包材の制作には、セキュリティが必要な時も・・・

お盆休み明け一発目のブログです!

皆様におかれましては、お休み疲れ如何なもんでしょう・・・(笑)

今日のお題は”セキュリティ”です。

色々な場面でこのセキュリティが施されています。

当社のSS-PACなどもセキュリティ対策の一つで、陳列棚における開封防止に

役立つ機能なので、その効用についてはさるけんが詳しく説明しています。

どうぞそちらをご覧ください。

この他にも箱にセキュリティ性を持たせる方法は多くあり、簡単なのは封印シールで

容易に開封出来ないようにする透明シールから、シールを一度開封すると図柄が箱に

残り、再度シールを貼ろうと思っても貼れなくするような機能のあるもの等色々です。

印刷技術では特殊な印刷方法やインクを使って、ブラックライト等による照射で偽物か

本物かを見極める加工を施したりするのもセキュリティの一つと言えるでしょう。

 

紙器に限らず、台紙や商品券にもセキュリティ機能が設けてある事があります。

最も身近なものとしてはお札の透かし等はそれにあたります。これは原紙を抄造する

際に工夫があり、一般的な手抄きでは透かしの入れたい部分に異物を置き、

その部分だけが多層で出来上がっている原紙の中で薄い箇所が出来上がり、

透過して透かし模様となります、機械抄きでは多層に蓄積された原紙材料に

押し型を当てて薄い部分を作って透かしをすくります。ただお札の透かしは

黒透かしと言われ、凹凸のある金属版で紙の薄い所と厚い所を作って透かしを

作ります・・・、コレはためしに作って見ても御用となるので要注意です(笑)

ついでに商品券はセキュリティを持たせる為に、原紙への特殊ホログラムの抄き込や

特殊インキ等の印刷技術で加工してみたり、様々な技が組み込まれています。

 

商品開封の有無を調べる、異物混入を防ぐ、偽物との区別をつける・・・

セキュリティという言葉に色々な技術が盛り込まれ、更なる進化をしているのが

現状です。当社もその一端を担うがべく努力していきますので、

何卒御用の際にはお声かけ下さいませ!!宜しくお願い致します。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ