化粧箱を魅力的に制作する・・・

woman-506120_640

そろそろクリスマスが近づくと、世の男性やお父さん達はむふふふ・・・となるのです(笑)

彼女がいる人は、”まぁ素敵!!こんなプレゼントを私の為に・・・”とか

お父さんたちは、”このゲーム欲しかったんだ!! サンタさんて本当にいるんだね!!”

とかのセリフを言ってもらうために頑張るのですが・・・。

ゲームの様にその内容に興味がある様なものはいいのですが、例えば宝石類等は

袋を開けたら、白い印刷も何もされていな箱に入っているダイヤモンドより、光り輝く

豪華絢爛な箱に入ったガラス玉の方が、受け取った瞬間は嬉しいような気がします・・・(笑)

中身は豪華絢爛なものなのに、化粧箱が貧相だと中身の価値を落としてしまう事になり、

高価な商品や他と比べて高級な商品のパッケージは、それなりに美しく魅力的なパッケージに

仕上げなければ売り上げにも関わる重要なポイントとなります。

先週書いた原紙の選定から始まりますが、コンセプトがピカピカキラキラであれば加工紙の

PET蒸着紙(鏡面の様な紙)を選定し、その上に原紙表面の光沢を活かす為に白いインキで

隠ぺいする部分とそうでない部分を作り、より光線が輝くようなデザインを施して、表面加工には

平滑性を損なわないフィルム貼りし、更にポイントとなる箇所には浮き出し加工をしてアピール

する・・・。そうするとコテコテの化粧箱が出来上がります・・・、勿論デザインセンスがなければ

ケバケバの下品な箱になってしまうのですが、素材と加工技法が上手くマッチすれば贈られる方が

喜ばれる、贈る側が思わず手が出る商品となるはずです。

他にも真っ黒な光沢原紙(黒色キャストコート紙)に金のホットスタンプ(箔押し)のみで、シンプルな

高級感を出す方法もありますし、逆に何のコートもされていない地合いを持った紙に、淡いパステル調の

インクでデザインすると、優しさが全面に出てくる箱に仕上がったりもします。

 

我々にお客様の商品コンセプトを教えて頂きましたら、ありったけのノウハウと技術でご希望の化粧箱を

魅力的に仕上げますので、是非ともご一報下さいませ!!

 

 

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ