化粧箱の役割とは? ~たかが化粧箱、されど化粧箱~

gift-553138_1280

前回の記事『パッケージの価格は誰が決めるのか?』の中で

 

「価格は俺が決まるからお前はバコ(箱のことです)を黙って作っといたらええねん。」

 

と、あるお客様から言われた事があるとお伝えしましたが、思いもがけず反応があり、「誰のこと?」なんてことを口にする方もちらほら。

 

その真相はさておき、化粧箱と言ってもその役割はさまざまで、その役割によったり、見方・使い方によってはその価値は大きくもなり、小さくもなります。

 

当然のことながら、化粧箱を『バコ』として捉えている方にとってはその価値が低い物として捉えられており、中味の商品を保護してお客様に届けるだけのものであり、届けたら捨てられるだけのものでしかないという捉え方でしかないわけです。(それだけでも立派な価値が存在するのですが。)

 

一方で化粧箱に商品作りにおける大きなパーセンテージをもって注力する方や業界もあるわけで、この場合の化粧箱の価値は非常に高い物として認識されているわけですね。

 

先日もあるお客様から請け負った仕事で
・記念品を入れるパッケージ
・10周年という括りの中で良いものを作りたい
・予算が厳しい
というようなわがままな注文がありました。(笑)

 

私共は化粧箱の提供をボランティアでやっているわけではなく、ビジネスとしてやっているわけで、お客様からのご要望とは言え、無茶な要求を呑むわけには参りません。

 

ただ・・・

 

このお客様からはこんな言葉が漏れてきたのです。

 

「化粧箱がなかったら価値無いしなー」

 

たかが化粧箱、されど化粧箱ですね。私の気持ちは大きく揺さぶられ、結局は先週にお納めすることになってしましました。

 

ということで、今回は今一度化粧箱の役割についてお伝えしておきたいと思います。

 

 

化粧箱の役割1 商品の保護

化粧箱の役割として大事なことの1つとして中身の商品の保護というものがあります。

 

例えば、ある商品のメーカー様での化粧箱の取り扱いを例にあげますと、生産ラインで次々に仕上がってくる商品を片手で取りながら、もう片方の手で開けて持っている化粧箱の中に入れて、蓋を閉め、商品を完成させていくわけですが、その化粧箱に入った完成品お商品を6個入れる化粧箱(中箱と呼んだりします)に入れます。

 

さらに、この6個箱を4つ、大きなダンボール箱に入れて、ようやく出荷できる状態になるのですね。

 

この状態で問屋へ出荷されたり、時には店頭へ直接出荷されたりするわけですが、この輸送段階で中身の商品が破損してしまってはどうしようもありません。

 

だからこそ、商品が破損せず、出荷した時と同じ状態でお客様(最終ユーザー)の下にしっかりとお届け出きる様にすることが化粧箱の役割の1つとなります。

 

ちなみに、このメーカー様の商品仕様を見ても分かりますように、商品を1つ入れる化粧箱に入れ、更に6個入れる化粧箱に入れる。更に更に、その6個箱を4つ入れる24個箱となる段ボールケースに入れるというように商品の保護に対する気の使いようです。

 

この仕様を見ても化粧箱が中身の商品を保護する役割を担っていることは言うまでもないでしょう。

 

実は、6個箱に入れるというのは、別に意味もあるのですが。

 

 

化粧箱の役割2 数量の区分け

先の『化粧箱の役割1 商品の保護』のテーマの最後に「6個箱に入れるというのは、別に意味もある」と申上げましたが、このもう1つの意味というのが『数量の区分け』です。

 

数量の区分けという役割が無く、単に中身の商品保護ということだけにその役割があるのであれば、何も6個箱を作る必要性は限定され、それこそ1個箱そのものの強度、耐性を強化すればよい話しになります。

 

しかしながら、そうはせずに、わざわざ6個箱というワンクッションがあるのは、6個箱にすることで数量を区分けし、流通しやすくするという狙いがあったりするのですね。

 

例えば、24個単位では取り扱ってくれるお店は限定されるが、6個単位の出荷を可能にすることで取り扱い店が増えたり、商品の荷扱いが6個毎に取り出したり、収納したりできますので効率的な作業が可能となったりというメリットがあります。

 

6個箱がなく、1個ずつですと作業的に非効率なことは言うまでも無いですからね。

 

そういう意味においては数量の区分けをしておき、6個単位で取り扱うことができることは、作業的な側面からも、売上の促進という観点からもメリットがあるというわけです。
(ここでは6個という単位でお話しておりますが、あくまでも一例であり、中箱=6個箱ということではありません。)

 

 

化粧箱の役割3 アイキャッチ効果(デザイン性)

化粧箱の役割において外せないのが化粧箱にデザインをあしらうことによるアイキャッチ効果です。

 

お客様に商品を購入して頂くためには、店頭で商品を手に取って頂かなくてはなりませんし、カタログ販売であればペラペラとめくるページの隙間から商品を見つけ出して頂かなくてはなりません。(カタログに関しては化粧箱は外され、商品そのものを掲載することも多いですが。)

 

そのためにも化粧箱に施すデザインが重要であることは言うまでもないでしょう。

 

1色か2色の簡単に商品名だけが書いてある化粧箱だらけの中で1つだけカラー写真を使ったデザインの化粧箱があれば目立ちますし、その逆もしかりです。

 

また、有名人の顔が入ったりしていたら、ファンの方なら目に留まりやすいでしょう。

 

このように化粧箱にデザインを施すことで消費者から目線を引くアイキャッチ効果を増大させる効果があり、化粧箱においては重要な役割の1つであります。

 

 

化粧箱の役割4 伝達性

中身の商品が
・どんな商品か?
・誰に役立つものか?
・どういう時に使うものか?
・いつ使うものか?
・何に役立つものか?
など、その商品を必要とするターゲットにお伝えするということも化粧箱の役割の1つです。

 

昨今、業種によっては法律によって商品に記載しなければならない項目が増え、化粧箱が無くては表示すらままならないといった現象もあったりします。

 

商品を購入するユーザーの立場になると、その商品がどのようなものであるか、できる限り詳しく知りたいでしょうし、また、知る権利が存在します。

 

この要望にお応えすることの1つの手段としてあるのが、化粧箱にこの商品がどのようなものであるかをできる限り詳しく記載するというものです。

 

見た事も聞いた事も無い商品を、中身がどんなものであるかを確認もせずに購入することはありませんからね。

 

逆に言うと、そこでできる限りの情報を盛り込んでおくことができれば購入してもらえる確率を高めることにも繋がるというわけです。

 

化粧箱により商品説明、その伝達性は大きな役割を持っているということがお分かり頂けたはずです。

 

 

化粧箱の役割5 収納性

ここで言う化粧箱の収納性には2つの視点があります。

 

1つはお客様(最終ユーザー)の視点。
例えば、化粧箱の中に入れる商品が複数のパーツに分かれているとします。この場合、何の工夫も施すことなくただ単にガサっと複数のパーツを化粧箱に放り込んでしまってはいかがでしょうか?

 

この商品を手に取ったお客様は見た目にも不快感を覚えるでしょうし、そもそも何が入っているのかを一目で確認することができませんよね。

 

これが紙仕切を使用してキッチリと区分けして複数のパーツが収納されていれば、見た目にも綺麗で価値観が増しますし、何が収納されているかは一目で確認することができます。

 

また、化粧箱は中身の商品を取り出したら捨てるものという固定概念を持った方もいらっしゃいますが、化粧箱ごと保存される方は少なくないですし、化粧箱だけを別の収納機能として使用される方もいらっしゃいます。

 

化粧箱の収納性は最終ユーザーにとってもお役立ちできるもとなるのです。

 

そして、もう一方のメーカーサイドの視点。

 

これは先程の例にありました複数のパーツを収納することでお話したことがメーカーサイドでも言えるということです。

 

決められた位置に決められたパーツをセットすることで、商品の美粧性は高まり、商品としての価値が高まることは言うまでもありません。

 

さらに、複数のパーツをセットして商品を完成させるにも、ガサっと入れたのでは、間違いなく複数のパーツが収納されたかどうかを確認するのが困難になり、何かの折りに確認の必要性が出てきた時には大変な作業が強いられることは目に見えております。

 

そういう意味においても化粧箱の収納性というものは大きな役割を担っていると言えますね。

 

ということで、『化粧箱の役割とは? ~たかが化粧箱、されど化粧箱~』ということで化粧箱の成り立ちの基本に立ち返る内容をお伝えいたしました。

 

次週からは今までお伝えしてきました動画での記事に関して
「動画だけをドンと載せているだけでは読者にやさしくないですね。」
というお声を頂きましたので、改めて動画コンテンツをテキストと共にお伝えしていこうかなと思っております。

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ