「2016年2月」の記事一覧

箱製作の単価にも大きくかかわる貼り工程の仕組み

厚紙に印刷⇒表面加工⇒打ち抜き等々の各工程を経て、化粧箱・パッケージを作成する最終工程が【貼り】になります。そして、まさしく上記画像が、この貼り工程で使用されるサックマシンと呼ばれる機械になります。   この『・・・

パッケージ制作の色んな限界の話・・・②

今週のお題は先週に引き続き”限界”です。 先週は加工可能寸法について書きましたが、補足的にミニマムのサイズも書きますと、 自社内印刷であれば400×550㎜が最少となり、前回お話さして頂いたL判800×1100㎜の 1/・・・

パッケージの素材や形状についてご紹介いたします。

先日、あるお客様と商談としている中で、 いきなり、御社で丸い箱って出来るの?聞かれました。 最初頭に浮かんだのが、球体のパッケージでしたので、球体はさすがに…。 とご返答をすると、いやいや円柱のパッケージをとのこと。 詳・・・

パッケージ制作の色んな限界の話・・・①

今週のお題は”限界”です。 限界というの大袈裟なのですが、制作上無理があるものがあります・・・ まずは以前にも書いた寸法ですが、当社の工場内と限ったことを言えば 印刷機を通る寸法が最大 715×1020㎜となります。 当・・・

紙箱制作において、校正による色合わせについて・・・

紙箱の制作にあたって、最初の仕事は設計データ作成です。 設計データと言いましても、紙箱の形状設計もあれば、印刷デザインもあります。 形状設計はサイズ感であり構造であるのですが、 その設計を寸法(数値データ)にして展開図を・・・

紙箱を作るにあたり用紙や規格から考えられること

先週ある得意先様との商談の中で 新版で肉まん用の箱のお見積り依頼をいただきました。 詳しく伺うとなんでもその得意先様が営業をかけている 中華屋さんがあり、そこがこの度新たに肉まんの店頭販売を 計画しておられるようでその為・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ