作成時絶対に考慮すべき、販売におけるパッケージの役割とは

 

 

『パッケージNAVI』へようこそ。

私共は株式会社ケイパックと申しまして、主に化粧箱などの印刷紙器を中心としたオリジナルパッケージの製作会社です。お客様のご要望に都度お応えし、蓄積された経験と技術を以て、より良いパッケージをこれまでも製作し続けてまいりました。当ブログではパッケージ製作のための様々な情報・アドバイスなどを紹介させていただいておりますので、ぜひ皆様のパッケージづくりにお役立ていただけたらと思います。

 

最近、新規開拓営業でお客様へご訪問させていただいているなかで、色々なお言葉やご質問を頂戴します。

新規のお客様へご訪問させていただいたらまず、名刺交換でご挨拶をし、会社パンフレットで当社の業務内容や設備等のご説明という流れが一番多いわけですが、もちろん、私共は紙器・パッケージを製造していますのでそのあたりを詳しくお話させていただいております。要約しますと「設備は、紙器パッケージを一貫生産ができる設備をもっており、短納期・コストにおいて、メリットを出すことが出来ます。」といった感じでしょうか。

その際にいわゆる同業者様、同じ印刷業界の会社様などは、設備の細かな部分にご興味をいただき、こんな加工は出来るのか?というようなお話になることが多いですね。その結果、「当社の出来る事」に対してご注文いただけたりしております。

では実際にパッケージを必要とするユーザーのお客様からはと言いますと、設備等のご説明に対してはあまりご質問はなく、かわりに「ケイパックではどんなオリジナルのパッケージが出来るの?」であるとか、「パッケージ以外もお願い出来るの?」などのお話が多くなります。この時の「オリジナルのパッケージ」というのは、「当社独自の(他所では出来ない)パッケージ」であったり「面白い・珍しいパッケージ」を指しておりますので、広く言われるところの「既製品ではない、お客様の要望によるデザイン・形状・材質等のパッケージ」という意味ではありません。「他社にはない強み・アピールできる点」はあるか、と聞かれるわけですね。

ちなみに当社独自のものもございますので、後程ご紹介させていただきましょう(笑)。

先程の「お客様の要望によるデザイン・形状・材質等のパッケージ」ですが、当社ではお客様それぞれのご要望に沿う形でご提案しながら作り上げていきますので、ある意味すべての箱がお客様と当社でのオリジナルパッケージであると言えます。もちろん、当社しか出来ない、当社が考案したということも大事ですが、お客様と当社で一緒になりという点を大事にしていきたいと考えております。

ところで、そもそも『パッケージ』とは何なのでしょうか? 流石にお客様から「パッケージって何?」と訊かれた事はありません(笑)。が、果たして我々は本当にそれを詳しく知っていると言えるのでしょうか。

今回は、オリジナルと言わず『そもそもパッケージとは何か?』という事に端を発し、『パッケージを作る時に留意すべき、パッケージの役割』についてご紹介させていただきたいと思います。皆様が商品を販売するために必要となるパッケージ、それについて一度しっかり理解を深めてみることで、パッケージを作る時に考慮しなければならない点が見えてきます。

「いや、知ってるよ?」という方も、一度しっかりつかみ直してみることで新たな発見が出来たりもするのではないでしょうか?

 

最後までお付き合いいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

パッケージと販売 パッケージって何?

パッケージって何?ということですが、まず『パッケージ(=package)』を辞書で引くと大きく2つの意味に分かれます。

① 包むこと

これは、お店で買った商品を包装紙でラッピングしてもらうようなこともそうでしょうし、引っ越しの際の荷物の梱包もそうでしょう。そして、容器・化粧箱のような、そもそも包装するための物そのものを指すこともあります。

② ひとまとめにすること

これは、ソフトウェアを想像してもらえば分かりやすいかもしれませんが、色々なソフトを全部まとめて一緒に売る『パッケージソフト』・お好みのソフトをオリジナルにカスタマイズして・・・という『システムパッケージ』、その他にも、『パッケージツアー』などというのもありますね。

 

【当社の(製作会社の)・・・・・『パッケージって何?』】

当社の言うところの・当社のビジネスとしては、『パッケージって何?』と聞かれれば、今更ですが(笑)もちろん化粧箱です。

主に、厚紙を用いて、『印刷-表面加工-抜き-貼り』の工程によって作成される商品を入れる箱で、具体的には下記のようなものです。

 

サック箱(キャラメル箱)

photo01-1

底地獄箱(底組み式箱)

photo02-1

横底貼箱(底ワンタッチ箱)

photo03-1

四隅貼箱

photo04-1

吊り下げ用ヘッター付箱

photo05-1

蓋・身 式組立て箱

photo06-1

パッケージの用途としてはもちろん、『商品保護』が一番重要です。

お客様の商品に合わせて、その大きさ・形状・紙厚・紙質等々を選定し、お客様の商品を守る強度をしっかり保持しなければなりません。

 

次は、アイキャッチ性です。

皆さまも、デパート・スーパー・コンビニ等々買い物に行かれるかと思いますが、なんとなく目に入るものってありますよね。もちろん、デザイン(グラフィック面)でのアイキャッチ効果もありますが、例えば多角形の箱であるとか形状によってもアイキャッチ性を高めることは可能です。

 

その他には、利便性もあります。

これは、エンドユーザー様の使い勝手という部分もありますが、『製造側の』という意味では、販売までの途中経過におけるセットのしやすさだとか、組立やすさだとかの作業性という部分もあります。

 

【お客様の・・・・・『パッケージって何?』】

つぎに、お客様にとっての『パッケージって何?』を考えてみると・・・

お客様のとっては、あくまで商品の『資材』であり、商品自体へのこだわりに比べると、どうしても『後回し』的な想いになるのは致し方ありません(決して、いいかげんに考えられてると言っているわけではありません)。

そして、実際の手配も当然のことながら商品開発が最優先であり、商品が決まらないことには化粧箱は考えられるわけがありません。商品自体の形状が決まらないと、化粧箱の形状も決まらない。商品自体のデザインが決まらないと、化粧箱のデザインも決まらない。当たり前ですね。

 

しかも、商品自体にこだわり妥協せず商品作りをすればするほど、発売時期(=タイムリミット)の決まっているものについては、化粧箱に掛けられる時間が少なくなります。

このように、仕事の流れから見ても当然ではありますが、化粧箱は『後回し』となり、時間もなくなってくるなかで手配しなければならないものになってきます。そして、もっと言うと・・・こだわりを持って作った商品ほど時間がなくなるのですが、そんな商品ほど化粧箱にもこだわりたいのですね。

 

我々としては、その辺は充分理解しておりますので、常日頃からお客様とコミュニケーションをとるようにし、ある1つの仕事を手配させて頂く際には、時には、『しつこい』と思われているのでは?と後で心配するほど最初のヒアリングに時間を掛けます。

ただ単純に言われた通りのものを、言われた通りに作成するのではなく、お客様が本当に望まれていることをヒアリングするのですね。

分かりやすく言うと『底ワンタッチが良い』と言われるのは、『作業性が良くなるので底ワンタッチが良い』ということだと分れば、もっと作業性の良い形状をご提案することもできるということです。

 

また、最初のヒアリングに時間をかけるのは、その方が結果的に早いからです。

途中からでは、それまでの時間とコストが無駄になるばかりではなく、それこそ間に合わない為、妥協せざるを得ないという最悪のパターンになることさえあります。

 

【我々の・・・・・『パッケージって何?』】

我々はパッケージ(=化粧箱)を販売させて頂いているわけですが、パッケージ(=化粧箱)だけ販売しているわけではありません。

もちろんお客様もパッケージ(=化粧箱)だけを購入されているのではないでしょう。

 

それは、パッケージ手配する際における『知識・アドバイス』であったり、『スピード』であったり、『任せられる安心感』というものであったりします。

 

冒頭でのパッケージの意味の『②ひとまとめにすること』ではありませんが、物としての『パッケージ(=化粧箱)』と一緒に、より良いご提案はもとより、時間のないなかチェックが漏れそうな部分・抜けそうな部分を補填できるよう、『かゆいところに手が届く営業』を心掛けてパッケージのプロとして、細かいところまでフォローさせて頂き、ご期待以上のパッケージを作成できるよう、かつ、迅速に手配させて頂きます。

 

そして、『パッケージ(=化粧箱)』というものを介して、それを取り巻く全体をパッケージ化して、お客様自身の発展に寄与するサービスを構築していきたいと思います。

 

パッケージと販売 考慮すべき3つの役割!

良いパッケージとはどのようなものでしょうか? もちろん、中の商品が売れる為のパッケージが一番いいパッケージとは思います。しかし、パッケージには、基本機能として3つの役割があります。その3つの役割を考慮しながら最適で、しかも売れるパッケージを作る必要があります。

たとえば、どんなにアイキャッチ性に優れたデザインや形状でも箱がつぶれやすかったり、取扱いが難しかったりしたら困ります。

それでは、パッケージを作る時に考慮しておかなけらばならない3つの役割として、パッケージの基本機能3つ保護機能・利便機能・情報機能の観点から考えていたきたいと思います。

 

【1.保護の役割を満たしたパッケージ】

パッケージには、中の商品を保護するという役割が一番にあります。

いろいろな要因から商品を保護する必要があるわけですね。

 

①物理的な要因からの保護をする

流通段階での、圧縮や振動、落下などの衝撃による破損、変形等を防ぐこと。真夏での熱や、海外へなどの時には湿気や水などの要因も考えなければなりません。

その為には、パッケージの材質や形状、または個包装のパッケージを更に内装箱や外装箱に入れるなど、上記のような物理的要因を考慮して選定してく必要があります。

 

②生物的要因や人的要因からの保護も必要です。

生物的要因としては、虫の混入があります。たとえば中の商品が見えるよう穴の開いたパケージなどを作る場合、穴を開けっ放しにするのではなく窓貼りで透明フィルムを貼る方が良い、その方が虫などの混入を防ぐことが出来る、などと考えていく必要があるわけですね。

人的要因としては、悪戯や、犯罪もあるかもしれません。一度開けると、分かるような形状や対策をする必要があります。

その昔、『毒入り危険食べたら死ぬで』などというお菓子メーカーを相手にした事件もありました。パッケージに入れた商品であれば一度パッケージを開けて細工をしなければなりませんから、開封されたかどうかを見分けられることが出来るパッケージで対応することが一つの役割になります。

 

【2.利便性の役割を持ったパッケージ】

①流通や商品充填の際の利便性を持つ

これは、商品を運搬する為の運び易さや持ち易さ、または在庫時等の保管のし易さ等になります。

「大きすぎる」や「重すぎる」など、段積出来ないようなものではパッケージの利便性が高いとは言えないわけですね。

また、形状についても、商品の詰め易さなども考えておかなければなりません。蓋部分はA式タイプなのかそれとも差込タイプにするのか、ほかにも底部分ならワンタッチ底にするのかジゴク底にするのかなど、どれを選ばれるかで生産性にも影響が出てきてしまいます。

 

②販売する時の利便性を役割とする。

店頭に並べた時を考えてみてください。どのようなパッケージが並べ易いでしょうか。他にも、見分けのつき易さなども考えてみるべきでしょう。

また、個装箱を何個か入れた内装箱を店頭へ並べる場合もあると思います。内装箱の上半分を切り取って、内装箱ごと店頭にならべているのを多く見かけます。ディスプレイボックスと言われる内装箱ですね。

これも販売する時の利便性を考えてのパッケージとなります。

 

③お買い上げ後の利便性の役割を持つパッケージ

お客様に商品を購入していただいたあとの利便性も大切です。

開封のし易さであったり、また再封されるのかどうかであったり。それらを踏まえてパッケージを作る必要があると思います。他にも、処分のし易さし等も必要になるかもしれません。

 

【3.情報機能の役割としてのパッケージ】

①デザイン等、アイキャッチや商品アピールなど訴求する。

商品のことについて、しっかりと伝達が出来ているのかどうか。

そして、目を引く形状やデザインをしているのかどうかなどになります。如何にお客様の目を引くかが、商品売れ行きの要因となりますから、とても大切な役割になりますし、この点は、実際に重要視される部分になりますね。

 

②商品の必要事項の表示の役割。

商品に基づき、必要な情報の表示をするということです。たとえば食品衛生法やJAS法、薬事法によるものがありますね。

また、バーコードや、取扱の注意事項などもこれにあたります。パッケージの開封方法などの表示なんていうのもあります。

他にも忘れてはならないところとして、「紙マーク」や「プラマーク」「ダンボールマーク」など、材質の表示や廃棄する方法などの表示もします。

 

【パッケージにおける3つの役割のまとめ】

上記のように、パッケージを作成する際には、保護・利便・情報の3つのの基本機能を踏まえて作成することが必要であり、大事な点となります。

中に入る商品をしっかりと保護しつつ、アイキャッチ性に優れたデザインと形状。それにパッケージの扱いやすさを兼ね備えた、リサイクルや処分のしやすいパッケージを作成していきたいと思います。紙器パッケージでは、それらを全て満たしたパッケージの作成も可能なのだと考えております。

さらに、上記の事を踏まえ、パッケージを作成する際の最大の要素ともなるコスト及び品質の面で優れている、ということが必要になります。つまり、3つの役割を満たした上で一定の品質基準をもち、コストを抑えたパッケージが理想的なパッケージと言えますね。

もちろん、商品が売れるパッケージを!!であります。

 

パッケージのセキュリティとしての役割

パッケージにおいては、色々な場面でこのセキュリティが施されています。

当社の「SS-PAC」などもセキュリティ対策の一つで、陳列棚における開封防止に役立つ機能なので、その効用についてはこの後にご紹介しておりますので一読いただけたらと思います。

この他にも箱にセキュリティ性を持たせる方法は多くあり、簡単なのは封印シールで容易に開封出来ないようにする透明シールから、シールを一度開封すると図柄が箱に残り、再度シールを貼ろうと思っても貼れなくするような機能のあるもの等様々です。

印刷技術では特殊な印刷方法やインクを使って、ブラックライト等による照射で偽物か本物かを見極める加工を施したりするのもセキュリティの一つと言えるでしょう。

紙器に限らず、台紙や商品券にもセキュリティ機能が設けてある事があります。最も身近なものとしてはお札の透かし等はそれにあたります。これは原紙を抄造する際に工夫があり、一般的な手抄きでは透かしの入れたい部分に異物を置き、その部分だけが多層で出来上がっている原紙の中で薄い箇所が出来上がり、透過して透かし模様となります、機械抄きでは多層に蓄積された原紙材料に押し型を当てて薄い部分を設けることで透かしをつくります。

ただ、お札の透かしは黒透かしと言われ、凹凸のある金属版で紙の薄い所と厚い所を作って透かしを作ります・・・、コレはためしに作って見ても御用となるので要注意です(笑)

くわえて挙げるに、商品券はセキュリティを持たせる為に、原紙への特殊ホログラムの抄き込や特殊インキ等の印刷技術で加工してみたり、様々な技が組み込まれています。

商品開封の有無を調べる、異物混入を防ぐ、偽物との区別をつける・・・セキュリティという言葉に色々な技術が盛り込まれ、更なる進化をしているのが現状です。当社もその一端を担うがべく努力しておりますので、こうした御用の際にもお声掛けいただけますよう宜しくお願いいたします。

 

パッケージの役割 形式も間違えると?

これまでと反対の例ともなるお話を一つ。

 

四隅貼り箱はご存じでしょうか? 形状でいうとこんな感じの箱です。

photo04photo04-1

 

さて、とあるお客様から、このような形状からフタをなくしたような状態のものをオリジナルのトレーとして使用しているとお聞きし・・・。

ただ、現状非常に単価が高いとのこと。

よくよく見てみますと、四隅貼りと、とても似ているのですが、四隅貼りではなく、八点貼りでした。

 

仕上形状【左】は、四隅貼りでも八点貼りでも見た目一緒。でも貼り合せ部分【右】をみると2重になってるのが判りますでしょうか。
(但し、下記画像は実際に問合せ頂いた現物とは異なります)
hattenhari

そうです。それは高いはずです。

この八点貼りは、たこ焼きやお好み焼き(似たようなものでしょうか(笑))などを入れる時に、中面にPPラミを施したうえで使用されたりする貼り形式なのですが、理由はソースとか、その他水分が漏れないようにするためのものなのですね。

 

そして、今回お問合せ頂いた商材は、『漏れ予防』するような心配は全く必要ない商材だったのです(もちろん即、改善提案をさせていただきました!!)。

いくらオリジナルの、良いトレーとはいえ、無駄に高くなることは避けましょう!!という一例です。良いものを作っても、そこに意味がなければただただ高いだけとなってしまいます!

我々は常にお客様目線でアドバイスさせて頂きます。

 

役割を持つパッケージ 当社独自の『SS PAC』!

最後に、上記中でも触れてました、当社のオリジナルパッケージ『SS PAC』について。

ケイパックでは、オリジナルパッケージとして実用新案登録済みの封函式簡易開封型パッケージ『SS PAC』があります。

これは、お客様の声を形にしたもので、お客様からのご要望・問題点をお客様と一緒になり考えた結果生まれた商品になります。

 

これまでにも何度かご紹介させては頂いておりますが、あらためて当社一押し【SS Pac】のご紹介をさせて頂きたいと思います。

sspac

まずはその名の由来から・・・

日本語で言うと・・・『封函式簡易開封型パッケージ』でありまして、

これを英語で言うと・・・『Seal&Simple opening Package』となりまして、略して  【SS Pac】  であります。

(PacがPackでないのは、当社名が Kpac であるということも含んでおります)

 

そして、一番大事な『機能』および『特徴』は・・・

≪機能≫

その名の通り、サクッと封函出来て、バリッと簡単に開封できるパッケージであります。

具体的には・・・

body2

そして、

body3

となります。

※形状はこれだけではなく、バリエーションもございます。

 

≪特徴≫

なんと言っても一番はバージン性が保たれ、お客様に安心をご提供できるということですね。

また、現在、開封防止シールを使用されているという方々には、かなり有益な、是非とも・何が何でもご検討頂きたいのが、この開封防止シールが不要になるということです。それがどういうことかというのをもっと具体的に言いますと、

① 開封防止シール代がかかりません。。。(当たり前ですが)

② (開封防止)シール貼りの作業代が軽減できます。

③ サクッと簡単封函だからシール貼りに比べて時間が短縮できます。

 

①~③すべてコストメリットですよね?

 

・右に置いてあったものを左に変えることで取り易くする。

・棚の位置を変えてまっすぐ歩ける動線を作る。

・3歩先にあったゴミ箱を手の届く範囲にもってくる。

 

こんな≪1秒の効率UP≫の積み重ねでコストダウンを測らねばならない。図らねば他社に勝てないという時代に、なんと簡単なコストダウンだと思いませんか?

 

新商材はもちろん、既存品のリニューアルにでも、是非是非一度ご検討下さい。

 

パッケージの役割 最後に

作成時絶対に考慮すべき事として、『そもそもパッケージとは何か?』という事に端を発し、『パッケージを作る時に留意すべき、パッケージの役割』についてここまでご紹介させていただきましたが如何でしたか?

 

実際のパッケージ作成・製造となれば、このうえ更に「納期!」という大変重要且つ厄介な要素も絡んできます。そうした中で、常に留意してより良いパッケージを作成していくというのは難しいことではあるでしょう。

たとえば正月・バレンタインデー・ホワイトデー、ハロウィンにクリスマス。さらには各社様毎のイベント事。こうしたイベント事は、我々パッケージメーカーにとっても嬉しい限りではあります(何故ならイベント用オリジナルパッケージなど発生するからですね(笑))が、より趣向を凝らしたいにもかかわらず、より短納期となりがちでいろいろな意味で悲鳴が上がるわけでして。。。先の難しさもひとしおとなります。

 

しかし、パッケージの役割を考えて作成するという事も「絶対に」と掲げた程に重要な事であるわけで。難しくとも、より良いパッケージを作っていきたいものですね。

この記事が、少しでもそのお役に立てたらよいなと思います。

 

それでも難しい!

そんな時には、ケイパックに是非ともお声掛けいただければと思います。きっとお役に立てますよう、一生懸命あたらせていただきます!

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ