六角形の化粧箱のお話し

先日、あるお客様と商談としている中で、
いきなり、御社で丸い箱って出来るの?
聞かれました。
最初頭に浮かんだのが、球体のパッケージ
でしたので、球体はさすがに…。とご返答を
すると、いやいや円柱のパッケージをと
のこと。
詳しくお聞きすると、新しい商品を考えており、
スティック状の袋で30本ほど入れものをとのこで、
した。
それは、紙管のケースになりますねと
ご返答をし、当社でも手配は出来ますよと
お話しをしておりました。
なぜ、円柱んのパッケージをお考えなのか
お聞きしたところ、商品自体は、スティック状なので
通常の紙器箱でもいいのだが、店頭に並べた時に
目を引くものにしたいとの事でした。
確かに、紙管の円柱の箱は、アイキャチ性は
あるかもしれませんが、箱自体完成して
しまうと、折りたたんだ状態に出来ないので
製造コストよりも、完成後の輸送運賃コストや
在庫するスペース等がかかりますね。と
お話しとして、その時は詳細までの話しには
ならず、商談を終えました。

その後、次のご商談の時に、先日おっしゃっていた
紙管のケースの商品ですが、例えば、六角形の
パッケージはいかがですがと、サンプル品を
お見せし、ご提案をさせていただきました。
その箱でしたら、通常の紙器箱と同じコスト感で
製造できる旨と、アイキャッチ性があること
また、通常の紙器箱と同様に折りたたんだ状態で
輸送・在庫が出来ますよとお話しをさせていただき
ました。
お客様のは、大変ご興味を持っていただき、
面白いねとのお言葉。持参したサンプルと
展開図例をお渡しした次第です。

お客様が望んでおられることを、忠実の形にすることは、
もちろん重要ですが、例えば、形状などにより
輸送費や在庫に問題など、箱自体とは別の部分で
余計なコストUPなどが、発生することがあります。
その辺の事を考慮し、代替案などをご提案し、
お客様のお力になりたいと思っております。

ケイパックでは、長年の経験により、お客様の目的に
合わせてた、パッケージをご提案させていただきます。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ