化粧箱の印刷方式にも色々あります。

こんにちは、さるけんです。

本日は、印刷方式の種類について少し・・・

主に、印刷方式としては『平版印刷』『凸版印刷』『凹版印刷』『孔版印刷』
の4種類があります。その各々の特徴は・・・(安易なネーミングですので)
その名前からも分かるように・・・

『平版印刷』 ・・・ 版が平らで、水と油の関係を利用し
インキを版に移し→一度、ブランケットに転写後→印刷物に印刷を行う
のですが、その際、版上に親油性の部分と親水(=油をはじく)性の部分を作り、
新油性の部分にだけインクが付くことにより、印刷デザインを再現する印刷方式です。

『凸版印刷』 ・・・ 版に凸凹があり、凸の出っ張った部分にインキを付け、
印刷物に転写する印刷方式です。もっとも歴史が古く、原理が最も単純な
印刷方式と言えます。分かりやすく言うと、印鑑とか、子供のころに学校で作った
イモ版です。

『凹版印刷』 ・・・ 凸版同様、版に凸凹があるのですが、今度は逆に凹んだ
部分にインキを溜め、印刷物に転写する印刷方式ですが、構造は水車を
ご想像頂けると分かりやすいかも?
グルグル回る水車が下からインキを汲み上げ、上がる途中で『ドクター』と
呼ばれる刷毛みたいなもので、凸部分にもついているインキを、掻き落す
ことで、凹んだ部分にのみインキが残り、そこだけが転写されます。

『孔版印刷』 ・・・ 版に孔(あな)を開け、その孔(あな)からインキを落す
ことで、インキを転写する印刷方式で、シルク印刷が代表的なもので
スクリーン印刷とも呼ばれます。
これまた小学校の頃、鉄筆等で文字や絵を描き網をかぶせたうえで、
上からインキを流し、ローラーでゴロゴロ、ゴロゴロ。。。。。そう、ガリ版印刷を
思い浮かべて下さい。
我々の扱うオフセット印刷は『平版印刷』です。紙器・パッケージ作成において
美粧性・コスト・製造ロット・・・色々な点から総合的にに見て最もよく使用
されている印刷方式です。
ので、紙器・パッケージの作成をお考えなら是非当社にご相談ください!(笑)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ