紙器製作に欠かせないパレット・・・

今日はちょっと変わったお話で・・・”パレット”について・・・

パレットって何かご存じですか?

そう、段ボールの箱詰めた商品をまとめて移動出来るようにする荷役台の事です。

スズキの車や絵の具をのせるアレとは違います(笑)

このパレットは我々印刷業には無くてはならないアイテムの一つです。

これが無ければ原紙を移動出来ませんし、出来たとしても凄く労力と時間が

掛かってしまいます。さすればこのパレットはどの様に調達しているのか・・・

大手の印刷業社さんであれば、自社で作っておられる所もあるようですが、

一般的には原紙購入する際にこのパレットの原紙は積まれてきます。

印刷が終わった後に次工程に移動するのも同じパレットを使い、それが次へ次へと

加工していく度に同じようなサイズのパレットにのせられて移動していきます。

最終に自社トラックで配送する際にも利用し、そのまま納品する事もあれば

商品だけ納品しパレットを持ち帰る事もあります。

よく目にするのは木製のパレットですが、樹脂製のパレットもあり仕様によって使い

分けています。普通の商品であれば木製のパレットで問題ないのですが、

この木製という部分に問題がある場合もあり、それは臭気であったり、

材木に入っているかもしれない虫であったり、環境問題であったり・・・

樹脂性のパレットでなければならないお客様も多いです。

この場合はお客様の専用通いパレットを使う事が多いのですが、木製のパレットは・・・

上記の様に原紙メーカーのパレットがほとんどです。

・・・んっ???

パレットの所有権は誰にあるの???

それは原紙メーカにあり、基本的には返却するのがルールなのですが・・・

それには経費と時間がかかってしまい、結局は返却したところでそれを再利用して

製造原紙をのせる事は少ないと思います・・・。だけど森林保護や環境問題の観点から

それではいけない!!・・・と考え直されているようですが・・・

現状は・・・・、・・・・・・・のようです。

時々パレットを見て下さい、〇〇〇所有  ご返却下さいますようお願いいたします。

と焼印をしてあるパレットがありますから。

色んな意味でこの”パレット”をどの様に使用していくかを考えると、新しいビジネスチャンスが

あったりして・・・。 ちょっと考えてみようかな・・・(笑)

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

koushikihp

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ