化粧箱は減法混合による色表現によって作成されます。

さて、前回はデータ校正が色見本にならない。という紹介の中で

モニターは加法混合・印刷物は減法混合にて色表現を行うので

表現方法が違うことからも見本としては使用できない。 というお話をさせていただきました。

では、せっかく話に出たので今回はその加法混合と減法混合の仕組みについて すこし紹介させていただこうかと思います。

 

加法混合の仕組み

前回書いている通り光の三原色であるRGB(レッド・グリーン・ブルー)を用います。

液晶画面や照明・信号など自ら光を発し、その放つ光の色を掛け合わせることによって 表現したい色を作ります。

組み合わせとしては…

R+G=黄色、G+B=藍色、 B+R=紅色(赤紫) と言う感じです。

で、RGB全てを混ぜると白色になります。

逆にRGB全て光を出していない状態では当然ですが黒になります。

このように光を次々に足し合わせていくので加法混合と呼ばれています。

 

減法混合の仕組み

こちらは色の三原色であるCMY(シアン・マゼンタ・イエロー)を混ぜあわせます。

ただ、自らが光を発するのではなく周囲の光(RGB)から特定の色を吸収し、反射する色を 制限することで色の表現を行います。

つまり…

C(シアン)はRを吸収します。よって反射される光はGBの2色となり、すなわち色としては藍色になります。

M(マゼンタ)はGを吸収します。ので反射される光はRBの2色なので色は紅色になります。

Y(イエロー)はBを吸収します。となると反射される光はRGの2色ですので黄色を表現します。

と、加法混合と逆に光を減らすことから減法混合と呼ばれます。

そしてCMYが全てそろうとRGBを全て反射しなくなるため黒色になります。

逆にCMYが一つもないと吸収する色が無いので白色になります。

 

というわけで前回軽く紹介だけした色表現ですが、

その表現方法が データと印刷物では別物だということの紹介でした。

さて3週に渡った、校正の話題も今回で一区切り。

次回はまた化粧箱の作成等にかかわることの紹介をさせていただきますので よろしくどうぞ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ