様々な箱の製作~ワンタッチ底箱編~

さて、不定期シリーズ「様々な箱の製作」

第3弾はワンタッチ底箱です。

ではでは、おなじみのワンタッチ底箱って?はこちらへ。

今回は地獄底箱と打って変わって組み方はとても単純で

倒れた状態の箱を起こすだけです。

前回までのサイド貼りに加え、底部分にも2か所

糊貼りをおこなっていることからこのように一動作で箱にできます。

そして一動作で箱になることからワンタッチ底箱と言うようです。

また、この箱は他にも横底貼り箱とも呼ばれており、

これの理由は既に書きました通り横と底に糊貼りを行うためです。
さて、ではこのワンタッチ底箱=横底貼り箱の利点としては

1、組立が容易である。

既に書いてある通り倒れた状態から起こすだけでいいので

組み立てにかかる手間がキャラメル箱や地獄底箱などよりも

少なく、作業効率を上げることが出来ます。

2、底面の強度が高い

これまた既知の事柄になりますが、

底面が糊貼りされておりますので、当然糊貼りがなされていない

キャラメル箱・地獄底箱よりも重い商品を入れることが出来ます。

ただし、性能が良い分コストはサイド貼りよりも高くなってしまうので

そこは要検討になるかと思います。

高くなる理由は…

底にも糊貼りを行うからです。とても単純。

他の印刷工程やトムソンの抜き工程に対しての影響は

まったくありません。

というわけで、作業工程の効率化や重い商品を詰める必要がある場合など

サイド貼りに対してコストアップ以上の利点がある場合には

このワンタッチ底箱をご一考下さい。

 

 

 

One Response to “様々な箱の製作~ワンタッチ底箱編~”

  1. […] よくご存じの、箱を起こすと一緒に底が出来上がる ワンタッチ底(横底貼箱)のように、これは箱を起こす […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ