パッケージの素材や形状についてご紹介いたします。

先日、あるお客様と商談としている中で、
いきなり、御社で丸い箱って出来るの?聞かれました。
最初頭に浮かんだのが、球体のパッケージでしたので、球体はさすがに…。
とご返答をすると、いやいや円柱のパッケージをとのこと。

詳しくお聞きすると、新しい商品を考えており、
スティック状の袋で30本ほど入れものをとのことでした。
それは、紙管のケースになりますねとご返答をし、
当社でも手配は出来ますよとお話しをしておりました。

なぜ、円柱のパッケージをお考えなのかお聞きしたところ、
商品自体は、スティック状なので通常の紙器箱でもいいのだが、
店頭に並べた時に目を引くものにしたいとの事でした。

確かに、紙管の円柱の箱は、アイキャチ性はあるかもしれませんが、
箱自体完成してしまうと、折りたたんだ状態に出来ないので製造コストよりも、
完成後の輸送運賃コストや在庫するスペース等がかかりますね。と
お話しとして、その時は詳細までの話しにはならず、商談を終えました。

その後、次のご商談の時に、先日おっしゃっていた紙管のケースの商品ですが、
例えば、六角形の形状のパッケージはいかがですかと、
サンプル品をお見せし、ご提案をさせていただきました。
その箱でしたら、通常の紙器箱と同じコスト感で製造できる旨と、
アイキャッチ性があること、また通常の紙器箱と同様に折りたたんだ状態で
輸送・在庫が出来ますよとお話しをさせていただきました。

お客様は、大変ご興味を持っていただき、面白いねとのお言葉。
持参したサンプルと展開図例をお渡しした次第です。

お客様が望んでおられることを、忠実に形にすることは、もちろん重要ですが、
例えば、形状などにより輸送費の増大や在庫スペースの圧迫といった問題など、
箱自体とは別の部分で、余計なコストUPが発生することがあります。
その辺りの事を考慮しながら素材や形状などから
代替案のご提案でお客様のお力になりたいと思っております。

さて、そういった話から今回は、この話のときのように様々なパッケージの形状や素材についての話を
お客様とのお話の中で提案させていただいたいくつかの話を紹介していきたいと思います。

ギフト箱の形状の提案~単価や素材・納品形態に差を出さずにより組み立てやすく~

さて、ここではクッキーのギフト箱の形状についての商談を紹介いたします。

このときお問い合わせをいただきました内容としては
クッキーを5枚ほど並べていれる箱を、オリジナルの印刷で作りたいとのことでした。
当然、クッキーですから高さの浅い箱が必要になるわけです。
さて、そこで問題になるのが、箱の形状です。

実際に、お伺いしお話しをお聞きしたところ、
現在は既製品でハンカチのギフト向けの箱を使っているとのことでした。
実際の箱はお見せ出来ないのですがいわゆる組立式の箱を使っておられました。
納品時は、トムソンで抜いた、平の状態でお客様が使用される時に、組立て使います。

そこで、素材は変えずに組立作業をしなくて済むパッケージをご提案させていただきました。

IMG_0269

IMG_0270

IMG_0271

 

 

 

 

 

 

箱の高さもひくく抑えることが出来、さらに箱を起こすだけて使える箱です。
加工としては、両サイドを折り返し、折り返しの4角をスポット糊で4点貼りをします。

箱にした状態では、今まで使われていた組立式の箱と
ご提案させていただいた4点貼りの箱で遜色はありません。
さらに、内側の組んだ部分が見えることもありませんので、
箱を開けたときも綺麗ですねと非常に気にっていただけました。
さらに、使いやすさはアップします。

費用や納品時の形状についても、現状形状を作成した時と
ご提案させていただいた形状でほとんど差がでませんでしたので、
ご採用の方向でご検討いただいております。

さて何故、あまり差が出なかったですが、
組立式の形状では、紙のロスになる部分が多くなります。
つまり、1個あたりの紙の面積が大きくなります。
ご提案の形状では、貼り工程が発生するのですが
その加工費用を、紙の必要面積が少なくて済む形状で
原紙費用が少なくてすみ、そこで吸収できたというわけです。

今回のケースのように、パッケージの形状はもちろん
使いやすさや、コスト面を考慮して後手案をさせていただきます。
現状お使いの箱も、改善が出来るかもしれません。是非、当社へお声がけをください。

パッケージの素材としてクリアケースでのご提案案件

ここではPETのクリアケースと紙のゲスを組み合わせたパッケージの
ご提案させていただいたときの話を紹介します。

美容系の商材でパッケージを作成したいとのお問い合わせがあった時のこと

お客様からのご要望は、外側は透明PETのクリアケースにしたい。
また中に入れる商品を固定する方法はお任せしますとのことでした。
PETのクリアケースは無地の無色透明になりますので、
商品名や商品の詳細、またアイキャッチなどは紙の台紙を入れることになります。

商品の内容としては、ネイル関連の商品で、そのネイルの時に使用する
ゴム製の指先のカバーになります。
それを5個セットにしてパッケージングをするとのことでした。

お客様のお話しでは、参考他社の商品のパッケージではポリ製の成形品で
型をつくりそれに入れているとのことでしたが、
その成形品の形状で作成すると金型代がかなりかかりますので、
一緒に入れる紙の台紙を利用して製品を固定できるような紙製のゲスを
透明PETケースにセットする。という方向で考えましょうと
お話しさせていただきました。

もちろん、そのゲスに合わせて、外箱のPETケースもご提案をさせていただく予定です。
先方様からのご要望は、吊下げが出来るようにヘッダーをつけて
メール便で発送できるように箱の厚みを出来るだけ薄くしてほしいとのことでした。

早速、設計と打ち合わせをし、形状・材質等をある程度想定し試作作成をしました。

上記商品と同時に、上記にネイルカバーとセットで
小瓶の商品2種の商材をセット販売する為のパッケージのご提案も
合わせてさせていただきました。

どちらのパッケージも透明PETケース+紙製ゲスの組み合わせになります。
透明の箱ですから、中のゲスも紙の裏側が見えないように
ゲスの形状の工夫が必要になります。さらに、商品を固定することがポイントで、
発送時に中の商品が箱の中で外れたりしないことが第一になります。
商品自体の顔(ラベル)も見せる必要があります。

このようなポイントを踏まえつつ設計しご提案をさせていただきました。
そして1点はご採用いただくこととなりました。

こちらはデザインの作成がスタートしておりますので
この分については、製品が完成したら、またご紹介いたします。

もう1点は、そのゴム製の製品パッケージとさらに、
小さな円注ケース2点をセットにしてパッケージにするというものです。
ご提案をさせていただいたものが下記になります。

外側は透明PETのケースになります。透明PETで中に入る製品や、
印刷内容がよく見えるように、サイド貼りの糊代の位置を背面に来るように、
また、蓋の差込が背面側に差し込まれるようにして、
正面側をスッキリさせるように設計しています。

その透明ケースに、商品を固定させる為のゲスを、厚紙で設計しました。
コストを削減する為に、貼り工程をなくし、
折加工と差込による接合を利用して形状を考えました。
また、印刷が片面のみで表現出来るようにゲスを組立て、
PETケースにセットした時に見える部分が全て印刷面になるようにしています。

IMG_0357

IMG_0356

 

 

 

 

 

 

 

白無地のご提案品ですので、少し分かりにくく申し訳ありません。

あらためて今回の設計のポイントとしては・・・
①印刷を片面で対応する
②加工に工程で、貼り加工をなくしコスト削減
③製品をセットし、輸送時に外れたりしない
④透明PETなのでゲスの裏面が見えないように

ということでしたのでそれらに対応できたのではないでしょうか?

さて、このご提案品については、非常にお客様に喜んでいただいたのですが、
実は中にセットする商品が増えることになりましたので、
再度設計をすることになり再提案を予定しております。
また紹介をさせていただきたいお思います。

素材となる原紙の風合いや厚みを活かした加工も

ここでは商談の中でのお話ではありませんが、
ちょくちょくお客様からできるのか?と質問される加工について
2点、ご紹介させていただきます。

まずは吊り下げ台紙の紹介です。

吊り下げ台紙と聞いてピンとこない方は一度どんなお店でも良いので
適当に入って辺りを見渡していただければ、
陳列棚の空き場所などを上手く利用して小さな商品を
フックを利用していくつも並べている大きな台紙を見つけられると思います。

私の印象では歯ブラシやふりかけパックなどが良く並べられていると思います。

さて、この吊り下げ台紙ですがどうも弊社、
というよりも化粧箱を扱うメーカーで製造することが
果たして出来るのだろうか?と疑問にもたれている方が多い気がします。

確かに一般的な板紙の素材よりもはるかに厚みがありますので
あまり携わったことの無い方からすれば
そのように思われることも不思議ではないのですが、
先程述べましたような店頭で利用されているような
吊り下げ台紙ならばほとんど問題無く製造できます。

というのも、そういった場面で使用されている吊り下げ台紙は
3枚の厚紙から構成されており、台紙の表面と裏面がコートボールを、
中間部分に厚めの厚紙(ちょっと妙な表現ですが)を使用して
その3枚を貼りあわせることで厚みと強度を持たせております。

表面にコートボールを使用することで
オフセット印刷が可能になり、
台紙の美粧性に寄与できます。

オフセット印刷はアミ点を一番キレイに再現できますので、

この辺りがコートボールを使用する利点の一つにもなりえると思います。

他にも板紙を使用することによって各種の表面加工も行えますので、
例えばプレスコートを引いて台紙に光沢感を持たせたり
PPフィルムを貼って耐水性を持たせたりと
展示する商品の特性にあった様々な加工も出来ます。
もちろん安価に行いたい場合はビニール引きやニス引きといった表面加工も可能です

 

つづいて、無地(印刷無し、という意味にて使用します。)の
オリジナルパッケージを製造するにあたっての話を紹介していきたいと思います。

無地のパッケージといいましても必ずしも印刷代をケチって味気ないパッケージを
作ることを目的にしているとは限りません。むしろ印刷をすることによって
せっかくの特殊な紙の風合いが損なわれることを嫌って
あえて無地で作製することもあります。
何故かこれも加工できますか?と聞かれることがあります。
工程としては印刷の工程が省かれるだけなのでまったく問題ありません。
しかし、無地ということは当然ですが
インキを使用しての紙マークやプラマーク・JANコードなどの記入は出来なくなります。

これは例えば賞味期限や原材料等が記載されたシールに
紙マークなども記載すれば問題ありませんがそうでない場合は
何らかの方法でもって紙マークを記入する必要があります。

さて、その場合に役立つものとして
木型作製時に紙マークの刻印を木型につけるような方法があります。

これはトムソンにて原紙を商品部分とそれ以外とに打ち抜く際に
木型に紙マークを刻印できる判子のようなものを一緒につけておくということです。
これによって罫線や刃を入れる時に一緒に無地の紙マークもつけられます。

この紙マークは8m×8mの大きさになっております。
紙マークだけでなく大文字のアルファベットやアラビア数字もつけることが可能です。
これらの大きさは6m×6mになります。

また、これらはインキを使用しての表記よりも目立ちづらいため
無地だけでなく、凝ったデザインに紙マークを入れることに
抵抗がある方などにも少し受け入れやすいかと思います。
当然ですが全面にベタ一色の印刷を施すものにも効果的と言えます。

ただしアルファベットを刻印できるといっても
木型の構造や強度の関係で短い文字しか刻印できませんので
そこはご了承いただければと思います。

というわけで、吊り下げ台紙・無地での原紙の素材を活かした加工の紹介でした。

ネット通販を利用した化粧箱の展開図を高級感や使用感と共にご紹介します。

最後になりますが、最近は通販商品を取り扱う会社様が増え、
ゆうメール等々の格安送料で送れる化粧箱をご希望される会社様が増えております。

ただ、化粧箱ですから厚紙で作成するものが多く、
そのまま発送に耐えられる強度でないものがほとんどです。
(中にはもちろん段ボール貼合品もあり、そのまま発送できるものもありますが)

ので、必然的に、その化粧箱を送付するようの外装段ボールが必要になります。

そのため、その外装段ボールの厚みが、各運送会社の基準にあわせた
厚みにしなければならない=それ以上に化粧箱の厚みは
薄くしないといけません(外装の中に入れられる厚みに設定しなければなりません)

そうすると、とても薄~い化粧箱サイズにしないといけないということですね。

ということで、そんな化粧箱を3種類ほどご紹介させて頂きます。

2016021305

① これは、各運送会社さんでもオリジナルの物を作成
されているところも多いいですが、封筒型のパッケージです。

これならマチがないので、詰め過ぎなければ問題なく
使用可能です。また、このタイプならそのまま発送することも可能ではあります。
また、貼られた状態で納品させて頂きますので、作業性も悪くありません。

ただ、やや簡素なイメージになるので、高額商品についてはどうかな??
というところです。

2016021306

② これは、組立式で身蓋一体形式なので、ある程度の高級感は保持出来ます。

ただ、組立にやや時間がかかりますので、①にくらべて
作業性が落ち、もちろんその分の作業代も発生します。

2016021307

③ こちらも組立式ですが、②に比べれば、組立やすく、
また、①ほど簡素なイメージはありません。まぁ、①と②の中間的な形状ですね。
私としましては、この形状はオススメです。一度、ためしてみて下さい。
これらは『厚みの薄いパッケージを!』というご要望に
お応えした化粧箱ですが、今回他にもご紹介させていただきましたように
例えば『細長いパッケージは?』とか、『こんな形状は出来ないか?』という
ご要望にお応えしておりますので、お気軽になんんでもご相談下さい。

 

…『簡単に開けれれるけど、しっかり封函したい』?
あっ!そんな時は『SS Pack』をどうぞ!!
【ちょっと、わざとらしかったでしょうか(笑)】

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ