りつつも売れるようになってからも暫く中井貴一さんとは会ってなかったとのことですが、初めて会った際に
「見つけてくださってありがとうございます。」
というようなお礼の言葉を述べたところ、中井貴一さんから・・・

 

「こちらこそ、見付けさせてくれてありがとう。こんなことが本当にあるなんて。。。」
「こういうことが現実にあることを知らせてくれたことに感謝する。」
というような事を言われたそうです。
(すみません。うる覚えなのでこのようなニュアンスだったと解釈して下さい。)

 

また、この話を中井貴一さんが笑福亭鶴瓶さんにお話される時に
『あんな一生懸命に仕事をやって輝いている人やから、自分が見付けんでも誰かが絶対に見つけているよ。』
ということをおっしゃったそうです。
(カッコ内同情です。)

 

一生懸命に仕事をする人も素晴らしいですが、そんな一生懸命な人を見逃さずに見つける人も素晴らしいなと。

 

自身が自分の仕事に一生懸命に向き合っているからこそ、他所の一生懸命を感じる心が出来上がっているのだと思います。

 

自身が一生懸命にやっているにも関わらずその評価を得られないと嘆いているのであれば、それは自身の一生懸命さが足らないからではないでしょうか。

 

もしくは、それを見つけるべき人がまだ現れていないか?
いずれにせよ、一生懸命にやっていなければ見つけられるはずもないので、まずは目の前のことを一生懸命にやるということを身に付けたいものです。

 

 

北野武さんもおっしゃってました

clouds-429228_1280

目茶苦茶あやふやな記憶で走り書きしますが、北野武さんが監督をされている映画で超脇役で出演されていた俳優さんがおられます。

 

今では強面(こわおもて)の役柄では欠かすことの出来ない俳優さんです。(すみません。こちらも顔は頭の中に思い浮かぶのですが名前が分かりません。)

 

この俳優さんが売れっ子俳優になるきっかけになったのも、『一生懸命』にあるのですね。

 

北野武さんがある映画の撮影の時にカメラの中に全く収まらないところでも必死になって自分の役を演じているその俳優さんを見て
「あんな奴を埋もれさしたら俺は映画監督失格だよ。」
と言って、次の映画の時に大きな役に大抜擢したそうです。

 

先の吉田羊さんの話とは全く関係のない話ではありますが、やはり、見ている人は見ているということではないでしょうか?

 

前髪しかないチャンスの神様の話は有名ですが、チャンスが来たときにしっかりとチャンスを物にすることができるということは、いつチャンスが来ても良い様に、いついかなる時も準備万端、最高のパフォーマンスでもって事に当たるということですね。

 

だからこそ、チャンスを掴むことができると。

 

そんな価値観を当たり前のように持ち合わせたいものです。

 

 

ご質問のある方は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ