化粧箱の製作をするのにも真心込めて!

こんにちは、さるけんです。

本日は、たかがパッケージと言われる方もいるかも
しれませんが、そんなパッケージも私共は愛情と
真心を込めて作りたいと!。。。そんなお話を。。。

images

『営業マンは自分を売れ!』とはよく聞く話かと思います。
それは、この人にお願いすれば大丈夫と思ってもらえる
『信用・信頼される人になれ』ということで、とても良いこと
かと思います。
信用・信頼される人というのは・・・
・約束を守る
・商品知識がある
・誠実である(ウソをつくなど、もってのほか)
・素直である
等々、いろいろな要素がある訳でして・・・・・

それはそれで素晴らしい(というか、ごくごく当然のこと)
なのですが、それを踏まえて、やはり商品を売りましょう!
と思うのです。

『自分を売らずに、商品を売る』のではなく、
『自分を売ってから、商品を売る』ということです。
(まぁ、当たり前と言えば、当たり前ですが(笑))

やはり、買って頂く以上は満足もして頂きたいです。
私どもが扱うのはパッケージなので、
・どこで販売されるか?
・どのように販売されるか?
・それらにあった仕様(形状・材質・加工方法)か?

また、もっと言うと・・・中の商品のことも考え、
・もっとも訴求したいことは?
・ターゲット層は?
・その販売(促進)方法は?

等々、お客様の立場で考えて、中の商品をいかに
良く見せるか?いかに良く売れるようにするか?を
1つ1つの商品に対して常に全力で、今できることを
最大限に発揮して、1つ1つの商品に愛情と真心を
もって、パッケージ製作をさせて頂きたいと思ってます。

ただ、悲しいかなパッケージにそれほど時間を
かけずに作りたいというお客様もいらっしゃいます。
実際の製造期間が短いというだけの意味ではなく、
『商品出来たから、すぐ作って』と急に言われる
ようなことが・・・・・

良いものを作ろうと思えば、やはりそれなりに
時間がかるのはパッケージも同じです。
もっと前の段階から一緒に考え、一緒に悩みながら
より良いパッケージを一緒に作りませんか?

私共が、商品パッケージに愛情と真心を込める
(込められる)条件はただ1つです。
お客様自身にも愛情を持って頂くことです。

愛情をもってパッケージを作成したい方は、
是非お問合せ下さい。

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ