ブリスター台紙の製造もやってますよ!!

ケイパックは紙器製造がメインですが、どっこいブリスター台紙の製造も取扱い品目の

大きい柱となっているんですよ!!

ブリスター台紙の中でも歯ブラシが一番多く、他にはカッターや薬品、文具等々

いろんな台紙を手掛けています。

台紙の製造にノウハウなんてあまり必要ないのでは・・・と思っておられる方

ノンノンノン・・・、結構な知識が必要なんですよ!!

ブリスターコート(ブリスター適正を持たせる為にする糊引き)などは、

被着体の種類によってコート剤の種類も違うし、季節によって乾燥時間や液剤粘度も

変わりますし、原紙メーカーの違いで接着適正がちっがたり、特に加工紙(ホイル紙等)

では適正がないものが多く、接着適正があるものを見つけるのが難しい位です。

台紙なのに形状設計なんかも考えなければなりません。  ・・・・台紙なのに?

そう、台紙の多くは店頭什器でフック掛けにされる事が多く、その為にフック状にしたり

丸穴を開けたりするのです。ブリスター内の商品が台紙のセンターにあれば問題なく

穴開け等はセンター位置でいいのですが、デザイン上位置がずれていたりすると穴開け位置も

ずれてきます。そうなると、実商品をブリスターフィルムに入れてサンプルを作成し、

穴位置を決めたりするのです。

また粘性の強い表面加工を施すので、各工程においてブロッキング(2枚の原紙が引っ付く)

に注意をしたり、保管状態にも気を使わなければなりません。

ブリスター台紙1枚に結構なノウハウと技術が必要となります。

スーパーやコンビニ、ホームセンターに至るまで箱に入っている商品よりも多い

ブリスター台紙、もしもお考えでしたら御一報頂ければ幸いです。どうぞ宜しく!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ