既製品化粧箱とオリジナル化粧箱の違いを知って上手に使い分け!!

wakaremichi_woman

お客様から、聞かれることなのですが、
「御社で既成の箱はどのようなものがありますか?」
「既成品の箱の寸法を教えてください。」
「既成での保有型はどのようなものがありますか?」
「サンプルで紹介した箱を既製品として販売は
されていますか?」などと
お問い合わせをいただくことがあります。

当社は、オリジナル化粧箱のパッケージを
取り扱っておりますから、既製品として
化粧箱は販売していないんです。また
保有している型については、それぞれお客様からの
オリジナルでの型なので、流用は出来ない旨をご返答
させていただいております。

では、既製品の化粧箱とはどのようなものに
なるのでしょうか?
既製品の箱といえば、100円均一や、ホームセンター
ファンシーショップなど販売していますし、
また、インターネット通販でも販売をしています。
特に最近では、既製品の化粧箱のネット通販が
増えてきていますね。

 

1、既成品の化粧箱とは?

基本的には、化粧箱には、規格寸法というのはありません。
たとえば、用紙なんかですと、規格寸法として、A4、A3、B4、B3などがあります。
コピー用紙なんも規格寸法ですね。

しかし、こと化粧箱・パッケージにおいては、規格寸法の箱はありません。
既成品として販売されている化粧箱はその販売元が、
独自に寸法・用紙・形状等を企画し製造しているのです。

ケーキ用の化粧箱なんかは既製品が多くありますね。
何号箱というようにある程度、ケーキのサイズがありますから、
それに見合った寸法を想定し、作られています。

お酒などの1升瓶等、ある程度容器の形状・寸法が
決まっているものも既製品として規格化しやすいと思います。

製造・販売元が、化粧箱を製造する際の版代・型代をかけて
ある程度ロットをまとめ、製品を製造し
それを既製品として販売しているわけです。

ですから、ちょっとオリジナルの印刷(商品名や社名)を
追加したいといっても、対応が出来なかったり、
お店で販売している既製品はもちろん出来ないのですが。
名入れ等で費用が余分にかかったり、最低ロットの決まりが
あったりします。

ただし、あとからシールやラベルを貼ることで、用件を満たす
ことも可能と思います。

2、オリジナルの化粧箱とは?

弊社ケイパックがメインに製造・販売をしている化粧箱です。
オリジナル化粧箱のパッケージです。

オリジナルとは、箱の寸法・印刷やホットスタンプによる表現、
箱の形状、また材質や表面加工など、1点1点、中の商品に適した
組み合わせにて、つくる箱になります。

ご依頼先さまからのご要望をお聞きし
最適な化粧箱と作ることになります。

オリジナルで化粧箱を作る際には、版代・型代がかかることになります。
ただし、他の同じもののない、中に入れる商品にぴったり合った
独自(オリジナル)の化粧箱を作ることが出来ます。

また、形状も自由に設計できますので、目を引く形状の箱や
使い勝手の良い箱などが出来るのです。

3、既製品化粧箱とオリジナル化粧箱のメリットとデメリット

既製品の化粧箱のメリットとデメリットについてお伝えします。

メリットとしては、
①出来合い物の為、短納期で手に入る。
②小ロットでも安価である。
③製造、初期費用が不要である。

デメリットとしては、
①中に入れる商品にピッタリではない。
②品名・社名などの表現が出来ない。
③ロットが増えるとトータルコストが高くなることがある。
④継続的に同じ化粧箱が手にはりると限らない。
既成品の為、その規格品が販売終了になる可能性がある。

次にオリジナル化粧箱のメリットとデメリットについてお伝えします。

メリットとしては、
①自由な印刷表現が可能である。
②商品にあわせたサイズの化粧箱が出来る。
③継続的に同じ化粧箱が手に入る。

デメリットとしては、
①版・型等の初期費用が発生する。
②ロットが少ないと割高になる。
③製造までに日数がかかる
④一から仕様を決める必要があり、その為の知識が必要になる。

4、まとめとして

上記の様に、既成品化粧箱・オリジナル化粧箱には、
それぞれメリットどデメリットがあります。

個人の方が、プレゼントなどで化粧箱が必要な場合や、キャンペーンなどで、
急ぎ少しの箱が必要な場合は、小ロットで安価な既製品の化粧箱を使うのもいいと思います。

しかし、商品販売や商品保護等でご使用になられる場合は、
それぞれの商品にあわせた形状や表現・記載を施した
オリジナル化粧箱が適していると思います。

もちろん、販売に適したデザイン・記載事項などの表現や
目に付く、他には無い様な形状で作れること。

また、運送時を想定し耐磨性にすぐれた印刷や表面加工、
そして、中の商品を保護するための材質や適性寸法など、
化粧箱に必要とされる機能と役割をみたしたものを作ることが出来ます。

オリジナルで化粧箱を作る際には、それなりの知識と経験が必要になります。

そのお手伝いをケイパックではさせていただきます。
是非、お気軽にご相談いただければと思います。

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ