トレーなどの製作に関しては断裁機を使うこともあります。

断裁機とは
決められた寸法(長さ)を合わせて紙・プラスチックなどを切断するための機械のこと。
製本の加工工程の一つで多く利用されているほか、
合成樹脂や、カーボンシート等の切断加工にも広く利用される

久しぶりにwikiから転載です。
こんばんは鹿太郎です。
今回は↑の通り断裁機について少し紹介したいと思います。

よく台紙や化粧箱に入れるトレー等の直線だけで構成されるような
簡単な形状の見積もりをすることがあるのですが、
その際に数量が少なければトムソン加工では無く断裁加工にて見積もることがあります。
断裁加工はトムソンに比べて小ロットの場合より安くなる場合が多いからなのですが、
では何故断裁の方が安くなるのか?といいますと、その理由の一つに木型があります。

木型とはトムソン加工で使用するもので、紙を任意の形状に切り込みや罫線を入れられるように
木の板に箱の展開図の通りに刃を差し込んだものです。
これをトムソン機にセットして紙を下から押し上げることで切り込み等を入れます。
で、この木型は作成するのにそれなりに費用が掛かります。
しかし断裁ならば紙を台にセットして断裁したい数値を入力するだけで
刃によって切断されますので、この木型を作製する必要がありません。
そのため木型の作成費用+機械のセット時間などが発生するトムソンに対して
こちらの方が安くあがることがよくあるのです。
逆に一旦セットし終えたら自動で作業をするトムソン機の方が
大ロットの商品には適しているといえます。

そして断裁加工は一枚の紙から大量の丁取りをしても、それを入力して落とすだけなので
取れるだけ取ればその分紙の必要枚数が少なくなり=紙の購入費用が下がるのですが
トムソン加工では木型の作成費用が丁取りを増やす分だけどんどん嵩んでしまうので
そういった面からも小ロットであれば断裁加工の方が費用を抑えられます。

もちろんどんなに小ロットであっても化粧箱などは断裁機では加工できませんので
そういったものであれば木型を作製してトムソン機にて加工しますが
はじめに書いたように直線状に加工するものや、罫線・クレジットカードなどのような
簡単な曲線物であれば断裁加工にて対応できますので
使い分けてより安く見積が出来るように心がけております。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ