パッケージを依頼する時、選択される業者になるには・・・

thinker-1027594_640 (1)

パッケージ作成を依頼する時に、何が決め手で業者を選んでいますか?

昨今の傾向では、やはり価格が一番の要素となる事が多いようですが・・・

それだけではありませんよね!!

勿論、今まで加工依頼をしている先を信用して、品質、納期、価格と安心出来る

業者さんに依頼する事が多い事だと思いますが。

今までにパッケージを依頼した事が無かったり、現状のパッケージに関する不満・・・

価格であれば、それは適正価格なのか?

納期であれば、それは速い対応なのか?

品質であれば、それは高品質なのか?

そんな事に疑問を持たれた時、一度他の業者に聞いてみよう、と思うのは当たり前です。

ケイパックがお客様に出来る事・・・

当社は印刷機(UV5色機コーター付、油性4色機)打ち抜き機(4台)、

グルアー機(貼り機、3台)を設備し、プレスコート等の表面加工、箔押し、窓貼り

以外の行程は、自社工場内で加工が出来る紙器メーカです。

その設備の中で、特殊な機械を持ち合わせていなくても出来る、

一貫生産を通して成し得るメリットを少しお話したいと思います。

一貫生産における、品質メリット

大阪のパッケージ制作の現場では、中大手の紙器メーカさんであれば、一貫生産は当たり前の

様に行われていますが、小さい規模での一貫生産を手掛けている業者さんは少ない様に思えます。

したがって、多くの加工業者さんは分業して、例えば印刷のみの印刷会社さんであれば、

印刷以外の加工は下請けさんへ依頼し、最終工程まで他工場でお願いする事になります。

設備を持たずに、すべてアウトソーシングで加工してしまう事も可能です。

もちろん、この場合でもそれぞれが専門業で加工されておられるのですから、

この事が低品質に繋がるという訳ではありません。

それでは何が品質に繋がるか、それは会社が一貫生産で仕事を受けているという責任感です。

おいおい精神論かと思われますが、これはとても重要なことで、例えば抜き作業時に何かしら

印刷の不具合を見つけたとしましょう。それはすり傷や、インク汚れと分かるような物であれば、

分業制をとっていても、印刷不具合ではなかろうかと連絡は行くと思うのですが、

印刷濃度が微妙に濃くなったり、薄くなったりしている場合。

同じく分業の一端を賄っている立場同士の加工業者であれば、

これ位は・・・

これは連絡するまでもないか・・・

となってしまう事も少なくはないと聞きます。

これが一貫生産で仕事を受注している場合は、

もしかしたら不良につながるかもしれない・・・

お客様の希望品質に見合わないかもしれない・・・

となり、抜き加工のオペレーターが印刷のオペレーターに、そして営業担当者にまで

現状報告され、確認作業がスムーズに行われます。

営業担当者はお客様の希望品質を聞き合せていますので、その場で判断出来る事もあれば、

直接お客様にお伺いを立てに行く事もあります。

この様に、品質保持の情報共有がスピーディーで正確な分、低品質の商品の出荷が

くい止められるとも言えます。

機械を操作するのも、製品を確認するのも、”人”です。

この”人”の判断が、強い責任感をもって行われると、品質も高いものになる、

と確信しています。

 

一貫生産における,納期対応メリット

これは単純に移動時間の短縮による時間的メリットです。

分業にて製造していると、どうしても横持(移動時間)が掛かってしまいます。

これは配送便のトラックのスケジュールや、加工終了時刻によっても変わります。

加工は仕上がっているが、配送便の手配がつかず、明日の配送となったりと

加工スピードとは別に時間を要してしまう事があります。

これも同場内での加工となれば、ほんの数十メーターの移動で次工程に渡せます。

しかも、加工終了時間の連絡も容易に出来ますので、無駄のない加工工程が組めます。

これをもっと突き詰めますと、それぞれの加工には準備時間というものが必要です。

印刷加工は色合わせ、抜き加工は高低取(罫線押しの圧の均一にする作業)、

貼り加工は、ライン修正、糊つきのチェック等・・・、すぐには本稼働とはいきません。

そうなると、印刷の刷始めの原紙を抜き加工に持ち込み準備、同じく抜き始めのブランクを

グルアー(貼り)に持ち込み、グルアーラインの修正と、タイムロス無しの純加工時間で

パッケージを制作することが出来ます。

この技・・・、結構な機会で発動します・・・(笑)

ただ、こんなことが出来るのも一貫生産の恩恵です。

勿論タイミングによっては、実現不可能な場合もありますが、

本当に納期の無い商品を、希望納期に作り上げる事は、一貫生産の大きな魅力の一つです。

 

一貫生産による価格メリット

価格メリットについてお話する前に、最近の要望価格の低さには驚かされるものがあります。

それは単に安く安くという御要望だけではなく、現実的に原価を割っているのだろう、

という様な価格さえ飛び交うことがあります。それは受け手側の加工業者に色々な思惑や、

問題があるからだと考えます。加工賃を省みず、単に受注し、金額を受け取らなければならない

状況にある厳しい加工業者さんや、顧客拡大の為、名刺代わりの破格な見積金額を提示される

加工業者さんも少なくはないです。勿論、そんな中で競争して行くのですから、価格対応に

ついては、真摯に受け止めなければなりません。

が、適正な利益がない製造受注が長続きするはずも無いとも考えます。

そうなると、一貫生産で受注している我々には、トータルコストの集約として考えられる事は、

価格メリットを出しやすいとも言えるかもしれません。

価格については、当社を頑張った価格だと、評価して頂くお客様もおられれば、

希望価格には届かないと言われるお客様もおられます。

それは当社が、お客様によって利益率を大きくしたり、採算を度返しした様な商いを

していないからだと思っています。お客様に希望価格がある場合、

話をお聞きすることもしますし、出来るだけそれに近づける努力も致します。

お客様と長いお付き合いが出来る様、一貫生産を軸に、適正価格をお客様とも同じく

考えていきたいと思っています。

 

最後に、パッケージを依頼する時、選択される業者になるには・・・の答えは

”信頼”だと思っています。

品質、納期、価格、どれを取っても信頼おける業者でなければ依頼を受けることは

難しいと考え、まじめにそれに向き合いたいと思っています。

そしてそれには、小回りの利いた一貫生産が強い武器となり、お客様に満足して頂ける

製品を作り上げたいと考えています。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ