パッケージ製作 用紙を抜くための木型について

 

『パッケージNAVI』へようこそ。今回もパッケージ製作における様々な情報をご紹介させていただきます。

私ども株式会社ケイパックは主に化粧箱を中心としましたオリジナルのパッケージを専門に扱う製作会社です。オリジナル、とはサイズや形状などお客様のご要望に都度お応えして、お客様だけのパッケージを製作するということですね。今回もそんなオリジナルパッケージにまつわるお話から。

さて、ご依頼いただいた御見積書の提出の際などに、私どもがよくお客様から言われることに「型代って何?」であるとか「型代ってこんなに高いの?」などというものがあります。小ロットでの製造時などはこの型代がコストに占める割合もそれなりとなりますので、我々としてもそのお気持ちはよく判るだけに出来るだけ丁寧にご説明させていたいている次第です。

また初めてパッケージを製作されるお客様ですと、当然ながらどのような工程でパッケージが製造されるかなど知らない方も沢山いらっしゃいますので、そもそも「『型』って何?」と訊かれることもあります。

箱(トムソン箱であるとか組み箱と呼ばれるタイプの箱)の製作には必ず木型と呼ばれる型が必要になるわけですが、この木型がロングセラーの商品では十数年も同じものを使用することもあれば、別の商品ではたったの1回使用するだけで終わる場合もあります。

木型とはパッケージを製作するときに使用するもので、紙に印刷した後の刷本(印刷なしの無地の場合もありますが)に対して設計した箱の展開図の形状に切り抜く作業工程(トムソン加工)の時に機械にセットして活用します。木型は、木の板に用紙を折り曲げるための『罫』と用紙を裁断するための『刃』などを埋め込んであります。

ただ単に“切る”(もしくは紙から箱の展開形状に“抜く”)だけではなく、“折罫を入れ”たり、“ミシン目を入れ”たり、時には“浮き出し加工を施し”たりを同時に行えるようになっているのが『木型』なのです。そうしてその『木型』を使用してトムソン加工において切り抜いた展開状の箱を折罫やミシン目に添って折りたたむことで、また必要な箇所を貼ったりすることでパッケージが製作できるというわけです。

この木型の品質と、機械にセットして調整するオペレーター(機械職人)の技術によって、箱の外観の仕上がり精度は変わってきます。

 

今回は、そんな木型についてご紹介させていただきたいと思います。

 

パッケージの用紙を「抜く」ための木型 どのように作られる?

先程も申し上げましたとおり、木型とは木の板(ベニヤ板)に罫と刃を埋め込んだものです。

となりますと、まずは木型の土台となるベニヤ板を用意しなければいけないわけですが、その時のベニヤ板のサイズは、この木型をセットする機械の有効範囲内で調整することになります。

材料コストの観点から言うと機械にセットできる範囲内で、且つ刷本の抜き加工に必要な最小サイズであるのが望ましいのですが、この木型を使用する観点や管理する観点から考えた場合には、何パターンかのサイズで統一することで見えないコストが抑えられるといった面もあったりします。

また、最小サイズと書きましたが単純に箱を展開した図面一つに対して最小というわけではなく、同じ展開図をいくつか並べて一枚の用紙でいくつも一緒に印刷したり抜き加工をしたりした方がロットによってはトータルでお得になる場合などもあれば、身蓋箱のフタ箱とミ箱と中仕切まで全て一緒に付けておいた方がお得になる場合など様々です。あくまでトータルで見て必要な図面に対して最小なサイズ、となるわけですね。

そして次の段階として、用意した最適サイズのベニヤ板に罫や刃を埋め込むための溝を彫るわけですが、これは設計された図面データをそのままパソコンから機械に送り込んでレーザーカット(溝切)し、罫と刃を出来上がった溝に埋め込んでいきます。

この時の罫や刃も先ほどの型データ(図面データ)を別の機械に取り込んで、機械で自動で折り曲げたりカットしたりしてあります。

以前はこれらの折り曲げ作業や切断は手作業で行われていました。その上なんとベニヤ板への溝切りも、十数年前は手作業で糸ノコギリで彫っていたのですから、木型とはその当時は非常に手間暇のかかる品だったわけですね。今では、品質上からも考えにくいのではありますが・・・。

とは言え、細かい仕上げ部分に関しては今なお手加工が必要とされる部分も多くありますので、まだまだ手作業に頼る技術は手放せません。

 

お読みいただきながら既に想像されている事とは思いますが、この木型の製造にはけっこうな時間と費用が掛っているわけなのです。

 

パッケージの用紙を「抜く」ための木型 レイアウトの前に型データを

「木型」を作成するにあたり必要となる型データ、型図面データについてのをお話なども。

パッケージ箱をつくるに辺り、最初に箱の設計をしていきます。形状や寸法などを決め図面を引き、白無地のサンプル品を作成し確認を行います。この白無地の状態で、実際の商品を入れて問題がないかの確認をします。問題がなくければ形状は確定となり、印刷がある場合にはその設計型データにデザインを当て込んでいきます。

場合によってはデザイン案が先にあり、そのデザインにそって型データを作成することもありますが、その場合、出来た型データに当て込みをする際に、デザインデータを修正する必要があります。そうしますと塗り足しや寸法の微調整などの作業が発生しますので、データ修正の作業が増えてしまうことになりますので、出来れば形状が確定したデータにデザインを当て込みするという順序が好ましいと思います。

 

とある事例を挙げますと、上記のような手順でまず白無地の試作品にて形状が決まり、決定した型データをお渡しし、そのデータにお客様の方でデザインを作成して当て込みをしていただきました。そしてデザインを当て込みしていただく段階で、絵柄の関係上からお客様の方で、弊社がお渡しした型データを一部変更されておりました。

その結果どうなったかと言いますと、弊社としては試作品にて型はOKをいただいており、当然ながらその型データに基づいて打ち抜き用の木型を作成してましたが、実際に印刷後に打ち抜きをしてみると、絵柄が途中で切れてしまう状態になってしまったのです。その時は木型を再度修正し、デザインに合わせた型にて作成をした次第です。幸い納期に余裕のある案件であり、且つ早期発見できた事故でしたので大きな事態にはなりませんでしたが、気付くのが遅れれば再度印刷からやり直す必要もあり得た内容でした。

このように、型のデータを修正される場合は、基のデータから修正しておくことでトラブルを防ぐことになりますので、餅は餅屋ではないですが、型修正の場合はご連絡をしていただきたいと思います。また、仮にデザイン作成時に型のデータを変更された場合は、その修正の内容をお伝えいただけば、スムーズな進行が出ますとともに事故の防止にも繋がります。

型データは、パッケージと製造の際に非常に重要でありますので、皆様ご注意いただければと存じます。

 

パッケージの用紙を「抜く」ための木型 作った木型は誰のもの?

いきなり突っ込んだ話をと思われるかもしれませんが、決して法的な観点からの話をするものではなく、パッケージを製作するための木型の所有権は本来どこにあるべきか?ということについて考えていってみましょう。何故ならこれについては、パッケージ会社とお客様との間で何かトラブルが起きた結果として木型を返す返さないと事に至ったという話を、私共も時々耳にすることがあるからなのです。

幸い私共では、これまであまりそうしたトラブルには見舞われておりません。信頼できるお客様とお付き合いさせていただいていることに、深く感謝しなければいけないと強く思う次第です。

 

さておき。

木型はどこで製作されるのかと言うと、弊社では木型製作を専門とする協力会社さまに外注という形でお願いしております。これは自社でオリジナルの型を製作するときもそうですし、お客様からのパッケージの製作に関する受注に伴い、木型も併せて弊社で請け負う時もそうです。

この場合、パッケージの受注に伴い製作する木型に関わる企業は弊社のお客様(パッケージ製作の依頼主様)と外注先様(弊社が木型の製作をお願いした協力会社様)と弊社の3社となります。
(※弊社のお客様の先にさらにクライアントさんがおられたり、デザイナーさんが関わっている場合もあろうかと思いますが、今回の場合は見えない部分として無いものと考えます。)

では、この3社にあって木型の所有権は一体どこにあるのでしょうか?

難しいですよね。実際に木型を製作したところにも権利はありそうだし、パッケージ製作の依頼をした発注元様にも権利がありそうです。ましてや木型代を払っているのであればなおさらです。また、この場合の弊社のようなパッケージ製作の受け元に権利があるという考え方も出来るでしょう。

この場合、明らかに権利はないだろうと思われるのは実際に木型を製作したところ、つまり、弊社の外注先さんです。弊社の指示に伴い、言われた通りに想像物を創造物に変換しただけであればですが。しかしながら、試作からこの外注先さんが携わっていたのであれば・・・やはり、難しい問題ですね。

 

さて、この様なトラブルの際に決まって浮上してくるのが『木型代を払っているではないか。』というものです。つまり、木型代として料金を支払っているのだから木型は購入したことになっていて預かってもらっているという解釈です。つまりお客様に所有権があるという考え方ですね。

一方で、木型代というものは木型そのものの料金でなく、木型を使用する権利を費用化したものであるという解釈も可能です。木型そのものは製作した(この場合はパッケージを製作することを承った)企業の持ち物であるということです。上記の場合だと弊社に所有権があるという考え方ですね。

この問題はかようなトラブルが起こらなければ発生しないことですが、いざ発生してしまうと後を引くことになることも少なくないようです。

では、この木型代という費用項目は正しくはどのように解釈すべきなのでしょうか? 木型代を支払っているクライアント様、お客様のものか、それとも木型を製作して使用権を売っているという受け元のものなのでしょうか?

その答えについては、すみません。実際には分かりません。と言うよりも、ことの経緯によるというのが正しいのではないでしょうか?

木型を製作するための元々のデータはどこが作ったのか? 本生産までの試作段回で試行錯誤したのはどこか? サンプル作成、提案に至る費用はどこが受け持っているのか? などなどによるのではということです。本生産用の木型の基データが作られる経緯がどのような流れでどこが価値提供しているのかということですね。この部分が最も大事な部分なのではないかとさえ考えられます。

もちろん、そもそも木型の所有権がどこにあるのか事前にはっきりさせていれば済む話かもしれません。ですが、初期段階での詳細な取り決めをしておくことが大事であるとは言え、なかなか木型所有権の取り決めなどまでは出来ていないというのが大半のケースではないでしょうか。

いずれにしても、確実にこれが正しいと言えるものがあるわけではありません。結局のところは各パッケージ会社毎に違っているというのが現状なのです。

 

さて、それでは弊社はどのようなスタンスなのかと言いますと、良い子ぶりっ子するわけではありませんが、弊社ではパッケージを製作する木型は『木型代』をお支払いして頂いている以上お客様のものであると考えております。

弊社はオリジナルのパッケージ専門の製作会社でありますから、弊社にある木型の大半は各木型毎のクライアントであるお客様以外では使用することがありません。と言うよりも、他のお客様で使用すること自体がまずもって難しいのですが。

逆説的にそこから見えてくるものとしても、仮にお客様から木型の返却を求められ、それを拒んだところで弊社では再利用する方法もないわけですね。だからというわけではありませんが、お客様から木型の返却を求められれば基本的には返却に応じるという姿勢を取っています。(法的にどちらが正しいかは分かりません。あくまでも弊社の姿勢としてです。予めご了承ください。)

そして、「いけず」して返却に応じなかったとしても弊社のためになることなど何一つないわけなのです。むしろ、同じ木型を利用して他社様にてパッケージを製作していただくことで、弊社の良かったところ・悪かったところを浮き彫りにして頂いたほうがお互いのこの後の成長の糧となるはず、とそのように捉えております。

そのため、弊社では木型の所有権に関する姿勢としては『木型代』を頂いている以上、木型の所有権が本来はいずれにあるのかということは別として、木型の返却をご希望であれば遠慮なくおっしゃって頂けたら返却に応じることとしております。

 

木型返却の希望をいただくこと自体が稀ではありますが、そのような際には弊社はそのことを反省材料として今後の取り組みに反映させていくことで、さらなる成長を図ることとしているのです。

 

パッケージの用紙を「抜く」ための木型 保管と期間の表示

木型は1回で使い切りというものではなく、保管しておくことでリピート(増産)時には同じ木型を利用して製造することが出来ます。同じ品を製造するたびに新たに木型の作成をするということはありません。前述通り、弊社においては「木型」はお客様からの大切なお預かりものと認識しておりますし、お預かりしてご注文いただくたび何度でも保管木型をお使いいただけます。とは言え、1度利用した木型をそのままでいつまでも半永久的に預かっておくことは管理面において問題が生ずることは言うまでもありません。

弊社では「木型保管料」などはいただいてはおりません。が、木型を傷めたり失わないようにするために丁寧に保管しておく必要がありますし、これだけの数ですからどこに保管してあるかなどの管理コストも掛かります。

他にもたとえば、木型は使用頻度によっては消耗していく部分もありますので、時には消耗に応じて『刃替え』と言って罫や刃を入れ替える作業を行う必要があります。おおよそ10万ショット(トムソン加工で用紙を10万枚「抜く」ことです)が目安でしょうか?

そのように長い間使用している木型は何度となく切刃の交換をして木が朽ちるまで使い続けることになるのですが、工場にはこの『木型』がいろいろなお客様ごと、様々な商品ごとに沢山あるという状態になります。この状態に時間を加味して考えたときにどうなるかと言いますと、長い年月ため続けますとその量がとんでもないことなってしまうのです。

では、木型がとんでもない量になってしまうので工場で保管するのではなく、各お客様に保管していただいているのかと言うと、そのようなことはありません。もちろん、お客様がご自身での木型の保管を望まれる場合にはその限りではないのですが、望まれる理由も特にないわけですね。

パッケージを製作するにあたって木型が必要である以上、加工現場近くに木型を保管することが効率的であることは言うまでもありません。だからこそ、たとえお客様から支給いただいた木型であったとしても、基本的にはお客様の意向に背かない限り弊社で木型を預かることとしております。毎回毎回お客様に木型をお持ち頂くことは非効率に過ぎますし、とても現実的とは申せませんので。

では一体どうしているのでしょうか? 木が朽ちるまで様々な木型を全て延々溜め続けておければそれが一番良いのかもしれませんが、実際には保管場所の問題もあれば、先に申しあげた保管・管理のコストの問題もあり非常に難しいと言わざるを得ません。

 

そのため、弊社では年に1回、『木型整理日』というものを設けております。

実はつい先日もその『木型整理日』だったのですが、これがまた大変で、あらためてお預かりしている木型の数を数えてみますと・・・

なんと、3,500型以上!

仮に1型30,000円の木型代が掛かっていると考えたとしても・・・、総額で1億円を超えるほどの木型をお預かりしているということになります。考えるだに恐ろしい話だな、と思いました・・・。

さて『木型整理日』ですので不要となった木型の整理などもするわけですが、時にはトラック1台満載になるくらいの不要木型が出て参ります(それでも保管木型のほんの極々一部なのです)。

 

不要木型って何?と思われた方もいらっしゃるでしょうか。

新しい形状の箱を作成するときには必ず木型を作成し、特にお客様のご要望がなければそのまま保管することとなる点は先にも申し上げましたが、1回の製造で終わってしまう商品もあれば、毎月定期的に製造される商品もあります。その各々に木型は存在するわけなのですが1台の木型を製造するコストというものはそれなり掛かるものありますので、例えば2~3年使用していなくても、お客様は中々廃棄するることに了承をしてくれません。

もしかしたら、リピートがくるかもしれない、デザイン違いの同寸箱を製造するかもしれない・・・等の理由で中々”廃棄OK”とは言っては貰えないわけです。こうなると木型は年々増える一方となり、当社の木型室も現在でも溢れんばかりの木型が並んでおりますが、まさしく溢れていく事になってしまいますね。

もちろん、製造側も木型を保有している事によってその商材の既得権が発生するとも言えるため木型を持っている事には意味はあるのですが・・・、それはもう凄い量になるわけで(笑) 私のお客様でも、2~3年に1回製造する商品はざらにありますし、とある老舗のお客様は10年に1度の製造もあるくらいです。だからといって使用しない木型を保管し続けるのは難しい・・・といわけです。

そこで、弊社では初回に頂く木型代とは別に特に保管料などはいただかないかわりに、木型保有期間というものを設定しており、お見積もりの際には御見積書に”2年間未使用の場合は、こちらの方で処分さして頂きます”等の文章を入れさせていただいたりもしております。最終使用日から丸2年間使用しなかった木型については、今後使用する見込みがないものと判断し原則として処分することとさせていただいているわけです。

中には、仕事を出しているのだから木型は持っていて当然だ、という考え方のお客様もおられるようですが、保管料をいただいているわけではありませんのでそれは通らない話だと考えます。ビジネスはお互いが成長してこその取引ですし、この観点から言うと先のようなことは決してWIN-WINな関係ではないですよね。
恐らくはこのようにおっしゃるお客様も理解されていることとは思いますが。

とは言え、では2年経ったから即廃棄処分!ということにしているかと言うと、そのようなこともありません。そこのところは既存のお客様にはよくご理解いただいている所でありますが、たとえ2年が過ぎていようとも木型の整理をする折には、可能な限りお客様に木型の有無のご判断を仰ぐようにしております。そうして2年以上が経っている旨一応のお断りを入れさせていただいたうえで、処分かお引取をお伺いすることにしています。

しかしながら商品によっては、お客様の方でも想定外なほど長らく動かなかったけれども忘れたころに再販が・・・などということもあるわけで。かような場合には、木型の保管についてまた別の問題が浮上したりもするするわけですが・・・。だからこそ、お互いが納得できる範囲で協力していく姿勢が必要であるのだと思います。それこそがビジネスパートナーだと思いますので。(お客様をビジネスパートナーと呼ぶにはおこがましいという意見もあるでしょうが。)

今後とも、木型の保管につきましてはお客様皆様にご協力いただけますよう、伏してお願い申し上げる次第です。

 

パッケージの既存木型・保管木型の有効利用を

さてさて、少し話を変えまして。

既に作成して使用した木型ですが、せっかく費用も掛けて作成し弊社にて保管もされている木型について、できるだけ有効活用していきたいところですよね? これは皆様だけではなく私どもも同じように考えており、お互いに協力し合っていけたらと思います。

たとえば既存木型を利用した新規商品の制作についてですが、よくある既存木型の流用はまったくの同木型を使用したデザインの差し替えのみの流用などがありますが、この既存木型の利用法は皆様ご存知だと思います。

これとは違いギフト箱などでよくご相談のあることですが、外側(蓋・身)はそのまま利用したいが中に入れる商品が違ったり、入れる数量が違ったり、はたまた、複数の種類のものを入れたりと複数パターンの入れ方を共通で利用したいというものがあります。

もちろんまったくその新商品のために作られた寸法ではないので、入れづらさや作業の難さはあるのかもしれませんが充分許容される範囲のものであるならばわざわざ木型代を払うよりは・・・と、そのまま流用したり、中の仕切りのみ作り直すことで作業性とコストとの選択から、既存木型を使用されたりします。

いずれにせよ、現状の木型の作り方や印刷の仕様などによって、少し手を加えてでも既存木型を流用した方が良いのか?それとも新たに木型を作成した方が結果的にクオリティの高い商品、安価な商品を作ることができるのか?が異なりますので都度ご相談いただくというのがベストではあります。

もちろん、ご相談がなくともこちらで最適な加工方法が見付かったならば、いつでもご提案差し上げます。また、今後を見据えて少しでも汎用性を持たせた形状・サイズのパッケージをご提案をさせていただいたりもしております。

 

パッケージ製作 木型で入れるちょっとかっこいい?リサイクルマーク

これは知ってらっしゃる方や見たことのある方も多いかと思いますが、トムソン加工時にできることの一つとして、たとえば上の画像の『紙マーク』などを入れたりする事が可能です。「刃」や「罫」とかと同じく、木型の板にマークの「押し型」を一緒に埋め込んでおくことで、加工後の用紙にはマークが刻印された状態となるわけですね。

通常、こうしたリサイクルマークの類はデザインデータの方に含まれることで印刷で表現されることが多いのですが、必ずしも印刷でなければいけないわけではありません。それこそ印刷なしの無地の箱にしたいのに、識別表示の義務があるにせよ、そのためだけに印刷するのではコストが増してしまいます。他にも箔押しのみの場合やデザイン上マークを目立たせたくない場合、なども考えられますね。とは言え、表示義務がありますので、マークを入れないわけにもいきません。

そのような際に、コストを抑えて、もしくはあまり目立たないようにしつつマークを入れることが出来るのがこの木型でのリサイクルマークとなります。用紙の素材や色によっては視認性があまり良くない場合もありますので注意は必要ですが、大抵の場合には十分視認出来る程度に刻印出来ますので、覚えておいていただけますとパッケージ製作の幅が広がるのではないでしょうか。

木型でのリサイクルマークをご希望の際には、その旨仰っていただければサイズや種類・入れられる場所などお打ち合わせさせていただきます。是非ともご活用ください。

 

パッケージ製作 トムソン抜きのウェーブ刃について

最後に一つ、パッケージでも化粧箱ではなく、ダンボールパッケージでよく使われておりますウェーブ刃についてご紹介したいと思います。

ダンボールのパッケージで、端の辺が波状になっている箱を見たことってありますでしょうか?

通常は、真っ直ぐな直線や曲線になっているのですが、それを“なみなみ”にする事が出来るのです。方法は簡単なことで、トムソン打抜きの木型の刃をストレート刃からウェーブ刃へ変更することで、波型に作ることが出来ます。ダンボールや紙器の業界では当たりまえになっていることですが、目的としては”安全性”というものが第一に挙げられます。

思い出してみると皆様も、ダンボールや紙の端で手を切ったことありませんか?

そうです、ウェーブ刃にすると手が切れにくくなるんです。実際に触ってみていただくと一目瞭然でわかると思います。感覚的にはソフトな感じがします(まぁ感覚ですのでこれはあくまでも私の個人的な感想になりますが・・・)。

そしてまた、トムソン時の紙粉が減るとの話を聞くこともありますが、その事については明確な数字があるわけではなく、個人的には何とも言えないと思っています。たたし、髭(トムソン時、キレが悪くて細長い切れ端が出る事があります)については軽減されるようです。

さて、紙粉云々についてはさておき、紙器のパッケージでは、ウェーブ刃はあまりお目にかかることがありませんが、紙器でこのウェーブ刃を使ってパッケージの表現をしては如何でしょうか。ストレート刃での切れ端よりソフトなイメージを持たせることが出来ますので、例えば丸い紙団扇をウェーブ刃にしたり、動物のイラストのパッケージでやわらかい感じを持たせたり出来るのではないでしょうか。また、手が切れにくいという特性を生かして子供向けの商品のパッケージに使用したりしてはどうかなと思います。今後、商品化出来た際には、是非またご紹介させていただきたいと思います。

 

パッケージの木型 最後に

ということで今回は、箱を製作する時の木型とその周辺ついてお伝えさせていただきました。

お客様にとっては直接目に触れることのない(少ない)ものではありますが、箱を作成する上でなくてはならいものでもありますので、多少なりとも参考になりましたら幸いです。

さて、今回も皆様のお役に立てますよう幾つかの情報をお届けさせていただきましたが如何でしたでしょうか。もし、もっと詳しいことが知りたい・相談したいなどございましたら、是非ともケイパックへお声掛けください、精一杯ご協力させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ