パッケージの表面加工であるビニール引きについて

sheet-619333_640

オフセット印刷を利用した紙器のパッケージの製造において
その印刷面を保護するということは
非常に重要な要素の一つといえます。

せっかく満足のいくデザインが出来、
印刷の色の具合も良かったのに
商品の輸送時などにインキのこすれや傷などがついてしまっては
台無しですから。

そこで、今回はパッケージを作製するにあたり
その印刷面の保護等を目的として使用される
表面加工を、ビニール引きを中心に紹介したいと思います。

紙器のパッケージにおけるビニール引きとは

パッケージの印刷面の保護を目的とした
表面加工の一つであるビニール引きとは、
塩化ビニール系の合成樹脂に速乾性のニスを混ぜたものを
ローラーを通して印刷が施された面に塗布するものです。

耐磨性に優れ、比較的安価かつ安易に行える表面加工であり
ベタ面の多い印刷などのインキの使用量が多く、
こすれや傷が発生しやすそうな印刷等に使用すると
良いと思われます。

また、このビニール引きを施しても
後加工におけるグルアー工程、
すなわち糊貼りも問題無く行えますので
余計な手間のかからない表面加工ともいえるかも知れません。

まとめますと耐磨性が良く利便性もあり、その上比較的安価となります。

なんがた妙にビニール引きをほめたたえる感じになりました。
そこで次は他の表面加工とも比べていこうと思います。

パッケージ作製にあたりビニール引き以外にも表面加工があります。

ということでここではパッケージ印刷における表面加工の紹介として
ビニール引きの他の代表的なものを紹介します。

まず、「OPニス」です。
印刷面を保護する表面加工の中では基本的に
もっとも安価かつ素早く加工が出来る表面加工です。

というのも印刷時にインキを原紙に転写するときに、
それと同時に塗布することができますので
それだけ作業工程を縮めることが出来るということです。

ただし、表面を保護するという目的に対しては
ビニール引きやその他後述する表面加工に比べて
弱いためより安全を求められるのであれば
他の表面加工をおすすめいたします。

また加工上の注意点としては糊の浸透を防いでしまうので
うっかり全面に塗布すると糊貼りが出来なくなる。ということも注意点です。

次に「プレスコート」です。
美粧性や高級感を高めるために箱の表面に光沢を出したい!
というときに使用される表面加工です。
効果はその目的のまま、箱表面の平滑性を高め、反射角を揃えることで
まるで鏡のような光沢を出します。

表面の保護としても決して弱いものではありませんが
反射角が揃い、光沢感が強いため普通なら気づかなそうな
小さな傷などでも、その光沢感から目立ちやすくなってしまうところは
注意点といえます。

「PP貼り」
極薄の透明フィルムを印刷面に貼る表面加工です。
フィルムを貼るため上述の樹脂液等を使用する加工よりも
強度が高く、さらにプレスコートと遜色のない光沢感もあります。

さらにさらにフィルムを貼るという都合上
ある程度の耐水性も付与されます。

欠点としては高価である。ということと
通常のフィルムでは糊貼りが出来ないため
糊貼りを行う必要のある箱の場合は
糊貼りが出来るよう開発された「S-648」というフィルムを
使用しなければならないとういこと。
そして、このS-648は通常のフィルムよりもさらに高価である。
というところでしょうか。

またこれらの表面加工には艶出しと艶消しの2種類があります。
落ち着いた風合いが良い場合はこの艶消し版を選ばれると良いかと思います

「UVクリア」
これも光沢感のある表面加工ですが、他のものと大きく違う点は
OPニスと同様に印刷機で加工が出来るということと、
仕様上UVインキ専用であるということでしょうか。
紫外線を照射することでUVインキともども硬化させてしまいます。

この仕様上、表面の保護力が高く、またインラインで加工するということもあり、
PP貼りよりも安価で行えます。さらにそれと同じぐらいの光沢感もあります。

パッケージ作製におけるビニール引き等とは少し用途の違う表面加工

それでは最後にパッケージの印刷面の保護とは
少し用途のズレた表面加工をいくつか紹介します。

「窓貼り」
その名の通り、箱に窓のような穴をあけた部分に
中の商品が出ないようにフィルムを貼る加工です。
よく化粧品や玩具入のお菓子の箱などに使用されています。

他にも弁当箱の内側の面に貼って食品を置けるようにするためにも
使用されたりするようです。
鯖寿司とかの箱の内側に貼られていたりするそれです。
↑のPP貼りを箱内側の全面に貼っている場合もあるようです。

「ハービル」
ビニール引きと同程度の表面保護に加えて
耐油性・耐水性をも付与できる表面加工です。
例えば冷凍庫から冷蔵庫や箱を移動されたときの
水滴などで箱がたわんでしまうことを防止するためであったり、
油揚げされたお菓子などの油分による箱の変形を防ぐ目的で使用されます。

ということで今回は表面加工の紹介でした。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ