菓子箱等の作成時に表面加工は重要なポイント!

以前、トレーの制作にあったっての表面加工の重要性を書いたことがあるのですが、

それは機能としての表面加工の重要性で、一般的な洋菓子の箱の表面加工には表面保護の面と

デザイン的な面の両側面で重要になるというお話を少し・・・

まず表面保護の役割としての表面加工は、印刷の色落ち、輸送キズからの保護、商品陳列時の

汚れ防止等で必要となり、もっと簡単な方法として印刷によるニス引き、次にビニール引き

そしてフィルム貼りという順番で印刷面を保護出来る程度が高くなってきます。

単に表面保護だけであればニス引きが安価で商品コストを下げれるのですが、商品によっては

たくさんの人の手に触れたり、他社商品との差別化を図らなければならなかったりして、

その必要性で選択されます。このことについては、また別の機会にゆっくりお話ししたいと

思います。

今日はもう一つのデザイン的な面のお話を・・・

表面加工でデザイン?

そう、その表現は色々とあります。

高級感を出す目的で、プレスコート(非常に艶のある加工)やフィルム貼り。

表面保護だけではなく、商品の訴求効果を高め他社商品との差をつける事が出来ます。
ワンポイントのアクセントを強める箔押し。

金箔、銀箔の質感は印刷では表現しきれません、ここを強調したい!この商品名を推したい!

という時には大きな効果を生んでくれます。

そして安価なニスでも使い方ひとつで、デザインとしての表面加工になるのです。

それは、マットとグロスの使い分け、一般的にニスのグロス感は他の表面加工より落ちるのですが

それを補う為に、際立たせたいグロスニスの部分以外にマットニスを引くのです。

すると、光沢性のあまり高くない表面加工としてのグロスニスがマットニスとの対比で

浮き上がってくるのです。しかも印刷加工内で出来る低コストの表面加工として・・・

これも立派なデザインといえるのではないでしょうか・・・、この様なデザインも含めて

当社只今、”新規お取引様先着20名様デザイン無料キャンペーン!”中です。(笑)

詳しくは先週さるけんが書いておりますので、そちらの方をどうぞご覧あれ!

デザインって色々頭を使わないといけない上、費用が高くついてしまいがち・・・

はっきり言って”お得です!!!!”

ご連絡お待ちしております!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ