箱を製作する時の型について

6952222277_c3a1efcf47_z

 

箱(トムソン箱)を製作には必ず木型と呼ばれる型が必要になり、
ロングセラーの商品では数十年も同じ木型を使用することもあれば、
たったの1回の使用だけで終わる木型もあります。

 

木型とは印刷後の刷本に対して(印刷なしの無地の場合もあり)
設計した箱の展開図の形状に抜き上げる為に必要な抜き型のことで
木の板に折り曲げるための『罫』と裁断するための『刃』埋め込んであります。

 

この木型の品質と機械にセットして調整するオペレーター(機械職人)の技術によって箱の外観の仕上がり精度が変わってきます。

 

今回は、この木型についてお伝えしてまいります。

 

 

木型はどのように作られるか?

冒頭でも申し上げましたとおり、木型はベニヤ板に罫と刃を埋め込んだものです。

 

まずは木型の土台となるベニヤ板を用意しなければいけないわけですが、このベニヤ板のサイズは、この木型をセットする機械の有効範囲内で調整することになります。

 

材料コストの観点から言うと、機械にセットできる範囲内で、且つ、刷本の抜き加工に必要な最小サイズであるのが望ましいのですが、

 

この木型を使用する観点や管理する観点から考えると、何パターンかのサイズで統一することで見えないコストが抑えられます。

 

そして、このベニヤ板に罫や刃を埋め込む溜めの溝を彫るわけですが、これは設計されたデータをそのままパソコンから機械に送り込みレーザーカット(溝切)し、罫と刃をその溝に埋め込みます。

 

この時の罫や刃も先ほどのデータから別の機械に取り込み機械で自動で折り曲げカットしていくのですね。

 

以前はこれらの折り曲げ作業や切断は手作業で行われていました。
ベニヤ板への溝切りも十数年前は手作業で糸ノコギリで彫っていたのですよ。
今では品質上からも考えにくいですが。

 

とは言え、細かい仕上げ部分に至っては今なお手加工が必要とされる部分もありますので、まだまだ手作業に頼る技術は手放せません。

 

 

木型の管理はどうしてる?

木型は1回で使い切りというものではなく、保管しておくことでリピート時には同じ木型を利用して新たに木型の作成をするということはありません。

 

とは言え、使用頻度によっては消耗していく部分もありますので時には『刃替え』と言って罫や刃を入れ替える作業を行います。

 

おおよそ10万ショットが目安でしょうか?

 

ということで、長い間使用している木型は何度となく切刃の交換をして木が朽ちるまで使い続けるのですが、これが各お客様ごとに長い年月ため続けると、その量がとんでもないことなってしまいます。

 

定期的に不要になった木型を整理するも、時にはトラック1台満載になるくらいの不要木型が出て参ります。それでも保管木型のほんの極々一部なのですが。

 

新しい形状の箱を作成するときには必ず木型を作成し、特にお客様のご要望がなければそのまま保管することとなります。

 

初回に頂く木型代とは別に特に保管料などは頂いておりませんが、原則として保管期間の設定はしております。

 

しかしながら、商品によっては長らく動かないけれども忘れたころに再販が・・・
なんてこともあるわけで。

 

かような場合においての木型の保管の問題が浮上するというわけです。

 

お仕事を頂戴する上で箱の作成に必要な木型をお預かりするのは必要なことである一方で、木型の保管にも一定の管理コストがかかることも事実としてあります。

 

だからこそ、お互いが納得できる範囲で協力していく姿勢が必要であるとも思います。
それこそがビジネスパートナーだと思いますので。
(お客様をビジネスパートナーと呼ぶにはおこがましいという意見もあるでしょうが。)

 

とにもかくにも、まずは品質のよい箱を作ること、その上でできる限り低コストで木型の管理をすること、この2つを両立させることこそが重要です。

 

 

既存木型の有効利用はできるか?

既存木型を利用した新規商品の制作についてですが。

 

よくある既存木型の流用はまったくの同木型を使用したデザインの差し替えのみの流用で、この既存木型の利用法はご存知だと思います。

 

これとは違いギフト箱などでよくご相談のあることですが、外側(蓋・身)はそのまま利用したいが中に入れる商品が違ったり、入れる数量が違ったり、はたまた、複数の種類のものを入れたりと複数パターンの入れ方を共通で利用したいというものがあります。

 

もちろんまったくその新商品のために作られた寸法ではないので、入れづらさや作業の難さはあるのかもしれませんが充分許容される範囲のものであるならばわざわざ木型代を払うよりは・・・
と、そのまま流用したり、中の仕切りのみ作り直すことで作業性とコストとの選択から、既存木型を使用されたりします。

 

いずれにせよ、現状の木型の作り方や印刷の仕様などによって、少し手を加えてでも既存木型を流用した方が良いのか?それとも新たに木型を作成した方が結果的にクオリティの高い商品、安価な商品を作ることができるのか?が異なりますので都度ご相談いただくというのがベストです。

 

もちろん、ご相談がなくともこちらで最適な加工方法が見付かればご提案差し上げます。

 

 

ということで、箱を製作する時の型のついてお伝えいたしました。
お客様にとっては直接目に触れることのない(少ない)ものではありますが、箱を作成する上でなくてはならいものでもありますので少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ