化粧箱の制作だけではありません。POPやシールや・・・

本社:大阪市生野区・営業所:東京都荒川区(西日暮里)にある当社は紙器・パッケージが得意な印刷会社ではありますが、化粧箱のみを取り扱っているわけではありません。

ということで、まずはPOPについて少し紹介できればと思います。

POPというと簡単に言えば「店頭広告」のようなものを指す日本語としてすっかり定着しているわけですが、今回せっかくですのでwikiで検索してみましたところ「POP=Point of purchase」でして、この「Point of purchase」は「店頭の」という意味の形容詞なのだそうです。

なので「POP」という言葉だけでは広告の意味までは含めないので「POP広告」と言うのが正しいのかとは思います。とはいえ一般的にPOPでなんの問題もなく通じますが。

ではそのPOPなのですが購買意欲を上げるばかりか、店内の雰囲気を良くする・口頭説明の補助となるなど様々な侮れない利点があります。

確かに楽しげなPOPが効果的に店内に散りばめられているお店などはそれだけで良い店だ、という印象を受けますよね。さてそのように利点の多いPOP、当然お客様の中にもPOPを作りたいというご要望をお持ちになる方もいらっしゃるわけでして、

 

 

販促POPを制作するにあたって、まずは・・・


陳列商品に貼る為の台紙やシール、商品を並べる什器、のぼりや旗、吊り下げ台紙・・・店頭で見える商品の訴求効果を上げる物は、全てPOPと言ってもいいかもしれません。

ある商品パッケージ(箱)をそのまま何倍もの大きさにしたジャンボ箱が薬局とかにも並んでおりますが、あれもPOPですよね。

それ以外にも、手の平サイズくらいのメッセージカードのようなものも出来ますし、もっと複雑な陳列什器や壁掛けホルダーなんかも出来ますね。

注意して見てみると、スーパー・家電量販店とかでも紙製のPOPって意外と多いことに気が付くかと思います。ただの細長~い紙でも棚に貼れば立派なPOPです。

・・・と考えると、一番安価な販売促進効果のあるツール(=POP)は紙製かもしれませんね?

 

 

POPの作成も印刷会社の当社へお任せあれ!


私共で扱わさせて頂いている化粧箱・パッケージのほとんどが、コートボール・カードB等々と言われる厚紙(0.3~0.5mm厚前後の紙)に、≪印刷≫⇒≪表面加工≫⇒≪抜き(トムソン)≫⇒≪貼り(グルアー)≫
という加工を施したものです。

POPも同様に、【印刷】【抜き】、時には【貼り】までの製造機能で作り上げられるものですから、なんら問題はありません。というより得意分野です。

(商品への)貼りつけ台紙や製品上部への据え置きPOP等がありますが、これらの中でキャッチコピーやインパクトのある形状は【印刷】【抜き】の通常加工で制作できますし、原紙の素材効果の強いホイル紙や蒸着PET貼合紙等はUV印刷、ご指定の表面加工に抜き加工、貼りつけ用の両面テープ貼りやセット梱包も可能です。

また厚みを持たせなければならないスタンドPOPや吊り下げ台紙は、ウッドラック(スチレンボード)の貼合も出来ますし、店内什器で紙製の場合は段ボールとの貼合も多く、この場合の加工も可能です。

また箱の製造になるのですが、12個入りのダース箱や定数入りの中箱をそのまま陳列棚に置いて、紙チャック(昔のポッキーの開口のような切込み)で開封し蓋部分を立ち上げPOPがわりに使う箱も多く、機能と訴求効果の両方を持ち合わせた箱の制作等は得意中の得意です。

シールPOPの実績も豊富ですので、箱の制作と共にPOP制作の必要性がある場合は、印刷紙器のノウハウを活かしながらトータルコーディネート出来る当社にお声かけして頂ければ、悩みは一発解決です!!(笑)

ちなみに当社は、本社:大阪市生野区・営業所:東京都荒川区(西日暮里)にございます。

ということで、次章も引き続き、もう少し『POP』について解説させて頂きたいと思います。

 

POPの作成には気配り・心配りが必要


書店とかで雲型や爆発型にキャッチコピーを書いているものや、背面に紙脚を付けてスタンド式にしている広告物。

同じように紙脚を付けているBOX什器、その他、陳列用の什器であったり、飲食店でよく見かける三角柱になっているようなものなど『POP』の例をあげていけばキリがないほどです。

パッケージとほぼ同じような工程で流れる、このような『POP』ですが、何が違うかと言うと、一番は・・・・・・『POP』には最終的に『セット作業』を必要とされるものが非常に多いと言うことです。
(もちろんパッケージでも『手作業』が必要とされるものもあります)

具体的には・・・・・
・両面テープを付ける。
・紙脚を貼り付ける。
・一部にシールや立体物を貼りつける。
・1つずつ袋に入れる。
・組み立てる。

モノによって各々内容は違えど『手作業』が加わるという点は共通しております。

何が言いたいかといいますと。。。

『セット作業(=手作業)』には、経験と細かな気配りが必要になりますよ。ということです。

例えば、決まられた場所に『両面テープを付ける』という作業があったとします。おそらく、誰だって出来ます。小学生にだって問題ない作業です。

しかしながら、実際はそんな簡単なものではありません。両面テープの切り方1つをとってもそうですし、梱包の仕方だって考えなくてはいけません。同じ方向に並べるように詰めていったとしたら、(たいがいは製品の裏側に両面テープをつけるので)製品のオモテ面と両面テープが直接触れ合ってしまうため、製品のオモテ面を汚す可能性がありますし、最悪引っ付いてしまうこともあります。

なので、オモテとオモテが合わさるように、そして、裏面と裏面が合わさるように、と互い違いに入れてあげれば、製品のオモテ面を両面テープ(の断面にもある粘着性)で汚すことはありません。

まぁ、これは最も簡単な例ですが、『セット作業(=手作業)』が複雑になればなるほどこういった経験が大事になってきます。

そして、それ以上に『お客様のお手元により良い状態でお届けするには?』という、細かな気配り・細かな心配りが必要になってきます。

 

 

POPの作成には現場でないと気が付かないことも発生します


ある事例を1点ご紹介します。

まずは、その内容ですが、
① B5サイズの1mm厚のボードPOPを断裁仕上げで作る。
② 30mmΦ位の厚紙POPを4種各1ヶを①と同じ厚みの紙で作成する。
③ B5サイズ厚紙POPの裏面に紙脚を付ける。
④ 取扱説明書と一緒に①と②を同梱する。
と言うご依頼がありました。

これに対して、弊社からのアクションとして

【コストダウン提案】

(※この部分は本題の『セット作業』の件ではありませんが)同じ1mm厚で作成するのであれば、①と②を付け合せて作成すればどうかと言うご提案をさせて頂きました。

もちろん、そうすると①は断裁仕上げではなく、抜き仕上げになるというデメリットが生じます。このデメリットもご説明させて頂いたうえで、それでも大幅なコストメリットが生まれるということでご納得頂きました。

【仕様変更(?)提案】

②の4種を小袋に入れておいてはどうですか?というご提案をさせて頂きました。

もちろんその分コストUPにはなりますが、先方様の使用用途(詳しくは書けませんが)的にその方が総合的にメリットがあると思われたからです。

結果的に、コストダウン提案と合わせてこちらの提案も聞き届けて頂きました。

我々は、こうした先方様の使い勝手まで考えてご提案させて頂きます・・・・・・・・・・・・と、ここで話が終わりではありません。

さらに、続きがあります。

【現場目線からの仕様変更(?)提案】

お客様との合意も得て、順調に仕事は進んでいたのですが、後日、現場の方から1本電話がありました。『②をB5POPのオモテではなく、裏に置いた方がいいので?』と言う内容でした。

どういうことかと言うと、お客様との間では『B5POPのオモテ側に②の4種POPを入れた方が、入っているということが一目で分かるからオモテ側に入れよう』というふうに取り決めていたのです。

それでも、現場は『裏側に置いた方が良いのでは?』と言うのです。

理由を聞くと、②も1mmの厚みがあるPOPなので、輸送時等々に何かしらの圧力がかかるとB5POPのオモテ面に②の型が付くのではないか?(付かないかもしれないが)付く可能性が少しでもあるのではないか?とのことでした。

なるほどと思い、すぐにお客様にご連絡のうえ、ご了承頂きとともにそこまで気を使ってくれて!と感謝の声も頂きました。

時に、現場でないと気が付かないことも発生しますが、そんな時もご安心頂けるスタッフの存在が当社の自慢です(笑)

 

 

POP作成時に表面加工・合紙するときには注意が必要です


POPやサンプル帳等のデザインで合紙もののときに気をつけなければならない表面加工について少し紹介していきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~
合紙とは??
~~~~~~~~~~~~~~~~
基本的に強度をより強くしたい
ときなどに行うもので単純に紙
と紙(段ボールも)を貼りあわ
せることを言います。
~~~~~~~~~~~~~~~~

気をつけるべき表面加工は、ずばりプレスコートです。なぜならこの表面加工は他の表面加工よりも紙が反りやすいのです。

というのも光沢感を出すために樹脂を塗り乾燥後に熱ローラーでプレスすることで表面の平滑性を高めて光沢性をもたす。という加工を行うのですが熱ローラーにてプレスした後で冷やす工程がありまして、ここで他の表面加工よりも多くの湿気が紙に入り込むのです。その結果紙が縮もうとしてしまいます。

とはいえ単紙にプレスコートをするだけならばそれほど問題になることも無いのですが合紙によって違う紙と貼りあわせるとなると少し問題があります。

それはプレスをした紙は縮みたがるのに、もう一方の紙は縮もうとはしません。その結果プレスをした側へと紙が引っ張られていき、反り返ってしまうのです。カードゲームの類を経験された方でしたらキラキラのレアカードが反りかえっているのを見たことがあるかと思います。まさにあのような現象が起こるのです。

これを抑制するには・・・

①両面にプレスコートを行う

片方だけでなく両面が両方向に引っ張っていけばその分相殺されますので反り返りがましになります。

②紙を厚くする
厚くなればそれだけ反りにくくはなります。

等がありますが、どちらも費用のかかるものでありそう簡単に行えるものでも無いのも現実です。とはいえあまり反ってしまうのも…

悩ましい話ではありますがなるだけ両面プレスコートをオススメいたします。

また、PPラミについても、このプレスコートと同様のことが言えます。
(PPラミの場合は、『反り』についての心配をされる方が多いため、そういう意味においてプレスコートの方が、より注意する必要がある表面加工と言えます。)

 

 

化粧箱以外にも箱屋として包装全般に携わっていきます!


さてさて、『POP』の話がかなり長くなってきましたので、次の話に移っていきたいと思います。ということで、次は『仕入れ商品』です。

化粧箱を製造するために仕入れる原紙以外にも、仕入れ商品という形で材料としてではなく、販売する商品として仕入れてそのまま販売するということもあります。

例えば、ある商品に対するパッケージについて悩まれているお客様から相談を受けたとして、印刷紙器を得意とする我々としては、もちろん印刷紙器をオススメしたいところです。ただ、その際、どう考えても『ビニール袋』の方がいいよな?と思うことがあると思います。

さて、その時にどうするか?と言うことです。

何が何でも印刷紙器を売ったとすればどうでしょう?
もちろん、その場では売上も利益も出るでしょう。しかし、お客様が納得されずに購入させられているとしたら?お客様が後々『やっぱりビニール袋にしとけばよかった』と思うとしたら??

そうです、2度と注文が来ないとは言いませんが、ハードルが高くなるでしょうし、そもそもお客様との相互信頼関係は築けませんね。

つまりはそういうことです。化粧箱を販売することが弊社の主力とは言え、お客様のご要望があれば、しっかりとお役に立てるものをご提案差し上げることもセールススタッフの役割の1つです。

色々な仕入れ商品お存在を知っておくこと、且つ、安価な仕入れルートを確保しておくことで提案の幅が広がりお客様への貢献にも繋がります。

ということで、具体的な『商品』については以下に。

仕入れ商品①:貼り箱

最近、お客様から立て続けに貼り箱の案件をお問い合わせいただきました。
A社様からは、身・蓋式の貼り箱
B社様からは、引き出し3段式の貼り箱
のお話しを頂戴いたしました。

弊社では、トムソン箱の設備になりますので貼り箱については、協力会社様のお力をお借りし対応させていただくことになります。
(優秀な協力会社様がありますので、お問合わせは大歓迎です。)

貼り箱とは、文字通り「貼り付けて」作る箱です。紙で出来た紙器の貼り箱とは、ボール紙に様々な貼り紙を専用の接着剤で使用し、貼り付けて包んで作成していきます。

貼り箱の特徴としては、美粧性が高く、高い強度と耐久性があり、ギフト箱や高級贈答用などに使われています。和菓子屋さんや、高級ブランド品の箱などは貼り箱を使用していることが多いですね。
iPhoneなどのスマートフォンの箱も貼り箱が使われているのを見かけます。

そんな貼り箱の作り方ですが、
1.板紙の加工
①板紙を貼り箱のサイズに合わせ断裁
②貼り箱の芯となるように、角落とし・罫線をいれる
2.貼り紙の加工
①洋紙などを貼り箱のサイズに合わせ断裁
②貼り箱へ貼れる様に、角を切り落とす
3.仕上げ
①1で作った板紙の芯の四隅止をし箱の形にする
②四隅止めをした芯に、2で作った貼り紙を貼り合わせ
③くるみ・折り込みをします。
1⇒2⇒3⇒完成となります。

上記の工程を、ロットやサイズにより全自動機や手作業で加工をしていきます。もちろん、貼り紙に印刷や表面加工、箔押し等をする場合はその前工程が必要になります。

その製造方法により、打抜木型や専用木型が必要になる場合と型が必要なく製造出来る場合があります(当社協力会社様よりお聞きすると、機械製造ができる寸法で大ロットで無い場合は、型代が必要なく製造できるとのこと)。

また、ロットが大きければ、型を作って生産性があげることで型代がかかっても、製品代のコストを抑えることが出来るとのことです。

仕入れ商品②:シール

世の中には実に様々な商品があり、その多くがパッケージ=箱や袋などの包材に入って販売されているわけですが、それらパッケージの多くにシールが貼られていることにお気付きでしょうか?

『只今増量中!』などメッセージを強調するための冒頭でご案内しましたPOP機能として・開け口に封をする・もしくは印刷された表示を修正するために上から貼ってある。等々用途も様々です。

◆何故シールが使用されているのか?

なんの意味もなくシールを貼ることは考えられませんので、そこには何かしら理由があるわけです。

その目的とするところを列挙するに主には下記5つに要約されます。

①開け口に封をするため 〔封緘〕
②メッセージ性を持たせている 〔伝達・強調〕
③印刷の際のミスプリントを修正、表示内容の途中変更に 〔訂正〕
④無地またはエンドレス柄、共通柄の上に 〔低コスト化〕
⑤違う素材で質感の違いを演出 〔デザイン〕

③の訂正シールについては、化粧箱自体を再度作り直さないという意味では低コスト化を含んでいるとも言えますが、再製造では時間的に間に合わない場合にも使用されていますので単独項目としてみました。

④は判りづらいかもしれませんが、化粧箱をそれぞれオリジナルで作るよりも低価格で作成出来る方法となります。

これらは各々単独で用いられていることもありますが、複数の用途を含めて使用されている場合も多くあります。

たとえば箱の中身である商品に色柄や味が複数種ある場合に、その種類を明示しているシールなどは②と④を兼ねたものと言えるでしょう。

ほかにも、具体例で上げてみますと、たとえばチョコの箱。封緘シールとして金や銀のホイル地で目立つものが使用されているのを見かけたことがあるのではないでしょうか?

これには①の封緘は勿論のこと②や⑤、他のパッケージにも使用出来たりと考えますと④も含めることが可能なわけです。フタをして封をするだけではなく、商品のカラーバリエーションも表し、綺麗な外観で訴求性を高め、且つ他の商品にも転用が利くシールとなり得るのです。

もし判り難いようでしたら、試しに実際に身近な商品を手に取って、そこに貼られたシールが上記のどれに該当しているかを分析してみるとより実感し易いかもしれません。

さて、それでは実践編です。

もしアナタがこれから化粧箱に貼るシールを作成するとしたら(作成するのが前提というのも強引な話かもしれませんが……)、どのようなシールを作りたいと考えますか?

必要のないシールを作成しようとは思わないでしょうから、①~⑤のどれかを主目的として考えてみましょう。

そして、その際にはどうすればより効果的なものを作れるでしょうか?

そうです、もうお判りのように上記①~⑤の用途や他にも思いつく用途の中から沢山を含ませてあげれば良いわけです。

私自身も、お客様から化粧箱作成の際に同様の相談をされることもありますし、こちらからご提案させていただくことも多いのですが、その際にも出来る限り良いものとするべく、少しでも効果的な品となるべく、意識するよう心掛けております。

「今回このような素材がコスト的にも訴求性としても効果的ですが如何でしょう」「種類毎に箱を印刷分けするより、今回は封緘シールを色分けすることで種類を明示してみては?」

などなど。

小さなシールが大きな効果をもたらすことも多々あります、私達ケイパックにいつでもご相談ください。このようなシールも数多くご提供させて頂いております。

しかしながら・・・

◆使用しないことで効果を発揮することも!

シールを使う・作るということは、部材を増やし手間を増やしてしまうことでもあります。

ならば、使わない・作らない方が得することもあるのでは?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ハイ、あります。

そのような一例として、最後に、ケイパックの『SS Pac』をご紹介させていただきます。これは、封函式簡易開封型パッケージとして考案したもので当社の実用新案登録済みのパッケージ形態です。封緘シールを使用しないことでシール代・貼り工賃・所要時間などを節約することが可能となります。剥がすと文字柄の跡が浮き出るバージンシールを使用されている場合などは更なるコストダウンが望めます。

代わりに製品代が高くなるのでは?と思われがちですが、この『SS Pac』はパッケージ自体の価格は変わらないというのものも自慢の一つ。そんなアイデア品なのです。

既にご採用いただいているお客様からもご好評いただいております。是非、今後の選択肢の一つに加えていただけたらと存じます。

 

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ