化粧箱を印刷するにあたっての四方山話・・・

 

化粧箱を製造するにあたって色々な話があります。

今回は印刷に的を絞った話をしていきたいと思います。

主に、印刷方式としては『平版印刷』『凸版印刷』『凹版印刷』『孔版印刷』

の4種類があります。その各々の特徴は・・・(安易なネーミングですので)

その名前からも分かるように・・・

『平版印刷』 ・・・ 版が平らで、水と油の関係を利用し

インキを版に移し→一度、ブランケットに転写後→印刷物に印刷を行う

のですが、その際、版上に親油性の部分と親水(=油をはじく)性の部分を作り、

新油性の部分にだけインクが付くことにより、印刷デザインを再現する印刷方式です。

『凸版印刷』 ・・・ 版に凸凹があり、凸の出っ張った部分にインキを付け、

印刷物に転写する印刷方式です。もっとも歴史が古く、原理が最も単純な

印刷方式と言えます。分かりやすく言うと、印鑑とか、子供のころに学校で作った

イモ版です。

『凹版印刷』 ・・・ 凸版同様、版に凸凹があるのですが、今度は逆に凹んだ

部分にインキを溜め、印刷物に転写する印刷方式ですが、構造は水車を

ご想像頂けると分かりやすいかも?

グルグル回る水車が下からインキを汲み上げ、上がる途中で『ドクター』と

呼ばれる刷毛みたいなもので、凸部分にもついているインキを、掻き落す

ことで、凹んだ部分にのみインキが残り、そこだけが転写されます。

『孔版印刷』 ・・・ 版に孔(あな)を開け、その孔(あな)からインキを落す

ことで、インキを転写する印刷方式で、シルク印刷が代表的なもので

スクリーン印刷とも呼ばれます。

これまた小学校の頃、鉄筆等で文字や絵を描き網をかぶせたうえで、

上からインキを流し、ローラーでゴロゴロ、ゴロゴロ。。。。。そう、ガリ版印刷を

思い浮かべて下さい。

我々の扱うオフセット印刷は『平版印刷』です。化粧箱作成において

美粧性・コスト・製造ロット・・・色々な点から総合的にに見て最もよく使用

されている印刷方式です。

このオフセット印刷についての四方山話を少し綴ってみたいと思います

 

化粧箱の印刷方法・・・オフセット印刷について

前述したように、オフセット印刷は種類としては平版印刷になります。

その名の通り平らな版を使用した印刷方式なのですが

この版には撥水性が有る部分と親水性の有る部分とがあり

それを版胴にセットします。

で、版胴を回して水を溜めている部分を通ります。

このとき親水性の有る部分にのみ水が付着します。

つづいてインキを溜めている部分を版が通るわけですが

この時既に水が付着した部分には水と油(インキ)の

関係でインキが付かず、撥水性があり水を弾いていた部分にだけ

インキが付着します。

あとはインキと水の付いた版をブランケットというゴム胴に

転写してそこから紙へと転写をする。

これによって紙に任意の色を任意の場所に転写できますので

これをインキの数だけ繰り返し、色の掛け合わせによって

様々な色表現を行い印刷完成!というわけです。

利点としては

①かかる圧力が強くないので、細かい文字等もある程度まで表現できる

②版が固い紙に直接触れないため、摩耗が少なく大量生産が可能である

の二点が主に挙げられます。

ちなみに版からブランケットへと画像を剥がして移す、

さらにブランケットから紙へと剥がして移すと

剥がす(off)移す(set)を繰り返すことから

オフセット印刷と呼ばれているそうです。
と、印刷方法としてはこんなところですが

もう一ネタ。

より綺麗で安定した色を出すための印刷の方法

→特色を使います。

印刷時に使用するインキにはCMYKの4色が一般的ですが

4色の掛け合わせで色表現を行うため、微妙な調整を必要とする

色のときにはその色を表現するため専用のインキ(特色)を使用します。

このことによって掛け合わせでの微妙な色の寄り(赤っぽくなったり等)

を防止し、より安定した色を表現できるようになります。

 

オフセット印刷する化粧箱の美粧性とその特性

oil-and-water-1691126_640

弊社の印刷方式としては、オフセット印刷です

基本的にはCMYKのカラー4色が使われることが多いです。

CMYKとは、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)

のことで、この配合比率を変えることによってすべての色を表現することが可能です。

029

理論的には上記画像のようにCMYの3原色だけでも可能です

が、実際にこの3色で黒を表現すると汚~い灰色になったり、

バランスによって赤っぽい青っぽい黒になるため、また、細い線・

文字等を再現するための見当の問題等から、黒は黒インキとして

独立しています。

そして配合比率を変えると言っても、実際に印刷する際には

その濃度を変えるのではなく、アミ点の大きさを変えることに

より、配合比率を変えて再現して行きます。

(まぁ、実際には印刷濃度によっても若干の調整は可能です)

で、その『アミ点とは?』ということなんですが、

文字通り『網目のような点』のことで、化粧箱に印刷された

写真や人物等々をよ~く見ると(一般の方はあまりお持ちで

ないと思いますが、拡大率15~20倍のルーペなどで見ると

より良く分かりますが)、小さな点の集まりによって再現され

ているのが分かります。

 

printcol

実に不思議です。

人物の顔・風景写真等々すべてが、このCMYKの4色の

『点』の集まりだけで再現されております。

そして、この『点』の一番キレイに再現できる印刷方式が

オフセット印刷なのです。だからこそ化粧箱はとても美しいのです。

ただ、すべての色が再現できるとは言いますが、実際には難しい色もあります。

特に淡ーい色【薄緑・薄オレンジ・薄ピンク・・・・】の場合、CMYの

ほとんどが数%のということになると、紙のうえに小さな点が

少しづつしかつきません。ということは、ほとんどが紙の色に

なってしまいます。で、その紙の色が汚ければ・・・・ということです。

*ちょっと、この部分は分かりにくいでしょうね。かつ、これだけの理由でもないですし・・・・・

そもそも厳密に言うと

CMYの色(インク)自体が、純粋なCMYでもないとか?

で、そんな時は特色という別練りインキを使用することでほぼ解決します。

 

UV印刷を利用して化粧箱の付加価値をアップ!

この章では「UV印刷」での化粧箱作製について

書いていきたいと思います。

で、そもそも「UV印刷」とは何ぞや?

という方のためにご説明を…

 

UV印刷とは?

紫外線を浴びせることによって

瞬間で乾燥する性質を持つインキと

それに紫外線を浴びせるための紫外線照射ランプを

用いた印刷方法です。

従来の油性インキとの最大の違いはやはりその

速乾性であり、この性質のおかげで数々の利点があります。

①製造時間短縮

→油性インキの場合、通常は半日~一日は

乾燥させてからでないと次工程には移れないのですが

UVインキだと速乾するため印刷工程終了後すぐに

トムソン等の次工程に移ることができるため

製造にかかる時間の短縮になります。

②パウダーいらず

→速乾するためブロッキング※¹防止として

使用されるスプレーパウダー※²が必要ないので

パウダーによる表面加工の悪影響が無くなります。

※¹ブロッキング
印刷終了後、インキが未乾燥のままの紙に圧がかかる等によって上の紙とくっついてしまい
次工程での作業時に悪影響を及ぼしたり紙を汚したり、傷つけたり…という現象です。

※²スプレーパウダー
油性インキでの印刷時に使用します。↑のような現象を防止するために印刷時に
細かいパウダーを紙全体に噴射し、紙と紙の間に空間を作ることによって
紙同士のインキの接着を防ぎつつ乾燥を促します。

③高い耐磨性

→①,②はどちらかというと製造側から見た

UVインキの利点ですが、これは購入する側から

しても大きな利点になりますね。

油性に対して擦れ等に強いです。

それでも表面加工を行った方がより良いですが。

④特殊紙への印刷

→これが書きたいが為にここまで書いてきました(笑)

個人的には速乾性の強みのなかでも特にこの点が推しです。

というのも油性インキでは乾燥に時間がかかるために

例えば銀ホイルの加工がなされた紙とか

PPのフィルムが貼られた紙だとか

これら油性ではインキが弾かれて浸透させることが

難しい紙でもUVなら速乾させることで

インキを固着させるため、印刷が可能です。

と、UVインキについては大体こんなものでしょうか。

ただ欠点としてはインキ・紫外線照射ランプとともに

コストが高いので油性に比べると費用が高くなる。

というところですね。

 

銀ホイルを使用した化粧箱なんか中々かっこいいと思いますよ。

 

化粧箱、黒印刷の2つの表現の仕方

rose-234483_640

 

黒のことを印刷業界では墨と表現します。

つまり、黒印刷というのは墨印刷という表現を用いります。

黒というものは色の濃さの最終形でこれより濃い色は存在しません。

黒そのものの濃度を濃くすることはできても

色を黒より濃い色にすることはできないのです。

厳密に言うと、濃いのではなく暗いという表現は正しいのかと思いますが。

この黒色。

色の4原色【C(シアン=藍)M(マゼンタ=紅)Y(イエロー)B(ブラック)】

の内の1色に当たりますが

この4原色から黒を除いた3原色を混ぜ合わせると黒になる

ということになっております。(厳密に言うと、黒にはならないわけですが。)

この原理を利用した黒の表現方法についてお伝えします。

 

黒印刷には2つの方法がある

墨ベタにはよく使われるものが2種類ありまして

1つは、単純に墨濃度100%のみで行う墨ベタ。

もう1つは色の3原色であるC(シアン=藍)M(マゼンタ=紅)Y(イエロー)

これら3色をそれぞれ40%~50%ほどに設定して

それに加えて墨100%を足して表現するリッチブラックというものです。

墨ベタ単体の方は何と言っても墨しか使いませんので

見当ズレの影響を怖がる必要がありません。(その部分においてはという意味です。)

そのため文字や小さなデザインのものなどに使用可能です。

ただし、これは墨に限りませんが1版のみでベタ印刷を行うと

ピンホール現象が起こりやすくなります。

そのため、範囲が広いもの等には同じ版を2つ作り

墨ベタを2度掛けたりもします。

ちなみにピンホール現象とはその名の通り

ベタ範囲の一部が穴抜けのように白くなってしまうことを指します。

ベタ印刷を行う版に埃等が付着してその部分にだけインキが乗らずに

印刷されてしまうことが主な原因となります。

版に埃が付着して発生しますので

2版で行っていればその分防ぎやすくなるという理屈です。

 

一方リッチブラックは

4色掛け合わせによって表現されるので

墨1色に比べてずっと鮮やかな黒色が表現されます。

またデザイン上、既にレギュラー4色を

使用しているのならば

わざわざ墨版をベタ用に追加する必要が無い分

費用を削減できたりもします。

欠点としてはやはり4版使ってのベタなので

墨ベタ単体に比べて見当ズレが発生しやすいので

文字や小さなデザインには不向きです。

また4色掛け合わせの分、若干赤みかかったり青みかかったりと、

墨の色の均質化も墨ベタに比べた難しいです。

 

墨を使わない黒表現

通常黒の表現を行う際には墨を用いるのですが

色表現の仕組み上CMYの3色を混ぜ合わせるだけでも

黒色は表現されます。

特定の色の光を吸収して反射する色を限定することで

色表現を行っているため、全ての色を吸収してしまえば

つまりCMYを混ぜ合わせれば黒色が表現される。ということです。

 

化粧箱のパール感を出すならグラビア印刷?フレキソ印刷?

『パール紙が高い!』

お客さまの悩みのご相談がありました。

弊社が受注していた案件ではなかったのですが、

色々話をしている時に、『この箱が高いんだよねぇ。まぁ、パール紙を

使っているからある程度仕方ないんだけど・・・比較だけになると思うけど、

一度見積もってみてくんない?』とのことで、見積りました。

2016032601

結果は・・・【やや安い】です(苦笑)。

まぁ最初から、たとえかなり安くても、初期費用等の実質的なことから、

人間関係のしがらみのことまで色々あり、弊社に移すという可能性は

ほぼ”0”と分かってはいたのですが。。。

まぁ、それは別として、今後の為にと思い、代替案も出しておきました。

それが、パール紙のかわりに『一般紙+グラビアパール』と『一般紙+

フレキソパール』です。

~~~~ここで再度少し印刷方式の話を~~~~~~

『グラビア印刷』 ・・・ 印刷方式は凹版印刷で、版に凸凹があり、版の

凹部分にインキを溜め、印刷物に転写する印刷方式ですが、構造は

水車をご想像頂けると分かりやすいかも?

グルグル回る水車が下からインキを汲み上げ、上がる途中で『ドクター』

と呼ばれる刷毛みたいなもので、凸部分にもついているインキを、掻き

落すことで、凹んだ部分にのみインキが残り、そこだけが転写されます。

『フレキソ印刷』 ・・・ 印刷方式は凸版印刷で、こちらも版に凸凹がある

のですが、今度は逆に凸の出っ張った部分にインキを付け、印刷物に

転写する印刷方式です。もっとも歴史が古く、原理が最も単純な印刷方式

と言えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『一般紙+グラビアパール』と『一般紙+フレキソパール』を比較すると

値段的には、さほど変わりはありませんが、パール感は『グラビア』の方が

高いでしょう。

であれば、フレキソパールは意味がないと言えそうですが、フレキソ印刷の

特長として、溶剤系のインキではなく、水性インキを使用されているため

『エコ(=環境にやさしい)』であるといえるでしょう。

『エコ(=環境にやさしい)』は今後ますます重要視されるポイントの1つ

であると思います。企業ポリシーとして環境保護を大事にされている会社

さまにとってはアピールポイントにつながると思います。

 

化粧箱の生産を行う印刷機とその回転速度について

 

この章では化粧箱を生産するにあたっての

弊社の設備である印刷機とその速度について紹介しようかと思います。

オフセット印刷機、弊社では2台ありまして

1台が…UV・油性印刷兼用の菊全版5色印刷+水性コーター付きでして、

もう1台は…油性印刷の菊全版4色印刷機となっております。(弊社HPより)

オフセット印刷は大量生産に向くうえに鮮明な印刷が可能、という

印刷方法としては非常に優れたものなのですが、

(当HP、印刷の方法にてすこし詳しく書いております。)

さて、では実際どのぐらいの速度で印刷されていくのかと申しますと、

およそ一時間辺り10000枚ほどの回転速度です。

なんと一秒辺り約2.8枚!

もちろん使用する色数やデザインやベタの有無によっては

これよりも早く・遅くなりはしますが。

そしてこの回転数で排出されていく紙を時折抜き取っては

版傷やらピンホールやら見当ズレやら色具合やらと

様々な角度から目視検査を行い、もし何かしらの不具合が生じていれば

すぐに機械を止めて問題の解決を図ります。

とはいえ一秒に2.8枚も印刷されていきますので

あんまりのんびりと目視検査を行っていたのではあっという間に

印刷不良が増えてしまいます。

仮に1分もかけて検査していると、不良を発見して機械を止めても

その間に約170枚はその不良の状態で印刷されてしまうのですから

いかに早くかつ正確に検査するかが重要です。

こうしてオフセット印刷を終えた紙(刷り本といいます)を

次工程の打ち抜き現場へと移動させて、印刷終了となります。

 

化粧箱におけるデジタル印刷とは

201510021

 

化粧箱を作成する際に使用するオフセット印刷の場合、

デザインデータから刷版(印刷用のハンコ)を作成し、

その版を印刷機に取り付けろことによって

デザインを原紙上に再現していきます。

それに対しデジタル印刷とは

版を出さずに、デザインデータから

直接、紙上に再現していくものです。

その代表的なのはインクジェット・オンデマンド印刷などでしょうか?

このデジタル印刷なのですが、、、、、

薄紙(チラシ・ポスター)では、少部数ならオンデマンド印刷の方が

安く、(印刷会社から見て)『製品』として扱われることが多いです。

また、パッケージの世界においては

現在は『色校正用として』や『サンプルダミー用として』使用されることが多いです。

現在は!です。

はじめにお話しました刷版にしても、

以前は一度フィルム出力してから、そのフィルムを焼き付ける刷版でしたが、

今や主役はCTPでフィルム刷版の方が少なくなってきました。

時代の流れは非常に早いですね。

・ロットが多くなるとオフセットの方が安い。

・罫線上に印刷すると罫割れを起こしやすい。

・原紙自体に凸凹面がある場合に上手く印刷出来ない。

これらの理由で、まだまだパッケージの世界には

乗り越えるべきハードルが多いことも事実です。

しかしながら逆に言うと、そのハードルを超えさえすれば、

一気に塗り替えられてしまう可能性もあります。

それほど、このデジタル印刷には、可能性を秘める所があるということです。

この章ではそんなデジタル印刷についてです。

 

デジタル印刷の仕組み

以下、リコーさんのHPからの抜粋です

 

=========ここから==========

 

≪デジタル印刷機のしくみ≫

デジタル化で高画質を実現「ガリ版」印刷に始まった孔版印刷は、今ではデジタル印刷機と

なって職場や学校で活躍しています。

1.読み取り・画像処理

原稿をセットして、製版スタートキーを押すと、光が原稿をなぞって

原稿パターンをドットパターンに変換し、製版部に送ります。

直接つないだパソコンやワープロからダイレクトに原稿データを送る

こともできます。

2.製版
マスター(版)のフィルム面は、サーマルヘッドの熱の力によって

原稿どおりに穴をあけられ、ドラムに巻き付けられます。

3.印刷

ドラムは、蜂の巣状に穴があけられたステンレスの板(版胴)で、

さらにその上からスクリーンと呼ばれる目の細かい布が巻き付け

られています。

ドラムの内側からインクローラーがインクを押し出して、版胴、

スクリーンを通過したあと、マスターの原稿パターンに沿って押し

出され、原稿パターンを紙に転写します。

 

4.浸透・乾燥

紙に転写されたインクは繊維に沿って浸透し、前の紙の上に

着地するまでに乾燥します。

 

=========ここまで==========

 

 

デジタル印刷の今後

とある機械メーカーの方の話を要約すると

デジタル印刷がオフセットに取って変わるというところまでは

かなりの時間を要するだろうとのことです。

その理由として

① ここ10年でそれほどの大きな進化は見られていない

(=今後も、早く進化すると言っても数年程度じゃない)

② そもそもターゲットが違う。

③ トナーが高いので、たとえスピードが速くなっても

大ロットでは原価でかなわない。

ということが挙げられます。

 

デジタル印刷の今後・・・裏を返せば

デジタル印刷はトナーそのものが高いので大ロットになってもオフセット印刷のように

コストパフォーマンスがよくなりづらいという側面があるとのことですが。

裏を返せば小ロットであれば

十分にコストメリットが出せるということでもあります。

事実、全く手も足も出なかった相見積案件があり、

お客様になんとか教えてもらったところ、

競合先さんはやはり『デジタル印刷』でした。。。

ちなみに、ロット300ヶです。

恐るべしデジタル印刷のコストパフォーマンスですね。

お客様からのニーズが増えれば対応策を考える余地ありの

課題となるやもしれません。

ということで、デジタル印刷についてお伝えいたしました。

用途によっては十二分に効果のある印刷手法の1つですね。

 

最後に化粧箱のネット印刷について

e-commerce-402822_1280

 

インターネットが普及して随分経ちます。ネット販売されている物も多種多様になり、

ネット通販でお買い物をすることが当たり前の時代になっていますね。

印刷物という商品をネットで頼むことも普及しています。

テレビCMでもネット印刷の広告がばんばん流れているので、

皆さんも耳馴染みではないでしょうか。

名刺、ハガキ、チラシ、リーフレット、カタログ、パンフレットはもちろんのこと、

団扇やシール、CDやDVDのジャケットなんかもネット印刷で

購入することが出来ます。

化粧箱もネットで購入もで出来るんです。

最近、私も営業活動の中で、お客様から『今までは、ネットで頼んでいたんですよ。』や

『ネットで頼んだら安いからね。』というようなお話しをよくお聞きしました。

ネット印刷での購入の一番のポイントはやはり価格ということでしょう。コストメリットは、

購入される側にとって一番の要素になりすね。

なぜ、安く提供できるのか?

ネット印刷は、通販ですので、消費者側が商品を

見て注文し、指定された日に「商品」が届きます。

発注やデータの入稿などのやりとりはすべてweb上で行われます。

つまり通常の印刷会社で営業が担っていたやりとりを、

インターネットを通して行う為、印刷に占める営業マンの固定費用がいらくなり、

その分、コスト削減が可能になっているんです。

その他、印刷に必要な資材を前もって大量に調達し

大幅なコストカットをしています。用紙の種類などを

絞って販売しているのもこの点が要因になっていると思います。

化粧箱の販売で営業マンがいないということは、

ネット印刷で頼む場合、名刺やチラシ、カタログなどは

寸法が決まっており、印刷データさえ、その寸法で

作り依頼すれば、大丈夫です。材質についても

その製品に適した一定以上のもので、用紙されているので

問題はないでしょう。

ただ、化粧箱(パッケージ)はそうはいかないと思います。

中に入る商品の大きさはもちろん、重量や材質などに

合わせた、材質や形状などし事前のお打合せをし

白ダミーを作成しお客様とともに確認作業をすることが

大事な要素と考えます。

実際に、化粧箱ではないですが、私も以前のスマホのケースをネットで

購入したのですが、失敗してしまいまいた。

購入の決めては、オリジナルで文字が刻印

出来るというものでしたが、WEB上の注文の手順で文字

の種類・大きさ・位置などを選択していきました。

実際の商品が届いてみると、思っていたより文字は小さく

位置が違っていたんです。注文の方法がまずかったのかもしれません。

また、材質や手触り感も思っていた

ものとは少し違っていたので、結局使った期間は短ったのです。

やはり、実際に物を見て(打ち合わせ)をして物を

作る、購入することって大事だと思った次第です。

化粧箱は、ただ単に商品が入ればいいと言う物ではないと思います。

機能性や保護機能、如何に目を引くかなど

果たす役割が多いパッケージですので、私たち営業マンが

お客様と顔を合わせ、しっかりと打ち合わせをさせていただき

こだわりの良い箱をつくっていきたいと思っております。

 

長々と化粧箱におけるオフセット印刷について、あれやこれやと書き連ねましたが、

当社が出来る事は、当社の設備を最大限利用して、経験と工夫でお客様の要望に

近づける、いやお客様の希望を超える商品を適正価格で提供することが

使命だと信じ頑張ってまいりますので、どうぞお気軽にご連絡下さいませ!!

 

 

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ