「2015年11月」の記事一覧

パッケージの品質としてのニス引きについて

前回は今まで当ブログ内にて紹介しておりました エンボス加工の、高級感の付与とは少し違う活用方法について、 私の趣味全開の話題を交えて紹介しました。 そこで今回もすでに何度か登場しております表面加工の一つ、 最も安価な表面・・・

包材の生産も繁忙期に入ってきました・・・

11月も半ばを過ぎると、我々紙器の制作に携わる者は大忙し・・・、となるのですが・・・ いえいえ決して忙しくない訳じゃないんですが、何か忙しさが一昔前とは違って 来ている様な気がします。5年も前ならこの時期は、どのようにし・・・

宝箱のお話し

私には、小学校1年生になる息子がおりまして、 その息子が、先日、「宝箱見せてあげるよ」と 息子の宝箱を見せてもらいました。 宝箱の中身は、息子が大事にしている、ゲームや 子供用サングラスなど、おもちゃが一杯に入っていま ・・・

化粧箱の打ち抜き(トムソン)加工について

  先週は『化粧箱の表面加工について』をお送りさせて頂きました。 前回までの【印刷・パッケージ 基礎講座】は下記の通りです。   ■ 化粧箱の素材となる板紙のややこしい計算基準について ※ こちらで原・・・

紙器パッケージの製造環境について

昨今、食品偽装や、食品の異物が混入していたなど 冷凍食品や、某ファーストフードで問題になったことは 皆さんもご存じと思います。 実際の購入した食品に、飲食に適さない薬品や異物が 入っていらた大変ですよね。場合により生命の・・・

化粧箱などパッケージの表面加工と高級感について

パッケージNAVIへようこそ。今回もパッケージ制作に関するお役立ち情報をお届けさせていただきます。まずはこんな話から。 先日、とあるお客様より化粧箱を作成したいとのお話をいただいた際の事ですが、「今回はコスト重視につき、・・・

デジタル印刷とは

  化粧箱を作成する際に使用するオフセット印刷の場合、 デザインデータから刷版(印刷用のハンコ)を作成し、 その版を印刷機に取り付けろことによって デザインを原紙上に再現していきます。   それに対し・・・

紙器の制作時に出来る余丁の話・・・

今週のお題は”余丁”です。 もともと”余丁”というのは製本の世界で、仕上がった部数が必要数を上回った時の 余りの意味です。大きな意味で余剰生産分、余った製品ということで、紙器の分野でも 受注数量より多く出来た箱を”余丁”・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ