パッケージの制作にも環境問題があります・・・

meadow-63987_640
今週のお題は”環境問題”です。

我々パッケージメーカーの仕事でも環境問題は大きなテーマです。

作り手としてお客様の意志に沿ったパッケージを制作するのが使命なのですが、

ご要望として多いのが、”環境に優しい”という事を少し前に出したい、というお話を頂きます。

環境に優し・・・。これは色々な意味があって、それぞれの原材料が有害性が低いという事も

環境に優しいですし、原材料の使われ方が自然に対するダメージをより軽減するという事も含まれます。

その代表的なものが、一つは植物油インキで、一昔前はソイインキ(大豆インキ)という大豆油から

作られる印刷用のインキがそう呼ばれていたのですが、大豆油だけではなく他の植物由来の油も

多く使われるようになってきたようで・・・、大きい括りとして植物油インキだそうです。

この植物油インキは揮発性の有機化合物の発生が抑えられたり、紙のリサイクル(古紙再生)時に

インク剥がれしやすく、パルプ繊維へのダメージも少なくて済む等の環境に優しいインクとなるのです。

お客様によってはこの植物油インクしか使用不可の場合もあります。

次に挙げられるのが、原紙材料です。これは主原料のパルプ繊維の摘出に多くの森林伐採が行われる・・・

これが世界的に広がると、Co2の増加を防ぐことが出来ず地球温暖化に繋がったり、森林の保有水量が

減ってしまい自然災害を巻き起こす・・・。だからパルプを木材からではなく、1年草のケナフや

さとうきびから取れる繊維、バガス等を混ぜて抄紙し木材パルプの比率を少しでも下げる原紙、

非木材紙を採用することで、環境保護の一端を担おうとする企業様や、同じ木材パルプでも

間伐材を使って、少しでも新たな森林伐採量を減らそうとする動きがあります。

これはオーガニックな化粧品や健康食品を取り扱っておられるお客様には、商品イメージと重なりあい

PRポイントとなる事もあり、採用の頻度は高くなってきています。

 

環境に優しい原料・・・、一度ご検討されてみてはどうでしょうか?

お客様に優しケイパックで・・・(笑)

 

 

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ