包材の制作に原紙選択は大事な要素!

包材を作成するにあたってデザインや形状を決める時、同時に原紙選択も行われます。

その原紙選択は価格的な要素が大きければ、コートボールやカードBといった安価な原紙が

選択されますし、高級感や美粧性を求めるのならコートアイボリーや加工紙を選ばれたりも

します。また自然食品や素朴なイメージの商品はノーコートの質感を求められたり、

コンビニ店で陳列するような箱は、化成品を使ったクリアーケースが多かったり・・・。

やはり、包材形状と同じで、何をどの様にどう伝えるが原紙選択のポイントとなります。

もちろん、印刷後の表面加工で原紙から差別化しなくても、プレスコートやPP貼りにて

高級感等は得られるのですが、より平滑性の高い原紙選択がその一つ上をいく高級感を出す

ことにもつながります。

簡単によく使われる原紙を安価な順で説明しますと。

<コートボール>
・原材料に再生紙を多く使い、表面にコート(白色)裏面はネズミ色の原紙
・平滑性、白色度はあまり高くない
・商品単価があまり高くない箱、中箱、仕切り、段ボール貼合等によく使われる。

<カードB>
・原材料に再生紙を多く使い、表裏にコート(白色)
・平滑性、白色度はあまり高くない
・コートボールより美粧性をよくしたい、裏面が白くなければならない、
安価に抑えたい場合によく使われます。

<カードA>
・原材料の再生紙使用が少ない、表裏、若しくは片面にコート(白色)
・平滑性もあり、白色度も高い
・商品イメージとして安物感を出したくない、高級感がそこそこ欲しい、
印刷仕上がりも重要な要素になる場合に選ばられ事が多いです

<コートアイボリー>
・原材料に再生紙を使用していない、表裏、若しくは片面にコート(白色)
・平滑性、白色度が白板紙の中ではキャストコート紙の次に高い。
・高級感あるデザインを損なわない、表面加工にてより平滑性を出したい、
他社商品との差別化、美粧性が重要な場合に選択されます。

<加工紙>
・ベース紙の上に蒸着PETやアルミホイルを貼合したり、グラビア印刷で
パール等の印刷を施している原紙
・鏡面やヘアライン、着色等により質感や印刷効果をより効果的に表現できる
・アイキャッチ性に優れている、高級感を原紙レベルから出したい、
最高級感を表現したい場合に選択される事が多い。
特に当社はUV印刷もしているので、お客様が選択される原紙に対して加工出来る幅は

広いのですが、包材ごとの目的や方向性によって原紙選択のアドバイスをするのは、

簡単なようで難しい・・・。それはコストとかみ合い・・・、いい物を作るのはコストが

かかる、コストを抑える事はできても要望を叶えれない・・・。

前回にも書いた気がしますが、その間を取り持ちお客様の納得のいく包材を作り上げる作業が

営業の仕事!やりがい!・・・その為にスキルアップしなければ・・・(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ