ネット印刷について

e-commerce-402822_1280インターネットが普及して随分経ちます。
ネット販売されている物も多種多様になり、
ネット通販でお買い物をすることが当たり前の
時代になっていますね。

 

印刷物という商品をネットで頼むことも普及して
います。

 

テレビCMでもネット印刷の広告がばんばん流れて
いるので、皆さんも耳馴染みではないでしょうか。

 

名刺、ハガキ、チラシ、リーフレット、カタログ、
パンフレットはもちろんのこと、団扇やシール、
CDやDVDのジャケットなんかもネット印刷で
購入することが出来ます。

 

化粧箱もネットで購入もで出来るんです。

 

最近、私も営業活動の中で、お客様から『今までは、
ネットで頼んでいたんですよ。』や『ネットで
頼んだら安いからね。』というようなお話しをよく
お聞きしました。

 

ネット印刷での購入の一番のポイントはやはり
価格ということでしょう。コストメリットは、
購入される側にとって一番の要素になりすね。

 

なぜ、安く提供できるのか?

 

ネット印刷は、通販ですので、消費者側が商品を
見て注文し、指定された日に「商品」が届きます。

 

発注やデータの入稿などのやりとりはすべてweb上
で行われます。
つまり通常の印刷会社で営業が担っていたやりとりを、
インターネットを通して行う為、
印刷に占める営業マンの固定費用がいらくなり、
その分、コスト削減が可能になっているんです。

 

その他、印刷に必要な資材を前もって大量に調達し
大幅なコストカットをしています。用紙の種類などを
絞って販売しているのもこの点が要因になっていると
思います。

 

化粧箱の販売で営業マンがいないということは、
ネット印刷で頼む場合、名刺やチラシ、カタログなどは
寸法が決まっており、印刷データさえ、その寸法で
作り依頼すれば、大丈夫です。材質についても
その製品に適した一定以上のもので、用紙されているので
問題はないでしょう。

 

ただ、化粧箱(パッケージ)はそうはいかないと思います。
中に入る商品の大きさはもちろん、重量や材質などに
合わせた、材質や形状などし事前のお打合せをし
白ダミーを作成しお客様とともに確認作業をすることが
大事な要素と考えます。

 

実際に、化粧箱ではないですが、私も以前のスマホの
ケースをネットで購入したのですが、失敗してしまい
まいた。

 

購入の決めては、オリジナルで文字が刻印
出来るというものでしたが、WEB上の注文の手順で文字
の種類・大きさ・位置などを選択していきました。

 

実際の商品が届いてみると、思っていたより文字は小さく
位置が違っていたんです。注文の方法がまずかったのかもしれません。
また、材質や手触り感も思っていた
ものとは少し違っていたので、結局使った期間は短ったのです。

 

やはり、実際に物を見て(打ち合わせ)をして物を
作る、購入することって大事だと思った次第です。

 

化粧箱は、ただ単に商品が入ればいいと言う物ではない
と思います。

 

機能性や保護機能、如何に目を引くかなど
果たす役割が多いパッケージですので、私たち営業マンが
お客様と顔を合わせ、しっかりと打ち合わせをさせていただき
こだわりの良い箱をつくっていきたいと思っております。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ