パッケージの耐油性のテストをします。

microscope-275984_6401

今回はサンプル作製のあたっての話を紹介します。

先週ある得意先様との商談の中で
新版で肉まん用の箱のお見積り依頼をいただきました。

詳しく伺うとなんでもその得意先様が営業をかけている
中華屋さんがあり、そこがこの度新たに肉まんの店頭販売を
計画しておられるようでその為の見積もりであるとのこと。

完全に新しく始めるということもあり、
まず原紙を何にするかという部分からの打ち合わせになりました。

箱詰めする商品が出来立ての熱々な肉まんであること、
つまり湯気や油分がでる商品であるということなので
一般的な板紙のカードBなどではすぐに湿気や油で
ベコベコした箱になってしまうであろうことが想定できますので
であればどんな原紙や加工を施すべきでしょうか?

ということでその時に話に上がったものを挙げていきますと…
新耐油紙K・エコバリーK・カードB、及びそれらにハービル加工を施したもの。
の6種類が候補にあがりました。

新耐油紙KもエコバリーKも原紙の裏側、
つまり箱にした際に内側になる部分に水分や油分に耐性を持たせた原紙ですが
その耐性の持たせ方に少し違いがあるようで
新耐油紙Kは油分等を吸収し、しかし紙が弱くならないようになっており
エコバリーKは油分等を弾くような構成になっておるようです。

またハービル加工とは表面加工の一種で
水性のハービルコーティングニスを塗布する加工になります。
細かい説明は省きますが要は耐水・耐油性を上げる加工です。

ある程度時間的に余裕のある案件なこともあり
実際に上記6種のサンプルを作製し先方に試していただき
最も希望にあうものを選んでいただこうという話になりました。
(初めに否定したカードBもこっそり入っております、
価格的なメリットがもっともありますので。)

新耐油紙KやエコバリーKは元々耐水・耐油性を持たせているので
さらにハービルを塗布してどこまでの効果があるのかは正直不透明ですが
私も試したことの無い話ですので結果がどうなるのか楽しみな案件です。
明日提出予定ですので、時期があえばその結果も紹介したいと思います。

…ちなみに上記の原紙の価格ですが、
エコバリーK>新耐油紙K>>>カードB
という感じの価格差になっておりますので
今回のサンプルの中では一番お求めやすいのは
カードB、次いでカードB+ハービルという構成になります。
製造ロットや箱の大きさなどの条件次第では新耐油紙Kが
カードB+ハービルより安くなる可能性はありますが
ご参考までに。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ