化粧箱の表面加工に『LUV』はいかがですか?

construction-paper-1357029_640

LUVとは、『ホログラム転写』のことです。
『ホログラム』とは、ご存知かとは思いますが、レインボーに
輝く表面加工で、スターダスト・ハート・サザンクロス等々と
呼ばれるような柄がたくさんあります。
百聞は一見にしかず、そうです下記画像のようなものです。

20151107

でも・・・・・そうです。結構高価です(泣)

 

そこで、あるご提案も1つ!
現在、ホイル紙・蒸着紙・パール紙を使用している化粧箱が
あれば、このLUVは一考の余地があるかと思います。

その理由は・・・

① やはりコスト!です。
対象の化粧箱の大きさ・使用紙・ロット・リピート継続性等々に
よっても異なりますので、何とも言えませんが、仕様変更前と
同じ、もしくはもっと安いコスト(=コストダウン)も可能かも?
ただ、版代がネックになるのは否めないでしょう。その辺が
一番の問題かとは思います。

② ホイル紙・蒸着紙・パール紙を使用されている理由の
1つに『目立たせたい』というものもあるでしょうし、『美しさ
を出したい』というものもあるでしょう。
前者に対しては、決して引けを取らないどころか、アイキャッチ
性だけで言えば優れているかと思いますし、後者については
デザイン特性等々もあるので、一概には言えませんが、
【ホログラム柄】次第では、遜色ないものがあるかもしれません。

③ 版が作れる=より強調したい・目立たせたい部分だけを
ホログラム加工することも可能です。
逆に言うと、ロット印字部分等々ホログラムにしたくない部分
を抜くことができるということです。

④ エコです!・・・ホイル紙・蒸着紙とちがって、普通紙を
使用します(※普通紙しか使えないわけではありません)し、
ラミネートではなく転写ですから、リサイクルが可能です。
環境にやさしいという企業イメージを大切にされているところも
増えていますし、そういう意味でも、この仕様変更は喜ばれる
提案になるのではないでしょうか?

実は・・・現在、このようなことをお客様にご提案中です。
よろこんでもらえるとうれしいのですが・・・・。

ということで、結果については、また頃合いをみて(笑)
ではでは。
ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ