パッケージ制作の色んな限界の話・・・①

coconut-696538_640
今週のお題は”限界”です。

限界というの大袈裟なのですが、制作上無理があるものがあります・・・

まずは以前にも書いた寸法ですが、当社の工場内と限ったことを言えば

印刷機を通る寸法が最大 715×1020㎜となります。

当社の機械は一般的に呼ばれる菊全機で、菊全は菊判を指し、全は全判を意味します。

菊判というのは原紙を取り扱う人には分かるのですが、そうでない方は???という寸法です。

菊全を寸法でいうと、636×939㎜で原紙の一つの基準です。もう少しややこしい話をすると、

菊判という単位は洋紙(チラシやポスター、パンフレットに使うような紙)のもので、我々の取り扱う

紙器関係の紙は一般的に板紙といわれそれよりも厚い物になり、板紙の場合はK判と呼ばれます。

このK判は菊全と若干寸法が違い、K全の寸法は650×950㎜となるのです。

ちょっと話が横にそれましたが、その菊全が通る機械でも色々あり、当社の機械は寸伸びサイズ

となり(菊全より少し寸法の大きいという意味)、ある意味重宝するのです。

それは、原紙によってはこの菊全ともう一つの基準、四六判788×1091㎜しかない事が多いのですが、

消費量の多いコートボール等は、この基準寸法をもとに紙商さんが独自の寸法を在庫されておられ、

その寸法が例えば、710×1000mmであれば通せる機械と通せない機械が出てくるのです。

これはすなわち取り数に行きつき、同じ個数を制作する場合は通し枚数が少ない方が、コストが安くつく

ことに繋がるのです・・・。そんなに多い機会で限界寸法に携わることもないのですが、少なくもなく、

印刷の限度寸法というのは大事な設備要因ともなります。

ただ、それ以上大きな寸法は印刷出来ないのか・・・、と思われるといけないので・・・

当社ではL判 800×1100㎜も刷れる協力会社さんもあり、そのあたりは問題ないのですが・・・

コスト面からいうと自社内制作するほうが、お客様へのメリットは出せるのかな・・・と思っています。

 

あれ・・・、限界についてあれもこれも書こうと思ったんですが・・・。

 

予想外の文字数になってしまいました。(笑、もっと書けよの声もちらほらと・・・)

 

というこで、続きは来週また書き足しますね!!(・・・、今タイトルに①を書き足しました)

それではまた来週!!(笑)

 

 

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ