貼り工程(グルアー)の仕組み

005
厚紙に印刷⇒表面加工⇒打ち抜き等々の各工程を経て、
化粧箱・パッケージを作成する最終工程が【貼り】になります。
この『貼り』については、色々な呼び方があります。
・グルアー
・製函
・糊貼り
・サック貼り

ちなみに、この貼り工程で使用される機械はサックマシンと
呼ばれる下記画像の機械になります。

005

この弊社スタッフブログ内でも何度か、ご紹介させて頂いて
おりますが、弊社では『お客さまご招待日』という日を年4回
設けて、当工場をご見学頂いているわけですが、お客様が
足を止めて・一番興味深くご覧になられるのが、この『貼り
工程』になります。

箱を開いた形状のものが、機械上を流れながら、折られたり
貼られたりしていく様子がよく見え、工作のように原理は
分かりやすいので面白くご覧頂けているものと思います。

しかしながら、この貼り工程は、製品1つ1つ形状が異なり
ますので、ガイドの巾調節等々、その都度微妙な調整が
必要になります。また、コスレ傷等々出やすい工程でも
ありますので細心の注意が必要です。

また、糊付けもガン(噴射式)タイプの場合は、高速に流れる
ブランクにピンポイントで当てなければいけないので、これも
タイミング調整等々が必要です。
※【ブランク】とは、打ち抜き後の展開状態のものを言います。
※糊付けにはその他にコロを使った転写タイプの塗布もあります。
※材質・表面加工により糊剤も選定が必要です。
そして、貼り工程の中でも一番最後に圧着部分があります。
これは、2つのベルトコンベアを上下に積んだようなものの
間を一定時間を掛けて通過させます。
ブランクに糊を付けて貼り合せたものでも、すぐには引っ付
かないので、一定時間圧をかけて行くことで密着させるためです。
正確に言うと、この段階では完全に密着しているとは言えません。
が、時間の経過とともに貼り強度が増し、納品までには密着して
いる状態となります。

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ