(続)お客様のために『化粧箱を売る?』

customer-1253483_640

今回は、お客様のために『化粧箱を売る?』からの続きとなります。
ということで、ちょっとおさらいを。

お客様が欲しているものを、自社で所有してない場合、
例えば具体的に言うと・・・我々箱(印刷紙器)屋さんが
お客様のために、『ビニール袋』を手配するとした場合
・自社を通して(外注手配して)販売しますか?
・お客さまに『ビニール袋』屋さんを紹介しますか??
ということでしたね?

201511282

ズルい!と言われることを承知で言いますが(笑)
これも『お客様に選んでもらう』というのが正解だと思います。

自社を介在させるということは、当然そこで中間マージンが
発生するので、直接取引されるのに比べれば、当然
コストはUPします。
ので、中間マージンがなくなることで、仕事が成立するの
なら、喜んでご紹介すべきではないかと思います。
そうすれば、きっと何か違う案件でお返しして頂けるでしょう。
give and take とはよく言ったもので、決して take and give
ではないということですね。

ただ、中間マージンをお支払頂けるような努力は必要です。
中間マージン分のコストを、協力会社に抑えてもらえるように
仕様を変えるだとか、段取りを整えるだとか、ひたすら
お願いするだとか(笑)も、もちろん、その努力の1つだとは
思います。
しかし、それ以上に『多少高くなっても〇〇君に任すよ』と
言ってもらえるだけの価値を見出すことに、より努力を
していかなければと思います。

そして、出来うることなら後者が理想です。

どこまでお客様の立場にたって、どこまでお客様のために
なることが出来るか?そして、それによってお客様から
信用・信頼して、お仕事をご発注頂けることが、本当に
win-win の関係なのではないかと思います。

201511283
今日はクリスマス・イブです。
大事な人(お客さま・家族・友人・恋人)を想う気持ちを
大切にしたいですね。
ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ