箱・パッケージ販売会社でも外装段ボールは必要です(笑)

こんにちは、さるけんです。

我々はいわゆる『箱屋』さんですが、『箱』を売る
にも『箱=外装』は必要です(笑)。
ということで、本日は段ボールについて少し・・・

【まずは、その『厚み』から】

段ボールを見ると各々厚みが違うのをご存知ですが?
たまたま、作成するたびに厚みが前後するわけじゃないんですよ。
配達用によく使われる外装箱にはA段(Aフルート)が多く、
約5mm厚。外装の中に入れる中箱が必要な時や・
比較的軽いものにはB段(Bフルート)、約3mm厚。
(とっーても重いものや大きいものには上記2種を
貼り合せたような構造になっているAB段で、
約8mm厚・・・これはW段とも言います。)
中箱・外装箱ではなく、個装箱で、割れ物やギフト箱には
E段(Eフルート)、約1.5mm厚。
そして、板紙よりもシッカリしていて、でも、E段ほどは??
というときには F段(Fフルート)1mm厚 や G段(Gフルート)
0.8mm厚 もあります。

【次に、その構造を】

断面を見ると分かると思いますが、ライナーと呼ばれる
両面の間に、ナミナミ形状の中芯があり、計3層構造に
なっております。

で、ライナーには大きく分けて『Cライナー』と『Kライナー』があり、
『Cライナー』は古紙を多く含んでおり、安価ですが強度的には
『Kライナー』より劣ります。
Cライナーのなかでも一般的なのが『C5』で、160g~180g/㎡です。
『Kライナー』は十分な強度があり、『K5』が一般的で180g/㎡ですが、
それより強い『K6』210g~220g/㎡、
さらに強い『K7』260g~280g/㎡もあります。

【最後に形式(形状)】

発送用でよく使用される形式を『A式段ボール』と呼びます。
『みかん箱』といえば分かりやすいでしょうか?
主に外装段ボールとして使われ、抜き型などを使用せず
作成可能で、生産性もよいため、コスト的にももっとも
安価な段ボール形式になります。

天面の蓋が差し込み式になっているものを『B式段ボール』
と言います。底面については、底組みになってるもの、
ワンタッチ底になっているもの、はたまた天面同様差し込み
蓋になっているもの等々いろいろありますが、
とくに底の形状にかかわらず、天面が差し込み蓋形式に
なってるものを『B式』と呼びます。

『かぶせ蓋』と『身(商品を入れる方)』の2パーツに
分かれるタイプのものを『C式段ボール』と言います。
『C式』にも色々ありますが、一般的には組み立て式で
サイド面が2重になりますので、丈夫で、何度も開け閉めできる
再開封性に優れてますが・・・コスト的には高いです。

そして、『N式段ボール』・・・これは簡単に言えば、
『B式』+『C式』です。。。。。う~ん、説明が難しいですが、
『C式の身箱の1辺が伸びて、そのまま差し込み蓋になった
タイプ』と言えば、分かりやすいでしょうか?

以上です。いや~、しかし段ボールって、
本当にAだのBだのアルファベットが多いですね。
英語が苦手な私にとっては、覚えるのも一苦労です。
・・・ちなみに、地理も苦手です。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ