パッケージの生産時に必要な外箱の話・・・

今日のお題は”外箱”です。

我々が製造している紙器も、お客様に届けるのに箱詰めして出荷しています。

製造している紙器を化粧箱や中箱といい、それを梱包するので外箱です。

外箱の材質は段ボールがほとんどですが、この段ボールにも種類があるのです。

段ボールの構造は3層になっており、表紙、中芯(波々になっている部分)、裏紙で、

この3枚の材料を変えることにより強度の高いものや、軽量な外箱ができあがるのです。

よく使われている材質からいくと、

C5  古紙含有率が90%以上の米坪170g/㎡のライナー(表・裏紙)

K5  C5より古紙含有率が低くライナーで米坪180g/㎡のライナー

K6  K5と同じ材質で、米坪220g/㎡のライナー

K7  K5と同じ材質で、米坪260g/㎡のライナー

が良く使用される材質で、これに波の高さを変えると

A段(A/F エーフルート)  波高さ5mm

B段(B/F ビーフルート)   波高さ3mm

E段(E/F イーフルート)   波高さ1.5mm

F段・G段(F/F、G/F)    波高さ約0.9mm

となります。

また、強度を持たせるためにA段とB段を重ね合せた

W段(W/F ダブルフルート)もあります。

また箱形状も色々あり一般的な”みかん箱”タイプをA式箱といい

差し込み蓋があるタイプをB式箱

組箱の様に蓋と身箱からなるC式箱

他にN式、たとう式(やっこ箱)などがあります。

普通の外箱であればC5のAフルートA式となりますが、表面の平滑性や強度がいる箱

であればK5を使用したりすることも多いです。

ざっと外箱の概要だけお話しましたが、表紙を板紙にしてオフセット印刷をした後に

Eフルートを貼合すると、板紙単体で製作する箱よりも強度が大きく増し、内容物が

重たい場合などに良く使われます。

はたまた、色ライナーを使用してカラフルな外箱を製造することも出来ますし、

表紙を貼らずに、波目をむき出しにしたデザイン箱もよく見かけます。

 

当社の製造ラインでは製造出来ませんが、優秀な協力会社の力を借りて、

段ボール箱の製造もやってますので、是非とも案件がございましたら

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ