化粧箱に高級感を付加する表面加工いろいろ

 

高級感を出す目的で、プレスコートやフィルム貼り(両方とも非常に艶のある加工)。表面保護だけではなく、商品の訴求効果を高め他社商品との差をつける事が出来ます。

ワンポイントのアクセントを強める箔押し。金箔、銀箔の質感は印刷では表現しきれません、ここを強調したい!この商品名を推したい!という時には大きな効果を生んでくれます。

そして安価なニスでも使い方ひとつで、デザインとしての表面加工になるのです。それは、マットとグロスの使い分け、一般的にニスのグロス感は他の表面加工より落ちるのですがそれを補う為に、際立たせたいグロスニスの部分以外にマットニスを引くのです。すると、光沢性のあまり高くない表面加工としてのグロスニスがマットニスとの対比で浮き上がってくるのです。しかも印刷加工内で出来る低コストの表面加工として・・・

これも立派なデザインといえるのではないでしょうか・・・・・
・・・・・化粧箱の製造をする中で様々な差別化を図るべく付加価値を高めるための加工を施す場合があり、ごく一般的に使用される上記のような加工以外にも色々なものがあります。これらの加工を知っておくことで提案の幅が広がることは間違いありません。

 

今回は例を取り上げながら、上記のような最もよく使用される『ニス』『ビニール引き』『プレスコート』『ラミネート』加工以外の加工についてお伝えいたします。

 

まずは・・・化粧箱全体を装飾する『ロールエンボス加工』

そもそもエンボス加工とは、ウィキペディアによると、その概要は・・・

『エンボス加工は裏面を押し上げて浮かす(したがって裏面は凹む)方式、表面に特殊なインクを付着することで凸部を形成する(裏面は凹まない)方式がある。紙に対する印刷の加工方法として広く利用されており、クレープ加工とも言う。インクを使わず紙に模様を入れたり、手触りを良くしたり、薄い紙を一枚一枚はがれやすくする効果がある。また書籍の表紙カバーで印刷をしたタイトルやイラストの縁をエンボス加工することで、見た目と手触りとの二重の効果を与えることが出来る。書類にはエンボス加工を用いてエンボス印を押印することがある。エンボス印を押す事務用品をエンボッサーまたはシールプレス、型押機などという。金属での例としては自動車のナンバープレートが代表的なものである。視覚障害者用の点字もエンボスの一例である。』
ということです。

こうやって書かれていると(表現も難しいので)よく分からないですね。

ということで、まずは、ド・ド・ド・ド・ドドッ~~と下記をご覧ください。

化粧箱のエンボス加工1 梨目

image3

化粧箱のエンボス加工2 ストライプ

image4

化粧箱のエンボス加工3 絹目

image5

化粧箱のエンボス加工4 布目

image6

化粧箱のエンボス加工5 皮シボ

image7

化粧箱のエンボス加工6 格子目

image8

化粧箱のエンボス加工7 キャンパス

image9

化粧箱のエンボス加工8 クレープ

image10

 

これらはエンドロール版と呼ばれる、箱の全面にエンボスされる版のパターンです。・・・・・というか、印刷紙全面ですので、部材等々付合せの場合は、全部同じエンボスになります。

これらは全て在版ですので、お好きな柄が使用可能です。

特に『クレープ柄』などは、お持ちのところは少ないのではないでしょうか?まぁ『クレープ柄』に限らず、お好きな柄があれば是非お声かけ下さい。また、これで全種というわけでもありませんので、『こんな版は?』ということがあれば、お気軽にお問合せ下さい。

なお、1点注意事項が・・・・・

『布目』とか『絹目』とかの名称に関して・・・・同じ柄なのに会社によって呼び名が違う・同じ名称なのに会社によって柄が違うという場合がありますので、使用される際は、必ずサンプルを確認して下さい。

化粧箱の一部をエンボスすることにより高級感を出す

先程は化粧箱全体に対してエンボス加工を施す『ロールエンボス』の話でしたが、もちろん一部分だけをエンボス加工することも可能です。
と言いますか、どちらかというと、一部分だけをエンボス加工する方が一般的かとは思います。

エンボスには大きく分けて『浮上げ』と『型押し』があり、両方ともエンボス加工と呼ばれます。また、表面に特殊なインキを塗布することにより、凸部を作ることもエンボスと呼ばれたりもします・・・
要は、表面がボコボコ・凸凹な状態のものを総じてエンボスと呼ばれます。
『浮上げ』は凸版と凹版の両方を使用し、挟み込むようにしてプレスすることで、盛り上がるように浮き上がらせる方法です。『型押し』とは、凸版だけを使用して、表面から押し込むことにより、版部分を浮き下げることで立体感を付加します。
エンボスの特徴としては、インキや箔材などを使用せず、立体感だけでデザインを表現することで、箔押しとはまた一味ちがう付加価値・高級感を加えることが出来ます。
また、エンボスは印刷や箔押しと組み合わせること(印刷部分を浮き上げる・箔押し部分を浮き上げる)ができ、より存在感のあるデザインを再現できます。

エンボス加工の高級感UP以外の意外な活用方法

 

エンボスはその加工方法から素材の表面に凹凸を作ります。この方法により様々な柄を表現し、高級感といった付加価値を付与するわけなのですが、その凹凸にはもう一つの効果があります。

それは、「滑りやすさ」の付与です。

 

表面に凹凸が出来るということは、平らな状態であったときよりも他の物体との接する部分が減ることになります。つまり摩擦を起こす部分が減る。すなわちエンボス加工を施す前と比べて滑りやすくなるというわけです。
そして、この滑りやすさを上手く活用しているものにトレーディングカードゲームによく使用されているカードスリーブがあります。日本では(世界中でも)遊戯王に代表される『トレーディングカードゲーム』
まったく知らない方も多くおられるかと思いますが、基本的にはトランプの変わり種とご理解いただければ十分です。このトレーディングカードゲーム(以下、TCG)はそのほとんどが2人用の玩具として『対戦』を目的としております。
そして、その対戦においてほぼ全てのTCGが自分の用意したカードの束を
その一番上から引いていき、その引いたカードを使用して対戦を行うということにあります。
つまり、スリーブ等にいれないとせっかく集めたカードが傷ついてしまったり、汚れてしまったりするわけです。
これを防止するためにスリーブに入れるのですが、このスリーブは少し高い物にはエンボス加工が施されておるものが多いのですね。それはもちろん見た目の高級感としても違いがあるのですが、TCGにおいてはそれよりももっと大事な「滑りやすさ」を付与するためにエンボスを使用しております。

対戦中やその前後においてカードの束をシャッフルする機会は非常に多いですし、カードを引く際にもやはり滑り易ければそれだけカードを引くことも容易に行えます。
そのためTCGのスリーブとしてはその高級感や美称性よりも滑りやすさの付与を期待してエンボス加工が行われます。
このようなことはエンボスに限らず様々な加工においてその副作用のようなものを上手く利用できればより良い商品を形にすることが出来るかも知れません。

金・銀の化粧箱や黒箱により高級感を付与

エンボスとは、デザインを彫刻した版を用いて、紙に圧を加えて押しつけることにより、紙に凸凹の模様を付ける加工のことでしたね。
そして、そのエンボスの凸凹を細かくすることで、超繊細なデザインを表現ができる加工のことを『マイクロエンボス』と言います。

このマイクロエンボスをまだまだ使用されているところが少ないので、現状では化粧箱を製造する際、よりオリジナル性が発揮される・他商品と差別化しやすい加工の1つではないかと思います。

悪い点を言うと・・・一般的な白紙にマイクロエンボスを施しても、微細過ぎて(=凸凹がハッキリ分からない)ので、あまり目立たないです(涙)

ので、光が反射しやすいホイル紙・蒸着紙のような銀紙や金紙を使用されることをオススメします(どうしても予算的にホイル紙等の使用が難しければ、黒ベタのように濃~い色にプレス加工したものが良いかと思います)。
↓↓こんな感じです↓↓

ねっ!キレイでしょ。
左(銀の方)は、マイクロエンボスだけではなく、従来のエンボスとの組み合わせなので、微細部分と深度の深い部分があります。

よ~く見ると、ハート柄が見えますよね?かわいいでしょ??

これは特注の版ではなく、既存版ですのでもし、『この版使いたい』ということであれば、版代不要で使用可能です。是非お問合せ下さい。
ただ、ロールエンボス版なので、箱全体がこの柄になります。
PS.
上記写真のようにロールエンボス(=エンドロール)版を使用して、箱全体に押すのではなく部分的に、マイクロエンボスを使用することも、もちろん可能です。また箔押とセットでマイクロエンボス箔として使用し、箔押部分のみマイクロエンボスということも可能です。

 

PPS.
マイクロエンボス箔として使用する場合は、特に紙を選びません(=金・銀の紙じゃなくても、かなり効果があります)。

化粧箱にラミネートせずにホログラム工

 

『ホログラム』とは、ご存知かとは思いますが、レインボーに輝く表面加工で、スターダスト・ハート・サザンクロス等々と呼ばれるような柄がたくさんあります。百聞は一見にしかず、そうです下記画像のようなものです。

このホログラムは、ホログラム紙を使用したり、ホログラムラミをすることで再現することが多いのですが、版を作成しホログラムを転写する方法があります。それが『LUV加工』と呼ばれるものです。
この『LUV加工』の一番の特徴は【版を作成し】というところでもお分かりかもしれませんが、部分的にホログラム加工することも可能ということです。

でも・・・・・そうです。結構高価です(泣)
もちろん『ホログラム原紙を使用している』『ホログラムラミをしている』というものではなく、現状『ホログラム加工をしていないけど、ホログラムをしてみたい』というもの=現状、プレスコートやPPラミという通常の表面加工のものに比べれば・・・結構高価という意味です。
(現状、ホログラムをしていないからこそ、高級感をUPさせる1つの手法としてホログラムを考えるわけですからね)

 

そこで、あるご提案を1つ!現在、ホイル紙・蒸着紙・パール紙を使用している化粧箱があれば、このLUVは一考の余地があるかと思います。

その理由は・・・

① やはりコスト!です。
対象の化粧箱の大きさ・使用紙・ロット・リピート継続性等々によっても異なりますので、何とも言えませんが、仕様変更前と同じ、もしくはもっと安いコスト(=コストダウン)も可能かも?ただ、版代がネックになるのは否めないでしょう。その辺が一番の問題かとは思います。

② ホイル紙・蒸着紙・パール紙を使用されている理由の1つに『目立たせたい』というものもあるでしょうし、『美しさを出したい』というものもあるでしょう。前者に対しては、決して引けを取らないどころか、アイキャッチ性だけで言えば優れているかと思いますし、後者についてはデザイン特性等々もあるので、一概には言えませんが、【ホログラム柄】次第では、遜色ないものがあるかもしれません。

③ (先程も言いましたが)版が作れる=より強調したい・目立たせたい部分だけをホログラム加工することも可能です。逆に言うと、ロット印字部分等々ホログラムにしたくない部分を抜くことができるということです。

④ エコです!・・・ホイル紙・蒸着紙とちがって、普通紙を使用します(※普通紙しか使えないわけではありません)し、ラミネートではなく転写ですから、リサイクルが可能です。環境にやさしいという企業イメージを大切にされているところも増えていますし、そういう意味でも、この仕様変更は喜ばれる提案になるのではないでしょうか?

窓付きというのも化粧箱の表面加工?

窓貼りは紙箱でも中の商品が見える訴求効果の高い表面加工です。
よくコンビニに陳列されている透明ケースでは、中の商品を見せるものが多いのも、効果の目的の半分以上はそこにあるのですが、コスト、デザイン、高級感等の問題点もあり透明ケースではなく紙箱で中身を見せたいという要望が多々あります。

 

そうなると、紙箱の窓穴を開けて商品を見せる・・・、という方法になります。この窓穴に何もせずに商品を見せるという方法もあるのですが、直接商品がお客様の手に触れてしまう、窓穴が小さくて商品アピール度が低い等の問題があり。窓穴を大きく、商品をより大きい面積で見せ、直接に触れる事の出来ない紙箱は表面加工にて窓穴を覆う、窓貼りという手法を取ります。この窓貼りにも加工の仕方に種類があり、1つは窓穴の裏から窓穴よりも大きいフィルムを貼りつける方法です。この加工は通常の紙器製造工程に窓貼り加工だけをプラスするだけなので、コスト面も抑えられることが出来ますし。少し大きな窓穴の場合はフィルムの厚みも必要となり、そんな場合のフィルム厚対応もある程度までは可能になります。
※この場合、裏にフィルムを貼るだけのスペースが必要なため、(罫線にフィルムがまたぐと製函時に不具合が出やすいこともあり)罫線より15㎜程度離れた位置からしか窓穴を設けることは出来ません。
もう一つの方法は、まず印刷物に窓穴を開けてその後にフィルム貼りの表面加工を施し、本抜き(通常の型抜き)をして製函する方法です。この加工では表面全体をフィルム貼り加工をするので美粧性に優れ、前記の窓貼りでは加工が難しい小さい箱にも窓貼りができます。ただ、あまり大きな窓穴は製函が難しかったり、フィルムの貼りテンションと原紙の引っ張り強さが違う為、設計上ノウハウが必要になったりします。
※この場合、抜きの行程が一工程増えるのと、木型が二台必要になる事、フィルム加工の面積が多くなること等々から、コスト高になってしまいます。
どちらの手法も箱内の商品を見せれて、アピール力が大きいので、商品陳列時にも他社よりも訴求効果の高い紙器となります。

化粧箱の高級感UPの定番!箔押し!

箔押し加工とは、箱の材料となる紙の表面に煌びやかな箔材を圧着することで豪華に見せ、箱そのものに価値を付加することを言います。

煌びやかな箔材と申しましたが、具体的に挙げると『金』や『銀』の箔材が一般的です。その他にはホログラムの箔押しなどもあり、高級感を出すのに非常に効果的な加工の1つです。

ただ、箔材には煌びやかなものしかないのかと言うと決してそうではなく、赤色や黄色などの原色系の箔押しなどもあり、その種類は豊富です。

とにもかくにも箔押し加工とは基本的には箱そのものに付加価値を付け、
商品の高級感を演出するものに他なりません。

『箔押し』の前に、『箔材』について少々・・・

箔材とは、下記の5層からなります。
1.ベースフィルム
2.離型層
3.着色層
4.蒸着層
5.接着層

この箔材を、箔版と呼ばれる金属版を通して上記の3~4の層を、原紙に熱圧着させることを箔押しと言います。

箔押しは、化粧箱の高級感・美粧性をUPさせる最もポピュラーな方法の1つであります。金・銀以外にも黒とか赤とかの色箔と呼ばれるものも
ありますし、ホログラム箔などもあります。
ただ、やはり『箔』なので、それなりにコストが掛かることから、化粧品・健康食品等々商品自体が高額なパッケージに使われることが多いです。
そうは言いながらも、高額商品のパッケージに関わらず食品(特にレトルトカレーやポッキー関連のお菓子など)関連のパッケージでも箔押し加工を施されたりしております。
安価な商品にも箔押しが使われるようになったことは、パッケージ事態に価値を付加することの重要性が示されたとも言え、非常に喜ばしいことです。

箔押し加工時に使用する箔版の種類(名称)

先の項でご説明申し上げましたとおり箔材は5層構造で成り立っております。

そして、そのうちの2番目にある『離型層』が『熱により活性化』してベースフィルムから離れやすくするということでした。
この活性化させるために熱を加えるものが箔版であり熱伝道させる必要があるために金属で出来ています。
金属でできているゴミ印のようなもので、インクを転写するのではなく
金属版(=箔版)自体を熱して、箔材に熱伝導させることにより転写箔をベースのフィルムから離れさせ、被体に熱圧着させるものです。
そして、もっと専門的な部分まで言うと、箔押しで使われるほとんどの版が『腐食版』で作られています。
腐食版とは文字通り金属版を薬品につけて腐食させ、ロゴ・デザイン等の図柄を凸版に起こしたものです。
ただし、深度をもった浮き上げ・浮き下げの必要な場合は腐食版では難しいため、『彫刻版』が使用されます。

もう少し、詳しく解説しますね。
箔版の種類としては、コストの安い順に下記のようなものがあります。
1.亜鉛版(腐食版)

コスト面では一番安いですが、耐久性が非常に弱いため、ほとんど使用されることありません。
使用される場合は、ロット的にスポットの小ロットのものや、箔押し校正用がほとんどです。
2. マグネシウム版(腐食版)

コスト的にも安価で、耐久性も亜鉛版より優れているため、非常によく使用される種類の1つです。ただ、酸化によるサビ等で長期保管には不適です。
3. 胴版(腐食版)

マグネシウム版より高価ですが、版のエッジの仕上がりがよく、再現性が優れており、大ロット・リピート品にも最適です。
4. 真鍮版(腐食版)(彫刻版)

硬度が高く、熱伝導率・安定性も最も良い。頻度の高いリピート品でも安心です。また、深度の深い彫刻版を作製する場合は、この真鍮版が最適です。

ハイグレードな箔押し加工を使った化粧箱を作ろう!

箔は箔でも、もっと高付加価値な箔を使って箱を作りませんか?
『浮上箔』なんてのはどうでしょうか?
『浮上箔』とは、文字通り『浮上げ加工』と『箔押し加工』を合わせたものです。
『浮上げ加工』とは凸版と凹版を使用して、紙を挟むようにプレスすることによって、一部分を隆起させる加工方法です(詳しくは先程のエンボス部分の解説を再度ご覧ください)。
工程としては、箔押し加工と似ていますね。

そして、、浮上箔とは、『箔押し加工』をしてから、その部分を『浮上げ加工』するという2工程を踏むことによって、箔押し加工をした部分を隆起させる方法です。
浮上げ版を使用して、箔押し加工すれば1工程で浮上箔ができるのでは?という声が聞こえてきそうですが・・・・・もちろん可能です。

次に、ちょっと変わった箔(?)もご紹介!それは・・・
『コールドフォイル印刷(インラインフォイラー)』と呼ばれるもので
通常のオフセット印刷機で、箔押しが出来るというものです。
まず、通常の印刷と同じように版を使用して専用のりを塗布し、その後、次のユニットで箔転写を行います。印刷はその後、通常通りインキを使用して印刷します。

この『コールドフォイル』の利点としては、
①従来箔押しでは、熱と圧力が必要でしたが、それを必要としないため(『コールドフォイル』たるゆえんはこの部分から来ています)スピードがかなりUPし、生産効率が上がります。
②箔の上からも印刷が可能なため、従来では出来なかった表現が可能になります。
③のり引きを版を使って行うため、インキのようにアミ点による再現や、微細な文字等々も表現可能になります。

但し、のりを塗布後⇒箔転写となるため、その被写体となる原紙が、上質系・マット系のしみ込みやすいものだと、のり自体が吸収されてうまく付かないということもあるようです。

まとめ

『高級感のあるパッケージにしたい!』とは、本当によく聞くお言葉です。
我々が主力とする化粧箱に限らず、商品そのものに付加価値を付けようとすれば、特殊な加工であったり、工程そのものを複雑にしたりということは当然のことながら起こります。もちろん、コストが掛かり高コストになってしまうというデメリットはあるものの商品の差別化をするという観点においては効果的な方法と言えます。

本日ご紹介した表面加工の中で、実際に使用する機会が少ないものもあるかもしれません。
が、これらの加工を知っておくことで発想、または提案の幅が広がることは間違いありません。是非是非この機会に覚えておいて下さい。

 

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ