1bit TIFFデータでの入稿について

パッケージ印刷を受けているなかで、
当社でデザインデータの作成をして
いる分もあれば、お客様から、デザ
インデータを御支給いただく場合が
あります。
同業者様からのお仕事の場合は、デ
ータ御支給が大半です。また、製造
メーカーさんや、販売会社さん、ま
た個人のお客様も、パソコンが普及
した昨今では、専用ソフトを使い、
デザインデータを作成し、御支給い
ただくことも増えてきています。
ネット印刷なんかも、必ずといって
いいほど、データ入稿の手引きが掲
載されており、データ支給での印刷
対応になっております。

通常、印刷データを御支給いただく
場合は、アドビ社のイラストレータ
ーもしくは、フォトショップ等で作
製した、アウトライン済みのaiデー
タもしくは、EPSデータを御支給いた
だくことが大半ですし、また、当方
からも、その形式でデータ出稿くだ
さいとお願いしております。

そんな中、あるお客様からご出稿いた
だいたデータの形式で、1bit TIFFで
入稿がありました。

1bit TIFFとは、TIFFのファイルでも
2諧調のTIFFファイルの事を言います。
つまり、1か0、オンかオフしかない
ということです。
1bit TIFFデータは、演算済み(RIP済み)
のデータで、印刷用のデータ(PS・EPS・
PDFなど)からスクリーニング処理(
網化処理・網点化処理)を行った画像
データのことを指します。このデータは
網点の情報を含んでいるために、変化し
ない最終データとして扱える為に、
デジタルフィルムなんて言われることも
あります。
あってはいけないことですが、aiデータ
で入稿した場合、製版処理をしたさいに
文字が化けていりたり、文字が抜けて
しまったりすることがあります。その
為に、必ず、処理後データをデジコンや
プルーフ、またはPDFなどで入稿元データ
ないようと間違いがないかを確認している
訳です。
そのようなデータと間違いが起きないよう
に1bit TIFF形式でデータをご出稿して
いただきた分けです。

ただし、変化しないということは、変更や
修正も出来ないということですので、
出稿いただいたデータで、色目を調整したり
文字に位置や内容の変更もまったく出来ない
ということになります。

印刷データ支給と一言でいっても、色々な
データ形式がありますので、出稿の際は
データ作成ソフト(バージョンも含め)と
保存形式等を明確にしていただけばと思います。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ