印刷の方法

さて今回は印刷の方法についてご紹介を…
まず、弊社のオフセット印刷についてですが

印刷の種類としては平版印刷になります。

その名の通り平らな版を使用した印刷方式なのですが

この版には撥水性が有る部分と親水性の有る部分とがあり

それを版胴にセットします。

で、版胴を回して水を溜めている部分を通ります。

このとき親水性の有る部分にのみ水が付着します。

つづいてインキを溜めている部分を版が通るわけですが

この時既に水が付着した部分には水と油(インキ)の

関係でインキが付かず、撥水性があり水を弾いていた部分にだけ

インキが付着します。

あとはインキと水の付いた版をブランケットというゴム胴に

転写してそこから紙へと転写をする。

これによって紙に任意の色を任意の場所に転写できますので

これをインキの数だけ繰り返し、色の掛け合わせによって

様々な色表現を行い印刷完成!というわけです。

利点としては

①かかる圧力が強くないので、細かい文字等もある程度まで表現できる

②版が固い紙に直接触れないため、摩耗が少なく大量生産が可能である

の二点が主に挙げられます。

ちなみに版からブランケットへと画像を剥がして移す、

さらにブランケットから紙へと剥がして移すと

剥がす(off)移す(set)を繰り返すことから

オフセット印刷と呼ばれているそうです。
と、印刷方法としてはこんなところですが

もう一ネタ。
より綺麗で安定した色を出すための印刷の方法

→特色を使います。

印刷時に使用するインキにはCMYKの4色が一般的ですが

4色の掛け合わせで色表現を行うため、微妙な調整を必要とする

色のときにはその色を表現するため専用のインキ(特色)を使用します。

このことによって掛け合わせでの微妙な色の寄り(赤っぽくなったり等)

を防止し、より安定した色を表現できるようになります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ