化粧箱にはパッケージデザインが重要です。

yasu053101

オリジナルの化粧箱を作成しようという際には、様々な要素を
考えていかなくてはいけません。例えば、、、
・保護性
・強度
・形状
等々です。

そして、パッケージに必要な要素の中の1つには、もちろん『デザイン』
も含まれます。では、どんなデザインが必要なのでしょうか?

『デザイン』なのですから、パッと目を引く美粧性を求められるのは言う
までもありませんが、もっと重要なことがあります。

箱・パッケージに必要なデザイン。なかでも重要なのは?

yasu053102

例えば①
かなり前の話になりますが、ティッシュの箱にウサギの写真を
でっかくバーンと載せた(=パッと見た目、ウサギの顔だけしか
見えないようなパッケージデザインにした)ところ・・・・・
なんと、売上が3年で3倍になったそうです。

これは “ウサギ” で “ふわふわしたイメージ”を表現すること
により、『このティッシュはやわらかくて鼻にやさしい』という
メッセージを上手に伝えられたからにほかなりません。

例えば②
よくご存じなところで言うと・・・『わかさ生活のブルーベリーアイ』!
この名前を聞くだけですでに、おなじみのCMソングが頭の中で
流れてきますよね?

で、
この『ブルベリーアイ』皆さん目に良いと思ってらっしゃると思いますが、
実は、一言たりとも“目に良い”とか“目に効く”とか一切言ってませんし、
どこにも書いてません。
そもそも、そういうことをうたってはいけないですしね。
しかしながら、イメージで強烈な印象を与えているのですね。

このように、デザインでは目立つだけではなく、『何を伝えたいか?』
大切であり、またそれを『どう伝えるか?』が大事です。

パッケージデザインで商品の魅力を伝える箱を作るには?

yasu053103

まず、パッケージデザインをするにあたっての『コンセプト』が必要です。
『コンセプト』意味を調べると『基本的な概念』となっています。
せっかくオリジナルで化粧箱を作成するのであれば、独自(オリジナル)性
を強調する1つのコンセプトで統一されたデザインにするべきです。
このコンセプトがないデザインというのは
・見た目キレイでも、よく分からない化粧箱(=デザイン)
・ハデハデしいけど、うるさいだけの化粧箱(=デザイン)
になりがちです。

そして、一番おちいりやすい間違いが、『言いたいことがいっぱいある』です。
もちろん、皆さん、やっとの想いで作り上げた商品には、ひとかたならぬ
想い入れもあるでしょう。そして、色々な良い面があることも事実でしょう。
しかしながら、全てを包材の中で伝えようとすると文字が小さくなったり
何が良いのか分からなくなったり、まとまりのないデザインになったり
と、
結局何を言いたいのか分からないデザイン(=何も伝わらない包材)に
なってしまいます。

ので、デザインする際は・・・商品の一番良いところ・一番伝えたいところ・
オリジナル性に優れたところをフォーカスしてデザインして下さい。
簡単に言えばキャッチコピーのようなものです。
それが文言ではなく、画像でも構いません。

実際に『売れる』箱・パッケージのデザインとは?

yasu053104

ある程度、業界によって方向性はあると思われます。

食品業界なら、ズバリ “現物そのもの” が多いことが分かります。
それをいかにおいしそうに表現するか?
そのほとんどが、現物写真画像であり、その写真撮影・加工技術を
上げていくかに注力されてきた歴史があります。おいしそうな
デザインの化粧箱なら、ついつい手が伸びてしまいますよね。

化粧品業界なら、イメージ重視ですね。
色合いであったり、商品名自体であったり、またその商品名の書体
(もっと言うとロゴ化)であったり、抽象的なデザインで、『美』を訴求
しています。
化粧箱にブランドロゴをデザインしているのは、ブランドロゴ自体に
『美』等々のイメージ戦略がありますよね。
(『〇〇社の●●ブランドなら間違いない』というような)

そういった業界なりのデザインは踏襲して構わないですし、逆に踏襲
した方がいいと思います。(奇想天外・奇抜なデザインは、大ヒットする
可能性を秘めているかもしれませんが、その多くは失敗します。)

ただ、どの業界でも共通して言えることは、先程も言いましたように
『一目でイメージできる化粧箱にすること!』です。
正確にいうと『伝えたい内容が、一目見てもらうだけでイメージして
もらうことが出来るデザインにすること』です。

余談ですが・・・・・ある会社に属するデザイナーさんが、毎日毎日
夜遅くまで何日もかけて作成したデザインを上司(or社長)に一瞬で
却下された!なんていう話も聞きますが、ある意味、まっとうなこと
であり、これはこれで有りなんですね。
一目で分からなければ意味がないのですから。

売れるオリジナル化粧箱をデザインするコツ(まとめ)

パッケージデザインは、華やかさとかキレイさとかだけではなく、
『何を伝えたいか』そして『それをどう伝えるか?』が大事です。

色々なことを全て伝えようとするのではなく、独自(オリジナル)性
を強調する1つのコンセプトで統一されたデザインにするべきです。

商品の一番良いところ・一番伝えたいところ・オリジナル性に優れた
ところを、考えて考えて(この部分は、もうご本人にしか分からない
のですから)脳ミソに汗かくくらいに考えてフォーカスしていく必要が
あります。

そして、たとえ自分が手掛けたデザインだとしても、最終最後に
どれだけ客観的に見ることができるか?という能力を身につけるか
が大事です。
一言で!
一瞬で!
オリジナルのメッセージを送れるデザインがベストです。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ