菓子箱を製造したのですが

こんばんは、鹿太郎です。

以前新規のお客様から菓子箱の製造をしたい
というご依頼をいただいたときのことなのですが、
とにかく箱について何も知らないので色々教えてほしいと
仰られておられたので、当ブログにも度々登場しております
キャラメル箱・地獄底箱・ワンタッチ底箱のサンプル等を
お見せしてどのような形式にしようかと打ち合わせをさせていただきました。

そこから実際製造にかかるまでの顛末が、今思い返してみると随分各箱の特徴に沿った話でして…

まず初めは組み立てにかかる手間賃と内容物が少し重めのものであったことから
ワンタッチ底箱を希望されたのですが、どうもお話しを伺うに
生産数量が少なくこれでは手間賃の合理化に対する箱の製造単価が
割に合わないということになり、
地獄底箱ならば組み立ての手間こそ増えますが底強度的には十分であり
製造単価も抑えられるのでこちらの方が良いのでは?
という話になり、地獄底で決まりかけたのですが
実際に寸法サンプルをお持ちして組み立ててみていただくと
やっぱり組み立てにくい。とボツになってしまいました。

さてそうなると残るはキャラメル箱なのですが
これでは底の強度面に不安が残ってしまうので
組み立てて、内容物を入れた後に底面にシールを貼る必要があり
わざわざ箱単価を抑えるためにキャラメル箱にするのに
追加でシールを購入のもどうなのだろう、と思っていたのですが
結局市販のセロハンテープで対応されることになり
キャラメル箱を採用いただきました。

と、こんな話があったなあ~、と思いながら
当ブログを色々眺めているとそれらのことも含めて
箱の形状について説明しているページを見つけましたので
下記にそれぞれのリンクを貼っておきますので
箱の形状の説明やその利点等に興味のある方は是非ご一読下さいませ。

「パッケージ 制作 - キャラメル箱について」
「パッケージ 制作 ー 地獄底箱について」
「パッケージ 制作 - ワンタッチ底形式箱ついて」

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ