短納期で化粧箱を作成するにあたり

見積もり段階や校了段階などでよく聞かれることがあります。
「どのぐらいで納品できる?」かと。
もちろん発注する側からすれば至極当然の質問かと思います。

製造にかかる期間が具体的にわかっていれば、
商談するにあたってデッドラインを意識して話を進められますので
後々困ることが減るというものでしょう。

さて、では実際のところどのぐらい期間が必要になるかといいますと、
当社HPにも書いております通り、個々の条件やそのときの工場の具合などによって
大きく異なってはきますが、
通常は製品仕掛かり、正式な発注の受諾より10日~20日間位となります。

どうしても急ぎで納品しなければならないような場合には
それぞれ相談に応じてもっと短納期で仕上げることもありますが
毎回毎回うまく短納期で仕上げられるかと言えば、難しいと言わざるを得ません。

まして工程の多いものになればなるほど、納期調整は難しくなります。当然ですが。

そのため、商品の売れ行きや時期などを見定めて
必要になってくるであろうと予想される10日~20日前には
ご発注をいただきたい。ということになります。

しかし商品によっては突然大量に注文が来たりするものなどで、
その辺りのタイミングが上手く読めないものもあるかと思います。

そうなると毎回短納期での発注ということになり
間に合うか不安を感じながらの、あまり精神的によろしくない状態になります。

そこで毎回の発注から少しでも短納期で仕上がられるように
仕様の上で考えられることを紹介したいと思います。

短納期で化粧箱を作成するにあたって~印刷~

オフセット印刷を行うにあたって納期を早くしやすくする方法として
ひとつはなるだけ一気に加工が出来るように印刷色を汎用的なものとする、
もしくは何点かを同時発注するような商品であれば共通の特色を使用する。
もっと言えば色の具合を同じようにする。などがあります。

印刷色を汎用なものにすれば、他のレギュラー4色を使う商品の印刷を終えてすぐに
インキを変えることなく印刷にかかれますのでその分の無駄がなくなり全体の加工速度が上がります。

そのため、○日にレギュラー4色を使って印刷するから
その日に一緒に印刷しよう。というようにセットで印刷されやすくなります。

次の、同時発注する商品であれば共通の特色を使用する。というものも
同じ考え方でありつまりはインキを変える手間が少ないほうが
同日にはめ込みやすくなるので、結果的にちょっと早くなりやすいということです。

また依頼をかける印刷業者の印刷機を知っておくと良いでしょう。
例えば弊社では5色印刷機がありますのでR4色+何か(特色やニス等)が可能ですが、
もし6色以上使う印刷であれば弊社で加工する場合は印刷機に2回通しての加工になります。

油性インキでの加工であればインキを乾燥させる必要もありますので
印刷一回目→乾燥(1日~)→印刷二回目となります。
UVインキであれば速乾しますので同日中に印刷も可能ですが
こちらはこちらで単価的に油性インキよりも上がりますので
難しいところでもあります。

そのため印刷業者の印刷機が何色対応のものかを知っておれば
先方さんが6色以上を提示されたときにその場合は納期ももう少し余裕がほしいと、
その場でお伝えすることもできますので
それだけ得意先さんとの商談などもスムーズに行えるかと思います。

最後の色の具合を同じようにする。というものも
つまり各色の具合が同じものであれば、1台目と続けて2台目を印刷するにあたっての色の調整が
まったくの0から調整するよりも早くなるので先の二つ同様に連続性を持って印刷ができます。

短納期で化粧箱を作成するにあたって~表面加工~

印刷が済めば次の工程です。すなわち表面加工についてです。

表面加工で基本的に1番早く加工できるものはニスになります。
先の印刷のところで出ておりますがニスは他の表面加工と違い
インキと一緒に流しますので、印刷すると同時に加工ができます。

基本的にと書いたのも先の通りで、ニスを加えることで
もし印刷が2回通しになり、余分に1日以上必要となるのならば
他の表面加工でも加工日程的には変わらないこともあるからです。

さて、では他の表面加工には日程的な差があるのでしょうか?

例えばビニール引きはプレスコートやPP貼りに比べて工程が少ないことから
早く仕上がりやすいです。

また、ちょっと特殊(というほどでもありませんが)なもので
水性コーター機を使用した表面加工もあります。
これは印刷機に備えられているものですので
これを使用した表面加工は当然印刷と同時に加工できますので
表面加工の工程がその分短くすみます。

他にもエンボスの柄などもあまり使用されないものの場合は
ある程度数量がまとまるのを待っての加工になりますので
その分加工待ちの時間が増えやすくなります。

ということで少しでも納期を短くするための加工の紹介でした。
他の工程に関してもまた紹介していきます。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ